ピクシブ百科事典

ソフィーヤ

そふぃーや

SRPG『ファイアーエムブレム』シリーズの『封印の剣』及び『烈火の剣』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:大西沙織(FEヒーローズ)

ナバタの里の巫女で、竜族(マムクート)の母親と人間の父親のハーフ。おとなしい性格で口数が少なく、台詞は「……」が多い。背丈よりも長い紫髪の持ち主。クラスはシャーマン、クラスチェンジ後はドルイド

初登場は13章。ベルン軍に捕らえられていたところ、同じ牢屋に入れられ怪我をしていたセシリアの看護をし、救援の「光」が来ることを彼女に予言した。
その後ロイ率いるリキア同盟軍にセシリアと共に救出され、ナバタの里がベルン軍に攻撃されていることと里にいる『竜』のことを伝えた。
14章開始時に自軍に参入し、砂嵐で遠方を見通せないロイに里の位置とマップの各所にアイテムが落ちていることを教えてくれる。

ロイの花嫁候補の一人であり、支援Aでクリアするとエピローグが変化し彼と結ばれることになる。
ロイの母親がニニアンの場合、彼も竜の血を引いていることになるため、その共通点に惹かれる人も少なくない。

続編かつ前日談の烈火の剣でも登場。20年ほど前にもかかわらず見てくれは封印の剣の時と全く変わらない。こちらでは仲間にならないが魔除けをプレゼントしてくれる。

ユニット性能

クラスはシャーマンドルイド
魔力・魔防が伸びやすく、速さ・幸運が伸びにくい、闇魔法使いの特徴をそのまま体現したような成長傾向を持つ。華奢な見た目とは裏腹に、本作の魔法職としてはHPと守備も割りかし伸びる。ただし、いずれも初期値が低く、そこまで高い値にはならないことが多い。

物語中盤にレベル1で加入するが、参戦時期をまるで考慮されていない初期値のため、育てるのに苦労する。同職ではレイがソフィーヤより早く、より高いレベル、より高い初期値で加入し、技と速さも伸びやすく使いやすいことから、こだわりがなければレイを使うほうが無難。

加入時点では命中率が50%ほどしかないが、言い換えれば2回に1回の割合なので、空振り上等で殴りに行くと案外当たる。攻撃力は最初からそこそこあり、残りHPの少ない相手を火力不足が原因で討ち漏らすことはあまりない。
詰まるところ、根気強く攻撃させられるかどうかで、育てられるかが決まるユニット。ある程度ゲームに慣れたら、育成に挑戦してみるのも一興。

支援相手はロイファイグレーヌ、レイ、ニイメの5人。ファとイグレーヌは支援が成立しやすく、戦略的な観点ではこの2人と組むのが使いやすいか。

ヒーローズ

属性
武器種別赤魔
タイプ歩行
武器ノスフェラート→悠久の書(専用)
奥義竜穿
パッシブA明鏡の一撃
パッシブC魔防の鼓舞


英雄戦で簡単に入手可。赤属性の魔道士。
さらに、オリジナル版とは違って、繰り返し利用できる修練の塔や、特定アイテム消費によるレベルアップ等、育成で難儀する事はない。
スキルにおいては攻撃の際、魔防に一時的に補正がかかったり、周囲の味方の魔防を上げたりと対魔法系に特化している。
ステータス構成は速さ以外はなかなか高水準でまとまっているのだが、攻守にわたって重要な「速さ」だけが絶望的に低い。18年11月の現在で312人いる英雄の中の304番目という重装キャラのような低さである。ある意味原作を忠実に再現している。悪い意味で
さらに自身の武器の「ノスフェラート」も特に効果がないためスキル継承で別の魔道書を持たせないと活躍させるのは厳しいだろう。

最も一般的なのは「ラウアレイヴン」を継承して緑と黒属性に有利を取れるようにする事。
速さこそ低いがソフィーヤは赤魔キャラの中では守備・魔防のバランスが最も良いため、「相性激化」を装備させれば緑属性と弓、暗器に非常に強く出る事が出来るようになる。
ただしラウアレイヴンの継承を考えると非常に多くの英雄の羽が必要になるし、現在ではリオンが彼女と似通ったステータス構成のうえ、レイヴン魔法の上位互換とも言える専用魔法「ナグルファル」を持って参戦したので無理に使う必要性も薄れてしまった。
一応個体値を厳選すればリオンと比べて「攻撃は低いが耐久面は盤石」と、差別化することは可能。

2019年3月のアップデートでは専用武器「悠久の書」が追加された。ラウアレイヴンの上位互換の武器で、特殊効果錬成では「金剛明鏡の構え2」の効果が追加される。

関連イラスト

竜娘
黙示の闇



関連タグ

ファイアーエムブレム 封印の剣 烈火の剣
ファ イグレーヌ ロイ レイ ニイメ
ロリババア ハーフ
ロイソフィ レイソフィ

pixivに投稿された作品 pixivで「ソフィーヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1030734

コメント