ピクシブ百科事典

アルディア

あるでぃあ

SRPG『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』に登場する、アルヴィスとディアドラの男女カップリング。
目次[非表示]

概要

本作の固定カップリングアルヴィスは自分の領地で倒れていた記憶喪失の娘ディアドラの保護者となり、やがて同情が愛へと変わって婚約に至ったが、なんと彼女は未婚のまま世を去った王子のご落胤であった。偶然にも王家存亡の危機を救った若き公爵と美しい姫君の仲は老いた国王にもちろん認められ、国の未来はアルヴィスに託された。

……という筋書きによる理想の国家を築くための王家簒奪計画を無事に完遂し、アルヴィスは事実上の大陸統一を果たした。この時点でアルヴィスの側には、政略結婚の相手で、自分たちが死に追いやった王子の娘であるディアドラを本気で愛してしまうという誤算が生じていたが、加えて自分と妻が同じ母から生まれた兄妹であるなどとは、知る由もなかった。

家族やそう思える相手を何度も失いながらも1男1女に恵まれたアルヴィスだったが、ようやく築いた温かな家庭は、我が子に妻の命を奪われる形で打ち砕かれた。筋書きを書き、既に人妻にして母であったディアドラをさらってアルヴィスに宛がった黒幕の思惑通り、息子ユリウスは暗黒神の血を引く種違いの兄と妹の婚姻によってその血を色濃く受け継ぎ、暗黒神として覚醒した。
かつて国中に祝福されたふたりの結婚は、略奪婚重婚近親婚と禁忌に禁忌を重ねたものであり、国はおろか大陸に災厄をもたらす結果を生んだ。

世界が再び暗黒神の闇に包まれる中、ユリウスが母殺しに手を染めたように、生き延びた娘のユリアもまた光神の末裔として兄殺しの宿命を背負うことになる。

余談

作中では「アルヴィスとディアドラは共に暗黒神の血を引き、父親は別人で母親の名前が同じ」という事実が会話やステータス画面から明らかになるだけで、早ければ1章で両者の関係を推測できる作りにはなっているものの、「ふたりは実の兄妹である」と直接言及されてはいない。ただし、ふたりの母親と同名の女性が暗黒神の血を引く唯一の生き残りだったと語られているので、作中でほぼ確定してはいる。
各種書籍や公式サイトの家系図では、ふたりの母親が同一人物と確認できる。

関連タグ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 聖戦親世代 FE異性CP・コンビ一覧
アルヴィス ディアドラ ユリウス ユリア
主従 年上×年下 年齢差 兄妹 半血兄妹 兄×妹 近親相姦 略奪愛

pixivに投稿された作品 pixivで「アルディア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2018

コメント