ピクシブ百科事典

シャナン

しゃなん

任天堂のSRPG「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:増田俊樹(ヒーローズ)
クラス:ソードマスター
血統:オード直系

概要

ゲーム前半

緊迫



剣聖オードの血を引くイザーク王国の王子。オードの直系で神剣バルムンクの継承者である。
まだ幼い少年なので参戦しない。一人称は「ぼく」。

グランベル王国との戦乱の折、父マリクルの判断で敗北必至のイザークからグランベルと敵対したヴェルダン王国に逃れた。保護者である叔母のアイラが傭兵として働く間、雇い主のキンボイス王子に捕まりアイラへの人質となるが、グランベルの公子シグルドに保護され、アイラの生死を問わずシグルド軍に同行する。
シグルドの妻ディアドラ失踪の際に、彼女を強く引き止めなかった己の責任を感じ続けている。後にオイフェと共に夫妻の一人息子であるセリスを託され、占領軍の目が行き届いていないイザークの辺境へと逃れるが、それがシグルドたちとの最後の会話となった。

ゲーム後半

しゃなんさま



シグルドの死後、オイフェや生存時のエーディンと共に故郷イザークに潜伏し、セリスを守り育ててきた。在りし日の父のように長髪を靡かせながら剣を振るい、解放軍の若者たちを導く剣士に成長し、グランベル帝国軍にも恐れられている。個人スキルは流星剣、兵種スキルは追撃と連続。一人称は「私」だが稀に「俺」になる。

アイラが結婚していた場合は、セリスと共にアイラの子であるスカサハラクチェも託されており、従兄弟でもある彼らを育てた。またエーディンラケシスが結婚していた場合は、レスターラナデルムッドも育てている。ディアドラの件を今でも後悔し続けており、シグルドとディアドラの遺児であり、自身にとっても弟のような存在であるセリスを必ず守り抜くと固く誓っている。

所在の判明した家宝バルムンクを取りに行った最中に、そのバルムンクを盗み出したパティ(デイジー)と出くわし、彼女を連れて留守中にドズル軍に見つかり挙兵していた解放軍に合流する。戦後は帝国から独立したイザークの国王に即位することになる。

ラクチェ(ラドネイ)とパティのどちらかと恋人関係になると、会話イベントが発生し、デイジーとの間には7章に隠しイベントが起こる。
9章でフェミナジャンヌがある村を訪ねるとシャナンの名を騙る瓜二つの男が現れるが、バルムンクを盾と勘違いしていたことから呆気なくバレる。彼が外伝「トラキア776」に登場する剣士シャナムと同一人物か否かは定かではない。また、同じく外伝で仲間になる剣士ガルザスとは従兄弟同士である。

ビジュアルは殆ど前作のナバールを踏襲しているが、バルムンクの装備補正とスキル「流星剣」のおかげで「ナバールの3倍くらいは強い」と当時の攻略本に評されていた。

ヒーローズ

流星の剣士 シャナン

「私はシャナン。イザーク王国の王子だ。
不逞の輩が相手とあらば
我が剣技のもてなしで迎えよう…」

属性
兵種剣/歩行
武器バルムンク(専用)
奥義剣皇の流星(専用)
A飛燕金剛の構え3
B怒り3
C速さの波・偶数3

2020年1月から登場。
バルムンクは速さ3と戦闘開始時に敵に攻撃された時か敵のHPが100%なら自分がかかっているデバフ無効かつ全ステータス+5になる。イドゥンブルーニャと効果は同じだが発動条件は全く違う。
ステータスは攻撃速さ守備に優れている。この配分としては珍しく、スキルは受け型で体力が減っても怒りでさらに火力を上げていくようになってる。専用奥義は名前こそ違うが剣姫の流星と同じ効果である。
ただ魔防に関しては紙耐久なのでマムクートや青魔には注意。属性が有利な緑魔でも怪しいので警戒は必須。

関連イラスト

剣聖
シャナン王



関連タグ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 聖戦親世代 聖戦子世代
オード イザーク王国 神剣バルムンク
ホリン マリータ
王子 ショタ 黒髪ロング 剣士

カップリングタグ : シャナパティ シャナラク

カイン:同シリーズの中の人繋がり

リョウマ/カトリーヌ…神器剣を持ったソードマスター繋がり。リョウマは次期国王という立場も共通する。ヒーローズのイベント「想いを集めて」ではリョウマと手合わせをしていた。

関連記事

親記事

聖戦の系譜 せいせんのけいふ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャナン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113451

コメント