ピクシブ百科事典

ラケシス(ファイアーエムブレム)

らけしす

ラケシスとは、ファイアーエムブレム 聖戦の系譜の登場人物である。
目次[非表示]

概要

ラケシス様


TCG版の衣装)

前半の登場人物。ミニスカサイハイブーツという出で立ちで戦う、金髪のカリスマお姫様
黒騎士ヘズルの末裔にして、アグストリア諸公連合の一国ノディオン王エルトシャンの異母妹。エルトシャンのことは「兄上」か「エルト兄様」と呼ぶ。

「兄のような人でなければ好きになれないから、誰の妻にもならない」などと言い出す、シリーズでお馴染みのブラコンお嬢様の一人。実際にエルトシャンに対しては異母兄妹愛以上の恋慕を抱いている節があり、周囲からも周知の事である。しかし兄との会話自体は(全てシリアスな場面というのもあるが)特に危ういやりとりもなく、自軍の独身の男性陣とも問題なく恋仲になれる。

兄の友人のベオウルフ、盗賊のデュー、騎士ノイッシュとの間に恋人会話が発生し、恋人ができた場合はデルムッドナンナ兄妹の母親となる。
バーハラの悲劇を生き残った後は、義姉グラーニェの実家にいるはずの幼い甥アレスを捜しに、生後間もない娘のナンナを連れてレンスターに落ち延びる。3年後、ナンナをフィンに託して、イザークに逃がした息子デルムッドを迎えにひとりイード砂漠に入ったが、それ以降行方不明になっている。
そのためナンナからは複雑な感情を抱かれている。

ある人物の前に丸腰で立ちはだかり、「もしどうしても戦うと言うなら その剣で私をスキにして!」と、某大陸の男を口説き落とす手管に定評のある王女様のような台詞を言い放つOPデモがある。
クラスはプリンセス→マスターナイト。クラスチェンジ後はほぼ全種類の武器を使いこなせるようになり、シリーズの女性ユニット初の斧使いにもなれる。
2章終了時にNPCである護衛の3騎士が全員生存していると、貴重品を贈られる。

外伝『トラキア776』では度々名前が登場し、主人公のリーフは彼女を母のように思っていたと語る。
本作では、娘のナンナはフィンの子となっている(本編での親子会話から義理の親子である可能性もある)。また息子デルムッドの父親はフィンとは明言されておらず、むしろ別の人物であるかのような描写がある。ちなみにデルムッド、ナンナの父親については公式的には不明扱いになっている。

覚醒』におけるクラスはトルバドールで剣が使えず、部下たちらしき3騎のパラディンに守られている。

ファイアーエムブレムヒーローズ

CV:大西沙織

属性
武器
タイプ歩行
武器アブソーブ
補助リブロー
奥義大地の祝福
パッシブC魔防の紋章

2017年3月に兄のエルトシャンと共に参戦。属性は杖・歩行。
奥義は味方全員の守備を上げる「大地の祝福」。杖ユニットの中では攻撃は高いほうだが、今作の杖ユニットはほぼサポートがメインであるためあまり生かす場面がない。

関連タグ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 トラキア776 ファイアーエムブレム覚醒 ラケシス
フィンラケ ベオラケ
エルラケ

pixivに投稿された作品 pixivで「ラケシス(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1874

コメント