ピクシブ百科事典

アーダン

あーだん

任天堂のSRPG『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の固くて強くておそい登場人物。
目次[非表示]

概要

あー様



CV:大川透(FEヒーローズ)

前半の主人公シグルドに仕える重騎士。クラスはソードアーマー→ジェネラル
パイナップルを彷彿とさせる緑の頭髪と眉毛のない厳つい容貌から、美形が多い聖戦キャラの中でも抜群の存在感を放っている。

山越え断行



OPで「たまには私も出陣させてくださいよ」と念を押すも「よし、それでは行こう」とあっさりスルーされるのを皮切りに、同僚のアレク曰く「固い、強い、おそい!」彼にとって本作は非常に厳しい仕様となっている。
シリーズ中でも一際広大な戦場で、足が遅い彼は遅れを取りやすい。
追撃にすらスキルが必要な本作では速さが低くてもある意味問題はないが、技も低いので攻撃が当たりづらい。
何より、そもそも戦闘に参加できなければレベルを上げられず、レベルが上がらなければステータスも補われず、どんどん役に立たないユニットになっていく。いくら全員出撃可能な本作と言えど、無理に全員で戦う義理はない。

そして4章で更なる試練がアーダンを襲う。進軍に必須の山越えがアーマー系の彼にはできず、非戦闘員の市民ですら登山しているというのに、アーダンは転移系の杖で飛ばしてもらわない限り、自軍が続々と山の向こうへ消えていくのを見送るしかない。

このような事情から本城の留守番を任された結果、クラスチェンジも(彼の容姿も原因かもしれないが)女性陣と隣接することも叶わずに独身のまま終わるという、まさに負の連鎖である。
そもそも、(ジェネラルになると剣槍斧弓すべてを扱えるため)継承できる武器種類が多いと言っても槍や斧は誰も引き継がないので大して意味はなく、成長率は平凡、スキルは「待ち伏せ」一つのアーダンは結婚の対象としてはかなり価値が低い。
致命的なことに「待ち伏せ」を継承できて少なくない+αのあるレックスまで存在する。

ときめきヨロイ男



だが、アーダンには希望があった。
イベント面では恵まれており、イザークの王女アイラと天馬騎士フュリーとの間に恋人会話が発生するだけでなく、恋人がいる時限定の隠しイベントまで用意されている。
その上彼はゲーム中一つしか手に入らないレアアイテム「追撃リング」を入手でき、たとえ彼自身がこれを有効活用できなかったとしても、売れば2万ゴールドもの大金が転がり込んでくる。

その特徴ある風貌にユニットとしての不遇さから、ファンの間では聖戦の系譜を代表するネタキャラとして愛されており、商業4コマやアンソロジーにも引っぱりだこであった。更に2017年に開催されたヒーローズの英雄総選挙において聖戦キャラではシグルド、アイラに次いで第3位と高順位につけている。
またアレクが評した「固い、強い、遅い」のフレーズはアーマーナイトの代名詞として定着しており、ヒーローズではアーダンの肩書きに使われている。

覚醒』でも親世代枠の10人に勿論選ばれた。クラスはアーマーナイト

余談であるが、後の作品『ファイアーエムブレムif』において、ジェネラルの新スキルとして「守備隊形」が登場した。これは、自分が追撃不可能になるが、相手からの追撃もなくすという強力な効果を持つものであり、たとえ相手の速さが50、自分の速さが1であったとしても、絶対に追撃されなくなるという事になる。つまり、ジェネラル伝統の「固い、強い、遅い」が「固い、強い」となったのである。もし彼が「If」の世界に生まれていたら、持ち前のHP、力、守備を生かして、一軍で働けたであろうに…
まあ実際のところアーダンは速さのみならず技や魔防もいまいち伸びない関係上、攻防ともに安定しないため主力としては採用されないのでは、との意見も根強いがそれでも物理攻撃相手ならまあまあ活躍できるのは事実だろう。

また、カードゲームである『ファイアーエムブレム0』では心なしかイケメンに描かれている

ファイアーエムブレムヒーローズ

属性
武器種別
タイプ重装
武器勇者の剣
奥義大盾
パッシブB追撃リング(専用)
パッシブC守備の大紋章


2017年10月16日、主君のシグルドと共にまさかの参戦。属性は剣・重装。
事前告知されていたシグルドやPVにミニキャラが映っていたアイラと違い前情報がなく完全なサプライズ登場であったため、更新以降主君を始めとするメインキャラを差し置いてしばらくの間ツイッタートレンドの上位に上がっていた。
武器は定番の勇者の剣。原作再現かHP・攻撃・守備が非常に高く、武器攻撃力が低い勇者の剣を持っても攻撃は44と高めを誇り、守備・HPの基準値は全キャラクター中1位という高さ。
特にHPに関しては、排出されるキャラではHP基準値が最高のヘクトルHPが伸びる個体にHPパッシブ3を積んでやっと同値というぶっちぎりの高さを誇る。
しかも「戦闘開始時にHPが50%以上のとき絶対追撃」というスキル「追撃リング」を所持している。
相手の速さがいくら高かろうが一撃で倒されない限り勇者の剣による4回攻撃が飛んでくるというまさかの強みである。
そしてこのスキルは継承不可である。そう…専用スキルなのである。この世界には彼の追撃リングを奪う者は存在し得ないのだ。
しかし、リングは奪われないものの剣装備の重騎士枠としては意外と速いドーガ、似たステータスだが守備隊形持ちで魔防にアドバンテージを持つゼフィール、遠距離反撃持ちの漆黒の騎士がいるため、パーティの枠争いは奪い合いになるだろう。反面、剣重装統一パーティを組む楽しみも生まれたが…。
とはいえ、追撃リングのおかげで「自身から攻撃時は武器種・速さ問わず4回攻撃」という彼ならではのアドバンテージは優秀であり、
自身の高い守備を活かして「守備力の割合値をダメージに加算」する奥義を継承させる事で驚異的な火力を生み出すことが可能。
カウント4の奥義は相手の反撃を挟む必要があるが、カウント3の奥義なら反撃されずとも必ず発動させられるので、
たとえ通常攻撃で0ダメージでも守備の高さで力任せに撃破するという怪現象を引き起こし三すくみ不利が付く槍相手ですら一方的に撃破することが可能。硬くて強いは伊達ではないのだ。

一方速さ・魔防の低さも原作再現されており、魔防・速さはどちらも僅か16。速さに関しては勇者の剣装備でさらに下がり僅か11しかない。
レベルが上がれど上がれど0のまま不動である速さに笑った方も多いのではなかろうか?
HPに対してぶっちぎりに低い速さだが、現状彼の11しかない速さでは速さ苦手個体のラインハルトを除く、速さ苦手個体の全キャラクターから追撃を受けてしまう程に遅いので、
魔法攻撃を受けてしまうと同じ赤属性は元より有利が付く緑属性ですら一撃で落とされかねない。
幸い「連続して魔法攻撃を受けた場合、2発目以降のダメージを割合減」する「連撃防御魔道」という聖印が存在するので、
それを装備させるとあふれんばかりのHPで無理やり耐えることは可能だが、ダイムサンダ4連発は聖印3装備でも魔防を強化しないと厳しい。

初登場時はまだキャラとしての入手手段がなく敵専用ユニットであったが、程なくして2017年10月23日開始の「戦渦の連戦 ~光の系譜~」にて報酬での実装となることが告知された。入手が容易になったためファンから喜ばれる一方で、イベント告知と共に遅れてガチャに登場したアイラの方を報酬にして欲しかったという声もあるため、彼は今どのような胸中なのだろうか…。

関連タグ

ファイアーエムブレム FE 聖戦の系譜 ファイアーエムブレム覚醒 緑髪
アダアイ アダフュリ
リクーム…顔つきが似てるといわれている。

pixivに投稿された作品 pixivで「アーダン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 266560

コメント