ピクシブ百科事典

ユリア(FE)

ゆりあ

任天堂のSRPG『ファイアーエムブレム』シリーズの『聖戦の系譜』及び『トラキア776』に登場する人物。
目次[非表示]

CV:佐倉綾音(ヒーローズ)
クラス:シャーマンセイジ
血統:ナーガ直系/ファラ傍系

概要

聖戦の系譜』後半のヒロイン名前以外の記憶を失くした銀髪の少女。グランベル帝国のバーハラ城の外で倒れていたところをシレジアレヴィンに保護され、シレジアの辺境にて育てられた。スキルは追撃・連続・見切り。

主人公のセリスとは出会った時から互いに惹かれ合うが、ある事情から決して結ばれない。しかし、とあるバグを使えばCPが成立する。ただしバグなので色々と自己責任。
進行度は遅いが他のほとんどの男性陣とは恋人同士になれるものの(恋愛度上昇のターン制限の関係で8章以降に加入する男性とは難しいor不可能)、EDでは必ず王都バーハラに留まる。
極めて内向的なくらい物静かでおっとりした娘だったが、記憶が戻った後は自らが背負った運命と向き合う芯の強さを見せた。
顔グラフィックと散り際の台詞が3種類用意されており、前者は本作の登場人物の中で最も多い。

外伝『トラキア776』では21章冒頭のみセリスと共に登場し、仲間にはならない。この時点では素性が判明していないにもかかわらず、何故か王族のリーフから様づけで呼ばれている。
本編以外のメディア(コミックや小説・トレーディングカードなど)によって、衣装の描かれ方が大幅に異なる。

覚醒』におけるクラスは賢者

出自

グランベル帝国の皇帝アルヴィスとその妃にして異父妹であるディアドラとの間に産まれた皇女。
ユリウス皇子の双子、父シグルドをアルヴィスに殺されているセリスの異父妹、『トラキア776』に登場するサイアスの異母妹で、3人の兄たちの従妹でもある。父の弟アゼルだけでなく、両親にとっても姪にあたる。聖戦士ヘイムとファラの血を引き、両親からロプトの血筋も受け継いでいるが、系図には現れていない。年齢は後半開始時点で17歳以下。

幼い頃はグランベル帝国の皇女として、優しい両親や双子の兄と共に何不自由なく幸せに過ごしていた。ユリアは母同様、暗黒神ロプトウスに唯一対抗できる光魔法ナーガの継承者であり、それ故に終章から7年前に暗黒神として目覚めた兄ユリウスに殺されそうになったが、最期の力を振り絞った母ディアドラによってワープの魔法で逃がされ、一連のショックでほとんどの記憶を失った。

しかし、終盤でかつて兄にロプトウスの書をもたらした暗黒教団のマンフロイ大司教に連れ去られ、全ての記憶を取り戻し、父や変わり果てた兄と束の間の再会を果たす。その後、マンフロイに洗脳され敵対するが、彼を倒してセリスで話しかけることで術が解け、暗黒神と化してしまった兄を討つ覚悟を決める。

過去を思い出した後も、父アルヴィスはユリアにとっては優しい大好きな父であり、その気持ちは変わっていない。終戦後は母の代わりに亡きシグルドへの贖罪を志し、彼の息子であり新生グランベル王国の国王に即位する異父兄セリスを支えようと決意する。

血縁

父方の親戚

名前続柄身分神々の系図
アルヴィス父・伯父グランベル王国ヴェルトマー公爵家当主→グランベル帝国皇帝ファラ直系・ロプト傍系
ユリウス双子の兄・従兄グランベル帝国皇子ロプト直系・ファラ傍系
サイアス異母兄・従兄グランベル帝国宮廷司祭ファラ直系・ロプト傍系?
ヴィクトル祖父グランベル王国ヴェルトマー公爵家当主ファラ直系
シギュン祖母(母方でもある)グランベル王国ヴェルトマー公爵家夫人ロプト傍系
アゼル叔父(父の異母弟)グランベル王国ヴェルトマー公爵家公子ファラ傍系
ヒルダ親族北トラキア王国王妃・グランベル帝国フリージ公爵家夫人ファラ傍系
イシュトー親族(ヒルダの息子)北トラキア王国王子・グランベル帝国フリージ公爵家公子トード傍系
イシュタル親族(ヒルダの娘)北トラキア王国王女・グランベル帝国フリージ公爵家公女トード直系
ズィーベン親族グランベル帝国十二魔将ファラ傍系


母方の親戚

名前続柄身分神々の系図
ディアドラ母・叔母グランベル王国王女→グランベル帝国皇妃ナーガ直系・ロプト傍系
セリス異父兄・従兄グランベル王国シアルフィ公爵家公子・グランベル王国王子→グランベル帝国皇子バルド直系・ナーガ傍系
クルト祖父グランベル王国王子ナーガ直系
アズムール曽祖父(クルトの父)グランベル王国国王ナーガ直系
リノアン親族自由都市ターラ公爵家公女ナーガ傍系


ファイアーエムブレムヒーローズ

神竜を継ぐ者 ユリア

FEH/ユリア


属性
兵種緑魔/歩行
武器ナーガ(竜特効)→聖書ナーガ(竜特効)(専用)
奥義竜穿
A魔防3
C生の息吹3

2017年2月から、きょうだい枠ということで兄セリスとのセットで登場。
ヘイムの直系らしく専用武器ナーガを扱い、竜特攻がつくほか、攻撃された時守備魔防が上昇する。
本作における竜族は三すくみで有利になる青属性に多いため彼女にかかれば竜族は敵ではない。
唯一三すくみで不利が付く赤属性であり全距離反撃が可能なチキのみ厳しい辺りファンならニヤリとする事請け合いである。
ステータスは攻撃魔防が高く速さ・守備が低い魔法型で、のちに登場した母ディアドラも似通った傾向である。

追加当時は火力こそ高いが速さが低いため使いにくい感じは否めず、同じ緑属性の魔道士であるニノに遅れをとっていたが、闘技場においては現状最も人気が高いラインハルトを安全かつ確実に処理できるため一定以上の人気を保っていた。
さらに最近はラインハルトに魔防を割合減させる奥義を継承させ、開幕から奥義を発動させる方法をとるケースが多く、ニノではラインハルトの攻撃を受けきれないため、魔防を割合減されてもなおも余裕で処理できる彼女は相対的に人気が上昇。
現状最もラインハルトを安全に処理出来るキャラとして緑属性の魔道士としてはトップクラスの人気キャラになっている。
後に武器錬成が追加され、ディアドラと同じ聖書ナーガへの錬成が可能になった。

2019年1月のアップデートではナーガに武器錬成が追加された。錬成すると共通で敵から攻撃された時に上がる守備と魔防が2から4に上昇し、特殊効果錬成では竜が相手の場合に、守備か魔防の低い方でダメージ計算を行う効果を無効にし、近距離反撃ができるようになる。
聖書ナーガも習得している場合はディアドラと同じ錬成が可能になる。

光の聖者 ユリア(伝承英雄)

属性
兵種青魔/歩行
武器至聖ナーガ(竜特効)(専用)
奥義竜穿
A鬼神明鏡の瞬撃
B光と闇と(専用)
C攻撃魔防の信義3


地の伝承英雄として19年8月から登場。
青属性に変更となったが通常版と比べると攻撃と魔防が上がり、守備が落ちた。
当然専用武器「至聖ナーガ」を持参している。竜特効+攻撃3と攻敵より攻撃が1以上高い時、戦闘中、攻撃/魔防+6にして専用Bスキル「光と闇と」を持ち、通常版にも特殊錬成で内蔵されている竜の特殊ダメージ計算無効に加え強化無効に戦闘中全ステータス-2。敵より攻撃が高く、かつ信義のバフを入れることで瞬撃込みで攻め時に攻撃+17、魔防+21にまでなる重火力タイプ。鬼神明鏡の瞬撃で低い速さをカバーしている。マムクートはもちろん強力な闇カムイドーマナーガとは相性がピッタリ。
しかし守備が僅かに落ちてしまっているため、物理耐性は紙耐久。反撃出来ないの近接武器や速さも高くないので追撃されやすい。至聖ナーガのスキルは戦闘開始時なため、所持している鬼神明鏡の瞬撃では加算されないので誤解しないようにしよう。

関連タグ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 トラキア776 ファイアーエムブレム覚醒
聖戦子世代 ユリア 記憶喪失

カップリングタグ

アサユリ
セリユリ

関連記事

親記事

聖戦子世代 せいせんこせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユリア(FE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8749393

コメント