ピクシブ百科事典

ディーク

でぃーく

ディークとはファイアーエムブレム 封印の剣に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

傭兵団の隊長。手負いの虎。
ワードロットシャニーを率いてディーク傭兵団を結成しており、エリウッドの依頼でロイの軍勢に加勢する。さばさばとした面倒見の良さで部下からは慕われており、ルトガーとは戦場で何度か顔を合わせたことからライバル関係にある。

元はエトルリアの奴隷剣闘士で自分の倍はある大人を難なく倒していくことで評判の少年だったが、あるとき余興用の獅子に襲われた貴族の子供クレインを助けた縁からリグレ公爵家専属の剣闘士として召し抱えられた過去を持つ。顔にある4か所の傷はその際、獅子から直接受けたもの。
専属の剣闘士として迎えられて以降は公爵家の人間から家族同然に大切にされていることを感謝する一方、公爵パントや夫人ルイーズらが身分の低い自分を可愛がることによって周囲の罵声や嫌がらせを受けていることに思い悩み、数年後には剣闘士として集めた金で身柄を買い取ると公爵家を去り自ら縁を断った。まあその侯爵や婦人は罵倒や嫌がらせをまったく気にしていなかったようだが。そもそもあの暢気な夫妻なのだ、気にする筈がない。

出て行った後も尚、リグレ家の面々からは家族同然に思われており、特にクレインは幼少の頃、彼が出て行った事を大いに悲しんでいたという。またディークが出て行ってから公爵家に生まれたクラリーネには昔の兄のことをいろいろと知っていると思われ追い掛け回される。
また、傭兵になったばかりのころは雇い主に時間稼ぎ用の捨て駒にされ拷問を受けた過去もあり、それからは傭兵など雇い主から見れば所詮は使い捨ての駒に過ぎないのだと割り切り、戦いの勝敗よりも己の命を守ることを優先し、雇い主をあまり信用し過ぎないようにし、また部下にも自分の命を守ることを優先するよう説いているが、仲間や人々を決して見捨てないロイやその仲間達には肩入れするようになる。
戦いの後、リグレに顔を出しに行ったらしい。

前線に立つ職でありながら何故か上半身がほぼ(戦闘のドット絵は汎用グラで服を着てる)であるが、カードゲームであるファイアーエムブレム0ではちゃんと勇者職として鎧を着た姿も描かれている。どこか違和感を感じたら貴方も立派なディーククラスタです

また、プレイ中頻繁に見ることになるであろう傭兵の必殺モーションは後のアイクの「天空」の元ネタとも。

ユニット性能

クラスは傭兵勇者
当初の装備武器は剣。昇格すると斧が使えるようになる。

加入時点で力・技・速さがマーカスと大差ない値のため、即戦力で使える。速さはやや伸びにくいものの体格が高めで、重い武器を装備しても攻速落ちしにくく、追撃されるケースはあまりない。
先述のとおり、クラスチェンジ後は斧を使えるようになり、終盤になると槍を持ったドラゴンナイトがウンザリするほど出てくるので、なんだかんだであると役立つ。爆発力はないが、安定感があるユニット。

属性は雷。支援相手はワード、ロット、シャニー、クラリーネ、クレイン、ルトガーの6人。
ディーク傭兵団の団員とは進行が早く組みやすいが、兵種の強さに難がある。進行が遅くとも、クラリーネやルトガーと組むほうがいいだろう。支援相手全員加入が早めで、支援は活かしやすい部類。

関連イラスト

野営中
封印剣コンビ



関連タグ

ファイアーエムブレム 封印の剣
クレイン クラリーネ
シャニー ワード ロット

オグマ…同シリーズのポジション的な意味で先輩であり、オマージュ元。
ジスト…同シリーズのポジション的な意味で後輩であり、ディークの高い体格要素がジストに引き継がれてる。

ロロノア・ゾロカップやきそば現象。登場はゾロの方が先で、ディークは「ゾロにそこそこ似てる」程度だったが、封印の剣の発売後に開始されたONE PIECEの新世界編ではゾロの顔の左目側に傷が追加されてゾロの方がディークに似ることとなった。なお、ゲームを遊んでみればわかるが、隻眼になったゾロに対してディークは隻眼ではない。余談であるが、封印の剣のゲーム上でも海賊が登場するので、武器の相性で優位に立てるディークも「海賊狩り」ができちゃったりする。

関連記事

親記事

封印の剣 ふういんのつるぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ディーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76413

コメント