ピクシブ百科事典

オグマ

おぐま

オグマとは、任天堂発売のSRPG『ファイアーエムブレム』シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:檜山修之(電撃CD文庫版) / 若本規夫(箱田真紀版ドラマCD) / 小杉十郎太(左記以外の全作品)

暗黒竜と光の剣』および続編の『紋章の謎』(ともにリメイク版含む)に登場。
クラスは「傭兵」→「勇者」。

シーダの故郷であるタリス王国に仕える剣士で、一軍の隊長を担っている。
とある経緯からシーダに対し絶対的な忠誠を誓っている。

人物像

線が細く端整な顔のナバールと異なり、ガタイがよく金髪オールバックで精悍な顔つき。
右眉尻に一文字傷、左頬には大きな十字の傷がある。服装は、FC版では革製の鎧、SFC版では肩甲にトゲのついた青い甲冑を装着している。

なお、FC版以来のファンからは初期の顔グラフィックがターちゃんに似ている事がよくネタにされる。 このことはネットの検索ワードで「オグマ タ」まで入力すると「タリス」より「ターちゃん」が先に出るぐらい認知されている。

ユニットとしては、技・速さを中心とした高めの初期値に加え安定した成長率を持ち、序盤から加入するキャラの中でも常に主力として戦っていける強力なキャラ。
逆に、彼ばかりに頼りすぎて他のキャラが育ってない、なんてこともありうる。

♪ 強い男に入れ込みすぎて ♪
♪ 周りの戦士はヘナチョコばかり ♪

作中での活躍

『暗黒竜と光の剣』

第2話よりタリス王国からの援軍として、配下のサジマジバーツとともにマルスたちアリティア軍に加わる。この頃はストーリーに特別絡むことはなかった。

『紋章の謎』

仲間にはならないが第1話から登場し、序盤の重要人物として活躍する。

ロレンスからグルニア王の忘れ形見、ユミナユベロの姉弟の護衛を任されるが、 オグマに預けられる前に2人はラング将軍により拉致されてしまう。オグマは単身ラング将軍から2人を救出し落ち延びるも、盗賊団の襲撃を受けて危機に陥ってしまう。
しかし盗賊団の用心棒をしていた仮面の男が事情を知り加勢。
グルニア奪還の為に進軍していたアリティア軍に合流し戦うことになる。

本作から彼の経歴についても掘り下げられており、かつては奴隷市場の見世物の剣闘士として剣を振るっており、その際に仲間の失態の罪を被り殺されそうになるも、 幼少期のシーダ王女に庇われたことにより命を救われ、以来彼女に忠誠を誓い、タリス王国の傭兵として邁進する。

シーダには密かな想いを寄せつつも、それを決して表に出さず、彼女が慕うマルスとの恋路を応援している。 また、ナバールとはライバル関係にあるという設定も本作からである。

ファイアーエムブレムヒーローズ

やはり剣をもっての登場。
原作さながらの高い攻撃力を持ち、HPが少なくなると高い攻撃をさらに強化できるスキルを持つ。
奥義はダメージ上昇効果こそないが、与えたダメージの一定量、自身のHP回復が出来るため継戦能力が高く、
自身の武器が攻撃時確定で2回攻撃を行える「勇者の剣」なので、奥義の発動頻度が極めて高い。
また勇者武器持ちでありながら個体次第では追撃を受けにくい速さ30台をキープできる数少ないキャラであり、
更に隣接キャラの攻撃を常時上昇させる「攻撃の紋章」を持つため、パーティの火力底上げまで行える。

欠点としては魔防が極端に低いので魔法攻撃を受けると即死もありうる点があげられるが、
それ以上に同じ剣持ちとして運用がわかりやすい超強力なライバルキャラがごまんといる為、
決してステータスでは見劣りしないのにやや癖が強い彼は相対的に評価が低くなりがちな事だろう。

余談

オグマタイプ

シリーズにおいて、『暗黒竜』をベースに後続のタイトルにおける味方ユニットの性能が似通っている例は多く、その中でオグマに性能の近い歩兵剣士のキャラクターは、俗に「オグマタイプ」と称されている。
(例:ホリン(聖戦の系譜)、ディーク(封印の剣)…等)

声優について

『暗黒竜』は何作か映像・および音声付の作品が出ており、ナバールが電撃文庫ドラマCD版を除き全ての作品で子安武人が演じている事は有名だが、何気にオグマも電撃・箱田版を除きすべての作品で小杉氏が演じている事はあまり語られない。
マルス役は緑川光のイメージが強い方も多いが、音声のみの媒体の物は緑川氏以外が演じている為、ナバールに次ぎ演者の変わっていないキャラでもある。

関連イラスト

オグマ
姫と忠犬。


たいちょー!
おじさん大好きっ!



関連タグ

ファイアーエムブレム FE
暗黒竜と光の剣 紋章の謎 新・暗黒竜と光の剣 新・紋章の謎
傭兵 勇者 剣士

pixivに投稿された作品 pixivで「オグマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154071

コメント