ピクシブ百科事典

ベオウルフ(FE)

べおうるふ

任天堂のSRPG『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の登場人物。

概要

前半に登場。クラスはフリーナイトフォレストナイト。スキルは追撃と突撃で、クラスチェンジ後は連続が追加される。
アグストリア諸公連合のアンフォニー王国のマクベス王に雇われた傭兵だが、本人はマクベスを個人的に快く思わなかったため、10000Gでシグルド軍に寝返る。

同じ連合国であるノディオン王国のラケシス王女との会話では、彼女の兄エルトシャン王と旧知の仲で、妹姫のことを頼まれていたと明かす。
エルトシャンとの会話がないので、作中ではこの発言が事実かどうか確認できないが、設定資料集には「エルトシャンの旧友」と書かれている。

トラキア776』では名前のみ登場。同作に登場するフェルグスは、コノート王族との間に生まれたベオウルフの隠し子ではないかと後日談で語られている。またラケシスの息子デルムッドは「ベオの剣」というフェルグスとデルムッドにしか使えない剣を所持している。

関連タグ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 聖戦親世代 ベオウルフ ベオラケ

pixivに投稿された作品 pixivで「ベオウルフ(FE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5068

コメント