ピクシブ百科事典

クロード(FE)

くろーど

任天堂のSRPG『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の登場人物。

概要

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の前半に登場。クラスはハイプリースト
グランベル王国の六公爵家のひとつで、聖戦士ブラギを祖とするエッダ公爵家の現当主。同じく大司祭ブラギが興したエッダ教団の神父も務めており、死者を蘇らせる神器バルキリーの杖の継承者。ただし無制限ではなく、蘇生の可不可には対象のエーギル(クロードは生命力と説明しているが、設定資料集の解説から恐らく命運や天命のほうが近い)が関わる。しかも杖は所在不明になっている。

グランベル王国での六公爵家間の対立に危機感を抱き、後にシグルドバイロン卿がクルト王子を暗殺したという噂が広まったことで、事の真実を把握するためにブラギの塔へ向かった。
ブラギの塔でバルキリーの杖を取り戻すと共に神託を受け、シグルドの無実を知る。国に戻り国王に伝えようとするが、暗黒教団の陰謀により反乱軍の一員とみなされてしまう。シグルド軍に加わりシレジア王国へと逃亡し、その後もシグルドたちと運命を共にする。
ティルテュシルヴィアエーディンと結ばれると会話が発生し、エーディンの場合は、神託でこの先のシグルド軍の末路を知っていることを明かす。

生き別れの妹がいるそうだが、自軍に妹と同年代かつブラギの血を引く少女がおり、本人たちはそのことを知らないため、プレイヤー次第では彼女と結ばれることもできる。

なお、ユニットとして見た場合シグルド軍に加入時点でレベル20の上位職なので育成の必要はない。
父親としては、子供に継承可能なスキルが一切ない上に継承するバルキリーの杖を使用可能な子供は二人だけだが、ブラギの血統でHP・魔力・運・魔防の成長率に補正がかかり、更に子供が杖使いの場合は武器レベルが上がる。

外伝『トラキア776』ではブラギの塔にてエッダ教徒のスルーフ神父が彼の声を聞いている。

シリーズ16作目『風花雪月』にも同名の人物が登場する。

関連タグ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
クロード 金髪ロング  聖職者
ティルテュ エーディン シルヴィア リーン コープル スルーフ
クロシル クロエデ クロティル

pixivに投稿された作品 pixivで「クロード(FE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1899

コメント