ピクシブ百科事典

セティ

せてぃ

SRPG『ファイアーエムブレム』シリーズの『聖戦の系譜』及び『トラキア776』に登場する人物。
目次[非表示]

概要

ゲームファイアーエムブレム 聖戦の系譜』、『トラキア776』の登場人物。
このゲームには、2人の「セティ」という名の人物が出てくるため、本頁では2人のキャラクターについて記述する。

  1. ゲーム本編より百年以上前にシレジア王国を建国した人物。十二聖戦士の一人・風の聖戦士セティ
  2. ゲーム後半で仲間になるユニット。シレジア王国の天馬騎士フュリーの息子。勇者セティと呼ばれる。

風の聖戦士セティ

ユグドラル大陸に圧政をしいていた「ロプト帝国」を打倒するため、反乱に参加していた青年。他の聖戦士共々、設定資料集にイラストが載っており、子孫のレヴィンに似ている。
「ダーナ砦の奇跡」により、十二の神々の一柱フォルセティから、フォルセティの血と、風の魔道書「フォルセティ」を授けられる。

帝国打倒後は、大陸北端の半島にシレジア王国を建国した。
セティ没後のシレジア王国は、セティの子孫のうち、魔道書「フォルセティ」を使える者が代々王位を継承している。

ステータス画面で確認できる「神々の系図」を見ると、「風使いセティ」の血を示す部分は始祖の「Sety」ではなく、神の名「Holsety」と表記されている。これは"風使いセティの後継者”ではなく、“フォルセティ神を受け継ぐ者”であることを示している。「風神フォルセティ」を参照。
同様の表記違いは「ナーガ(ヘイムではなくナーガ)」「ロプトウス(ガレではなくロプトウス)」だけに見られるもので、他の10の神器を受け継ぐ血筋との差別化が図られている。

勇者セティ

シレジアの天馬騎士フュリーの息子で、フィーの兄。緑髪翠眼の青年。一人称は「私」。行方不明の父を捜す旅をしている。クラスはセイジ。

父がレヴィン、もしくはクロードの場合は神器の使い手となる。
また、父親がレヴィンの場合は珍しく父と息子の会話イベントが発生する。
フュリーが恋人を作らなかった場合、あるいは死亡している場合は代替ユニットとしてホークが登場する。

外伝『トラキア776』では父親がレヴィンで固定されており、身分はシレジアの王子。主人公リーフより年上。宮廷司祭サイアスと二者択一で仲間になる。旅の途中でマンスターの反帝国組織「マギ団」の新たなリーダーとなり、市民からは「風の勇者」と称えられている。
最初はNPCとして登場し、専用の風魔法フォルセティで敵を薙ぎ倒す姿は、初心者には救世主に、中級者以上には経験値泥棒に映る。

虐げられている他国の民を見過ごせず救おうとする、心優しく責任感の強い青年。
しかし『聖戦の系譜』で、ティニーリンダ)と恋人関係になった場合に会話を発生させると、それまでの彼のイメージを壊しかねない驚きの発言が飛び出す。
しかも『トラキア776』では、臣下の少女カリンに、本来王妃となる女性に渡すアイテムを「私の気持ちなんだ 受け取ってほしい」と言ってポンと預けており、結構突っ込みどころの多い人物でもある。

覚醒』におけるクラスは賢者

関連タグ

任天堂 ファイアーエムブレム
聖戦の系譜 トラキア776 ファイアーエムブレム覚醒
ユグドラル大陸 シレジア フォルセティ
マーニャ セリス アスベル

カップリングタグ

セティニ セティリン

pixivに投稿された作品 pixivで「セティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117776

コメント