ピクシブ百科事典

エルトシャン

えるとしゃん

SRPG『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の登場人物。
目次[非表示]

概要

アグストリア諸公連合の一国ノディオンの若き国王。黒騎士ヘズルの血を引く魔剣ミストルティンの継承者であり、獅子王と謳われている。クラスはパラディン
異母妹のラケシスがおり、半ば政略結婚のようにレンスターから嫁いできた王妃グラーニェ(大沢美月版の漫画ではイリア)との間に長男アレスをもうけた。妹のラケシスとは互いに異母兄妹愛以上の感情を抱いている。

聖戦士ヘズル直系の血筋と魔剣ミストルティンは、元々は連合盟主であるアグスティ王家が受け継いできたが、ある代から何人もの子どもが生まれても聖痕が現れず、後にノディオン王家に嫁いだ末の姫に聖痕が現れたことがあった。以降、アグスティ王家への忠誠を条件に、ヘズルの血筋と魔剣ミストルティンはノディオン王家に受け継がれる事になった。

エルトシャンもそうした背景から騎士道を何よりも重んじており、先王イムカを暗殺しアグストリア王に即位したシャガールがその忠誠に値しない人物であろうとも、騎士として仕え続けていた。妹のラケシスからは絶大な信頼と恋慕を抱かれているものの、ラケシスはシャガールを王とは認めないとはっきり言っており、エルトシャンのどこまでも愚直な忠誠心だけは理解しきれなかった様子。

主人公のシグルドとレンスターの王子キュアンとは士官学校時代からの親友だったが、シャガールが同盟国グランベルに反旗を翻した結果、彼らと敵対することになる。
民からは彼こそがアグストリアの盟主に相応しいと目されていたが、エルトシャンは主君に背くことができず、直属のクロスナイツを率いてシグルド軍との決戦に臨んだ。
彼の最期はシグルド軍に討ち取られるパターンと、妹の説得を受けて再度王に停戦を訴えるも聞き入れられず、裏切り者と罵られ斬首されるパターンがある。神器持ちで指揮官レベルの高いエルトシャンと対決せずに済むうえに、ラケシスが貴重な「大地の剣」を受け取る後者のほうが主流であり、外伝『トラキア776』でもこの剣がラケシスの娘ナンナの専用武器になっているので、こちらのルートを通ったようである。

ファイアーエムブレム覚醒

追加コンテンツ限定において「異界のエルトシャン」として登場(いつの間に通信では登場しない)。
配信シナリオ「異伝 無限の神器」をクリアすると仲間に加えることが可能になる。
彼用の描き下ろしイラストはなく、過去に使用されたイラストが流用されている。
コンテンツの紹介ページの報酬の表記への記載もなく、サプライズ的な扱いである模様。

ファイアーエムブレムヒーローズ

CV:間島淳司

当然のように赤属性の剣を扱う騎馬として登場。追加当時の召喚(ガチャ)のお題が「兄妹」だったが前半の主役であるシグルドエスリンを差し置いて参戦。

本作でも高い能力をもち愛剣「ミストルティン」は高い攻撃力に加え必殺カウントを-1にする効果があり強力な奥義を連発できる強力なアタッカー。
異名に沿ってか「獅子奮迅」のスキルをもち高い能力がさらに底上げされるため全体で見ても屈指の実力者。
ただし本作ではミストルティンに原作であった魔防+の恩恵がないうえ原作と違い本人の魔防もスッカスカであり魔法攻撃を受けると一撃で落とされかねない。
反面、守備は非常に高く重装に匹敵する程に硬いうえHPも高いので物理受けとしては非常に優秀。

と、ここまで書くと優秀なキャラではあるのだが本作にはマークスという強力すぎるライバルが存在する。
マークスとステータスがほぼ似通っているうえ、マークスは奥義を連発することができない為火力面では軍配が上がるが、マークスには射程に関係なく反撃ができる専用武器「ジークフリート」がありどんな局面でも活躍できる高い柔軟性を誇る。
何よりマークスはイベント限定だったとはいえ全員が入手できたキャラであり入手が容易だったが、エルトシャンは現状ガチャでしか入手できないうえ最高レアリティのみの排出であり入手が非常に困難な状況。
差別化こそできてはいるが、柔軟性で劣るうえ入手難易度の高さを考えるとマークスで良いという結論に達してしまいがち。


関連タグ

ファイアーエムブレム FE 聖戦の系譜 ファイアーエムブレム覚醒
金髪  騎士
グラーニェ アレス ラケシス デルムッド ナンナ
シグルド キュアン ベオウルフ

エルラケ

pixivに投稿された作品 pixivで「エルトシャン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79906

コメント