ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:速水奨(ヒーローズ)
クラス:セイジ(前半)→エンペラー(後半)
血統:ファラ直系/ロプト傍系

概要

炎の聖戦士ファラの末裔であり、神器ファラフレイムの使い手。ヴェルトマー公爵家の当主で、グランベル王国の近衛軍指揮官も務めており、王子派と反王子派の対立には関与しない姿勢を取っている。
ある人物との年齢差から、1章の時点で24~27歳。一人称は「私」で、後半では40代にして一度だけ「わし」を使っている。

設定資料集によると母を苦しめる父ヴィクトルを憎み、わずか7歳で両親を相次いで失った後、相続にあたって腹違いの兄弟たちを父の愛人たちもろとも追放、もしくは臣下として扱った。そんな中、母の元・下女と、彼女が産んだ弟のアゼルだけは手元に残したことで、アゼルの母から感謝され、その後も身の回りの世話をされていた。
身分卑しく美しくもないが、心優しく自分にも良く尽くしてくれた彼女を、アルヴィスはアゼルと同じく家族と思い、慕っていたようだ。実母が失踪し、まだあどけない顔立ちに影が差すようになってから10年ほどは彼女が母代わりのような存在だったが、アルヴィスが17歳くらいの頃に亡くなった。

一方のアゼルは幼い頃から当主としての責務を果たす兄を尊敬している傍らで、近くにいると息苦しさを感じる上に、時折人が変わったようになると酷く恐れている。アゼルと仲の良いレックスも、アルヴィスは自分たちには優しかったと語りながらも、アゼルの言う恐れも理解できると感じている。
作中で弟と言葉を交わす機会はないが、序章の主人公シグルドとの会話でアゼルが既に戦死していると内容が若干変わる。

覚醒』にも登場し、兵種はソーサラー。本編では使えない闇魔法を操れる。

出自

シギュンから、かつてロプト帝国を築いた暗黒神ロプトウスの血を受け継いでいるが、「ロプトの血と言えど、人間のために戦った聖戦士マイラ(帝国に背いたロプト皇弟)の血」として誇りにしている。
しかしロプトの血縁は今のユグドラル大陸では迫害の対象であり、その秘密が明るみに出ればアルヴィスは火刑に処される身であった。

彼の出自を知る暗黒教団に接触(事実上の脅迫)され、炎の聖戦士ファラと闇の聖戦士マイラの血を受け継ぐ者として、「差別のない、誰もが住みやすい世界を作る」ために、帝国の残党として弾圧されてきた暗黒教団と密かに手を組み、グランベル王国の乗っ取りを画策。そのためにも反王子派に暗殺させたクルト王子の落胤にして、バーハラ王家唯一の後継者となったディアドラ姫の夫に選ばれる必要があった。しかし戦争中で公になっていなかったとはいえディアドラは既にシグルドと結婚していたため、マンフロイの計らいで連れ去られ記憶を消去されたディアドラと対面する。素性の知れない娘を保護した恩人を装い、出会っておよそ1年のうちに彼女と婚約し、クルト王子の娘であることを発覚させた。

更に計画の障害であるシグルドを利用して、密約を交わしていたレプトールランゴバルトといった反王子派の有力諸侯を討たせ、シグルドにも反逆者の汚名を着せて葬り去ることで王国の実権を我が物にした。結婚後に病床の国王から、いずれ生まれるであろう世継ぎの王子が成人するまでの仮の王位を託されていたため、王亡き後はトラキア王国以外の全てのユグドラル大陸の国々を征服し、初代グランベル帝国皇帝に即位。そして領土に法治主義を徹底させ、やや息苦しくも平穏をもたらす治世を敷いた。

ところが、これらは最初からロプト教団の罠であり、実は異父妹であったディアドラとの近親相姦によって双子をもうけたことで、息子ユリウスはロプトの血が直系になるほど濃くなり、幼くして暗黒神の生まれ変わりとして覚醒。愛する妻は実の息子に殺され、娘ユリアは行方不明になってしまう。アルヴィスはロプト教団の存在を公に認めさせようとはしたものの、彼らの手綱を握るつもりだった。しかしロプト教団は最初からロプト直系を生み出し、ロプト帝国を再興させるためにアルヴィスを利用していたに過ぎなかった。
ユリウスと教団の強大な力により帝国の実権は彼らに握られ、事実上のお飾りの皇帝となって失意のどん底に陥ったアルヴィスは、宿敵シグルドの息子セリス率いる解放軍の活躍を知り、甥でもある彼にユリウス打倒を託そうとする。

アルヴィスは自らの手元にシグルドが遺した聖剣ティルフィングを保管していた。それを彼のかつての部下であるパルマーク司祭を通じてセリスに渡し(その際パルマークには自らが剣を与えさせたことを決して口外しないように命令)、自らは二人の祖国シアルフィの防衛の任に就くことでティルフィングを携えたセリスに討たれることを望む。

前半の兵種はセイジだが、後半のシアルフィで戦うアルヴィスは専用職「エンペラー」に就いており、圧倒的な能力値と最強の炎魔法ファラフレイムを用いて解放軍を苦しめる。『聖戦の系譜』最強の敵はラスボスである彼の実子ユリウスなのだが、彼と戦う際には大抵最強のバランスブレイカーユリアが味方にいるため、実質聖戦第二部最強の敵と言えるかもしれない。
事実、エンペラーは全ての能力値の上限が30であり、取扱説明書で明言されていた「全ての能力値が30という化け物ユニットはどう頑張っても出来ません(クラス毎に各ステータス値の上限が決まっているため)」を唯一実行可能な存在である。
ファラフレイムの装備効果による魔力+10(かつ魔道書本体の威力が30)と、能力値が最大に達していることも相まって攻撃力は驚異の70となり、生半可なステータスではあっさりと焼き尽くされてしまう。一応銀の大剣も持っているが、あまり使われないようだ。
個人スキルは妹と同じ見切り、兵種スキルが前半は連続、後半は大盾・カリスマ。

自身がロプトの血を引くことと、ロプトウスを信仰しているだけで処刑されてきた暗黒教団に共感して差別のない世界を目指したアルヴィスであったが、そのために戦乱を引き起こし何の罪もないシグルドたちを陥れた。アルヴィスの最期は、その罰を受けるかのような哀れなものだった。
望み通りセリスに討たれた場合、セリスは幽霊となった両親を通じてアルヴィスもまた運命に翻弄された男であったことを知り、アルヴィスへの憎しみが晴れることになる。
また、子供狩りで集められた子供たちを密かに保護していた他、再会したユリアと引き離される間際に、起死回生の鍵となるディアドラの形見のサークレットを渡すという形で、教団に一矢報いていたことが死後明らかになった。

外伝『トラキア776』では、側近のアイーダとの間に息子がいたことが判明している。アルヴィスが彼の素性を知っていたかは不明だが、その息子こそがアルヴィスと同じくファラの聖痕を持つファラフレイムの真の継承者であり、ファラ直系の血筋は途絶えていなかったことが明かされた。

ちなみに名前の由来は北欧神話に登場するドヴェルグドワーフ)・アルヴィスと見られるが、望み通りの子を生み出すための謀略により、既に人妻かつ経産婦の妹と真実を知らないまま結ばれるという境遇は、同じ北欧神話の英雄シグルドの父シグムンド(8作目『聖魔の光石』に登場する槍ジークムントの元ネタの更に元ネタ)と似ている。

母のトラウマと妻への想い

製作者インタビュー(KTC「聖戦の系譜を遊びつくす本」収録)によると、若くしてヴェルトマー公となったアルヴィスは女性に全く興味がなく、いつか最愛の母が戻るだろうと信じて待ち続けていたという。つまらぬ“宮廷の噂”に心惑わされることなく、ある貴族が母を侮辱した際には決闘をしかけて殺害する騒ぎまで起こしている。ディアドラに出会った瞬間に心奪われたのも、母親を慕う強い想いが影響していたのかもしれない。

ディアドラと結ばれた後、アルヴィスは「ディアドラが母のように自分を捨ててどこかに行ってしまうのではないか」という不安にずっと苛まれることになる。アルヴィスはディアドラが時々、自分ではない誰かを見ているように感じていた。そして「シグルドには行方不明の妻がいる」ということを知った時、不安は極限に達してしまう。「バーハラの悲劇」の際、アルヴィスはディアドラをシグルドに引き合わせた。そうすべきではないと理性ではわかっているのに、事実を確かめずにはいられなかった。

全てを目の当たりにした後、アルヴィスはディアドラの過去を調べ始めた。そして精霊の森に行き着き、彼女が自身の異父妹であることと、母がすでに他界している事を知る。それを知った後もディアドラへの想いが変わることはなかったが、愛する妻を悲しませたくないとの思いから、彼女には一切の事実を知られぬように努めたという。

ヒーローズ

神炎の皇帝 アルヴィス

アルヴィス


属性
武器種別赤魔
タイプ歩行
武器ファラフレイム(専用)
奥義爆火
パッシブBリカバーリング(専用)
パッシブC守備の謀策

2017年10月の大英雄戦で実装。武器のファラフレイムはターン開始時、十字方向にいる自分より魔防が低い敵の攻撃と魔防を下げる。またターン開始時、十字方向にいる自分より魔防が低い敵の守備を下げるスキル「守備の謀策」を持っている。魔防は高いほうなため相手にバフをかけやすいが、守備はあまり高くないため相性が悪い槍の騎馬ユニットには注意したい。
リカバーリングは「回復」の強化版といった感じで、毎ターンHP10回復する。

関連タグ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 聖戦親世代 聖戦子世代
アルヴィス 赤髪  魔道士 公爵 皇帝
アルディア

関連記事

親記事

聖戦親世代 せいせんおやせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルヴィス(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1177719

コメント