ピクシブ百科事典

アンナ(ファイアーエムブレム)

あんな

ファイアーエムブレムシリーズでお馴染の謎の女性。
目次[非表示]

プロフィール

初期兵種トリックスター(覚醒)/ シーフ(if)
誕生日6月11日(覚醒)/ 6月10日(if)
軍の中で一番へそくりが多い(覚醒)/ 副業が多い(if)
CV世戸さおり


概要

シリーズおなじみのキャラクターともいえる女性赤髪のポニーテールに人差し指を口元にあてたポーズが特徴。物語に深く絡んでいることはあまりない。現時点では外伝以外のすべての作品に登場しており、唯一別大陸をまたいで登場している皆勤である。コラボ作品の幻影異聞録♯FEにも名前は出ていないが作中のコンビニの店員で登場している。
中断セーブで登場することが多いほか、秘密の店であったり通信闘技場であったりと様々な場所に登場している。

一応恋人としてはジェイクがいる(暗黒竜と光の剣烈火の剣)。

彼女曰く「同じ名前、同じ顔の姉妹が多数存在する」ということであり、各作品に登場するアンナは全て別人のようである。それどころかifのアンナ独身時のエピローグによると覚醒より前の作品に登場してきたアンナ達もその作品・時代・土地にアンナは1人だけで存在・活動していたわけではなかった事が仄めかされている。
ifでは親がアンナを呼ぶときに色んなバリエーションがあり、呼び方によって返事するアンナは一人だけと語っている。
その為、ジェイクの恋人のアンナも各作品に1人しか居ないらしい。

覚醒

そんな彼女、覚醒にてまさかの味方ユニットへとクラスチェンジを果たした

trick star ☆



最初に登場するのは外伝2「秘密の行商人」で、その後の外伝4「行商人アンナ」にてクロムで会話すると仲間に加わる。
お金にうるさい性格ではあるが、闇魔法の素質がなかった魔道士20000Gの女のようにプレイヤーに対してお金を要求してくることはない。
覚醒でのチキとは当初面識がないのだが、
もしかしたら彼女のご先祖様がチキと取引したことはあるのかもしれない。

ちなみにルフレマイユニット)が男の場合限定でアンナと結婚することも可能であるため、このアンナには恋人はいないらしい。
しかしながらアンナの支援対象キャラクターは非常に少なく、マイユニット以外とは結婚できない。

ユニットとしては登場する時期を考えるとなかなか強く、鍵開けと杖による支援で即戦力として活躍が可能で、魔力が高いためサンダーソードを使いこなすことも出来るのが魅力である。

チェンジプルフでさらに鍛えることで最後まで使い続けることも可能だが、やはり支援がほとんどつけられないのは痛い。
最後まで使う気ならばチキやルフレと一緒に行動させていくのが望ましい。
…といっても大体は後に参戦する仲間にその地位を譲る流れになることが多いだろう。
とはいえ、ガイアを育てていないと今作ではデフォルトで鍵開けを覚えているのがガイアとアンナのみなので(チェンジプルフを使えばもうちょっと増える)、鍵開け要員として使えなくも無い。
……が、全く育てていないと第21章でのスライムの猛攻でほぼ使い物にならない気もするので、やっぱり微妙。

最難関DLCマップ「最も強き者の名」では裏ルートの最後の敵将として登場。
クラスは商人なのだが背中に無数の武器を背負った専用グラフィックになっている。ステータスは仲間になるほうのアンナとは異次元の強さでスキルも王族専用の天空やルナティック以上のギムレーしか所持していない神の器、他はカウンター・邪竜の鱗・待ち伏せ+と嫌らしいスキルをフル装備している。幸い他の敵と比べ守備がやや低いのが救いだが、そもそもアンナに限らずこのマップの敵はどれもストーリーの敵とは比べ物にならない強さなのでこのアンナに辿り着くだけでも苦難の連続である。

if

ifではDLCの竜の門の案内係として登場。
また発売から3カ月後に配信された有料DLC「盗賊アンナ」をクリアすると仲間に加わる。課金しないと仲間にできないあたりはじつにアンナらしい。とはいえスマブラロイよりは安い。
ちなみに「盗賊アンナ」のマップは覚醒のアンナ加入マップ「行商人アンナ」をアレンジしたものになっている。敵の強さはストーリーの進行具合によって変化するが、子世代と違い仲間になるアンナのレベルは固定になっている。
購入していれば3ルート全てで仲間にすることができ、最短でルート分岐直後に仲間にすることが可能。


覚醒のアンナと比べるとやや童顔で、この世界にも同じ顔と名前の姉妹が大勢いるらしい。支援を組めるのは主人公のカムイだけで、男性なら結婚できる。お金が好きな性格は変わらず、カムイに対し別の姉妹になりすまして何度も花を売りつけたが、さすがに仲間を騙すのは悪いと思い後に謝り代金も返している。
ifの世界が覚醒よりも過去であるためか誕生日は覚醒のアンナの1日前になっている。
独身でエンディングを迎えた場合のエピローグではその後の時系列で登場したアンナ達の正体について婉曲的に語られている。

DLC「南国争奪戦」では直接登場はしていないが、勝利した王族の案内役を務め臣下に南国のバカンスを満喫する主君の写真と手紙を届けたりしている。
DLC「絆の白夜祭」「絆の暗夜祭」でも登場し、人気投票上位者や特別枠組の兵士たちに着物や仮装を提供する。その際マイクやカメラの機能を持った謎の魔道書を使っている。
前作に比べてやや強引さが増しており、暗夜王国第一王子のマークスですら『なんて腕力だ…』と驚くほど(ちなみにツバキも『行商人さん、力が強いね!?』と評している)。それでも賊を退治してくれたお礼としてただで主人公達を宿泊させてくれる。

初期兵種はシーフ。別素養はロッドナイトと当然ともいうべきか薬商人。

成長率は全体でもトップクラスで、特に幸運が伸びやすい。魔力の伸びもいいため魔法武器のシャイニングボウを持たせると高い魔力を存分に発揮できる。魔力を活かしたいならストラテジストにクラスチェンジするのも悪くない。

専用スキルは、自分から攻撃して敵を倒した時幸運%でお金が手に入る「一攫千金」。手に入る金は敵の強さに応じて変化し多い時は1000G以上手に入ることもある。
大商人のクラススキル「左うちわ」と組み合わせると屈指の金策要員になる。
自身の名を冠した武器である「アンナの福弓」は装備すると幸運が5上がるため、これらのスキル発動率を上げるのに最適である。

ヒーローズ

アスク王国の特務機関「ヴァイス・ブレイブ」の隊長として登場。アスク王国の王子・アルフォンスたちの上官として彼らをサポートする。

大英雄(プレイヤー)を召喚した張本人。ゲーム開始時に登場するいわば案内役で、チュートリアルの1ステージ目は彼女一人で担当することになる。

余談だが、今作の彼女は商人ではないが、金儲けに精を出しているのは相変わらずなようで、ステータス画面や外伝などでそういった台詞を聞くことができる。特務機関の活動資金を得るためのようだが、これも相変わらずというべきかたまに行き過ぎた行動に出ることがある(例:至宝のブーケを転売しようとする記録用の魔導書で英雄たちの水着姿を激写しようとする挙句失敗したらたちに水着姿になるよう指示し自らも脱ごうとするなど…)。

性能

属性は斧・歩兵。従来作で言うところの「戦士(アクスファイター)」にあたる。
剣(赤)のアルフォンス・槍(青)のシャロンに対して斧を担当しており、シリーズおなじみの三すくみを学ぶのに役立つ。

初期メンバーの中で速さはトップクラス。それ以外のステータスも守備以外は中の上程度になる。高い速さが守備の低さをカバーしており、相性の悪い相手に攻撃されない限り即死することは少ない。HPが減少している時は攻撃を受けても「待ち伏せ」効果で必ず先制攻撃をしたり、ユニーク武器「ノーアトゥーン」の効果で味方の横へワープしたりと数値以上の粘り強さを見せられる性能になっている。さらに通常の2.5倍のダメージを与える奥義スキルの「流星」も持っているため火力を補う事も出来る。

評価

トップクラスの速さにやや高い魔防、HPが減少している時、スキルの待ち伏せで攻撃される時に必ず先制攻撃。ノーアトゥーンで味方マスに移動可能とヒットアンドアウェイ戦法が可能。優秀なスキルが揃っているので評価は高い。最初は星2であるため星5に覚醒させるまで手間はかかるが、覚醒させる価値はある。

関連タグ

ファイアーエムブレム 看板娘 赤髪 ポニーテール 行商人
ルフレ カムイ ジェイク
アルフォンス シャロン

pixivに投稿された作品 pixivで「アンナ(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80849

コメント