ピクシブ百科事典

エクラ(FE)

でんせつのしょうかんし

エクラとは、ソーシャルゲーム『ファイアーエムブレムヒーローズ』の主人公兼プレイヤーの分身。
目次[非表示]

概要

特務機関『ヴァイス・ブレイヴ』の一員であるアンナによってアスク王国に召喚された召喚師で、本作の主人公兼プレイヤーの分身。
神器『ブレイザブリク』を用いて英雄を召喚する能力を持つ。
いにしえの伝承によれば『滅亡に瀕したアスクを救う救世主』らしいが…?
オープニングムービーやSDでは姿がよくわからないよう、FE覚醒ルフレ同様にフードを目深にかぶっている。
『エクラ』の名は、ルフレ同様、フランス語で『輝き』を意味する。ちなみに、海外でのデフォルト名は『Kiran』。

人物

容姿性別不明(SDではかろうじて青目だと判断できる)。
出自も謎が多いが、ストーリー中のアルフォンスとの会話では鉄でできた大きな建物馬のように走り回るキカイなどについて説明しており、現代出身であるとみられる描写がある。とある英雄によると、そこは『鋼の世界』と呼ばれているらしい。
なお、そのアルフォンスとは『半身』であることがルフレとの会話で言及されている。

アスクでは『召喚師兼軍師』の役割を持ち、指揮の腕は英雄たちから軒並み高評価を得ている。なお、現代出身の一般人のため戦闘能力は皆無。
邪眼の主との会話では自分は戦わず、召喚した者たちを前線に送り出し、戦わせていることを気に病んでいる節もある。

基本的には誰にでも平等かつ優しく親切なため、エクラを慕う英雄も多い。
友情を誓う者、国へ連れて帰ろうとする者、逆にエクラの故郷について行きたがる者、恋愛感情を持つ者、味方につけようとする者……など、反応は様々。
しかし、英雄がエクラに惹きつけられるのは「召喚された英雄の性なのかもしれない」とも言われており、ブレイザブリクの力による影響という可能性も。
とはいえ、召喚されたわけでもないアルフォンスたちには普通に好意を持たれているので人の良さは本物だろう。

普段はフードをかぶっているが、女の子好きの剣士に「キレイな顔をしている」と言われたり、見目麗しい者が好きな王女に「顔がとても好み」と言われたり、その他の女性英雄からも「見た目はわりといい」と評価されているので顔立ちは整っている模様

結構なイタズラ好きのようで、色んな英雄にちょっかいを出しては驚かれたり怒られたりしている(まともな英雄どころか、悪人やラスボスクラスの英雄にまで平気で手を出す)。
英雄の召喚、軍の指揮などを主に活動しているが、他には見回り、勉強、訓練、様々な雑務など、わりと多忙である(漫画では司書もやっていたりする)。少々無理をしているのか、英雄たちに顔色が悪いと心配されることが多々ある。
なお、料理の腕は穏やかな皮肉屋によると鋼の味ではなく普通に美味しいようだ。アドラステア皇帝との会話によると海が好き。

歴代のマイユニによく似ていると、マイユニ本人やいろんな英雄から度々指摘され、「他人とは思えない」なんて言われることも。

能力

能力は英雄の召喚だが、他には英雄を強化したり、契約の力で英雄同士が衝突できないよう行動を制限したり、なんと英雄が大怪我をしても治すことができるということも明かされた。
そもそもなぜ現代出身の凡人でしかないはずのエクラがこういった能力を持っているのか、また召喚がどういった原理で行われているのかも未だに判明されていない。
戦神によれば「その力も召喚師の存在も、本来あってはならないもの」なのだとか。エクラにはまだまだ謎が多そうである。

英雄を召喚する能力は称賛される一方で「恐ろしい能力」「まるで神の力」と評されることも。
英雄どころか悪人、死者、神竜や邪竜、はてはに至るまで召喚・使役する、個人で強力な軍隊をいともたやすく作ってしまえるのだから当然の反応と言えばそうだろう。更には召喚された英雄は死んでしまってもエクラさえ生き残っていれば復活できる
本当に恐ろしい能力である。本人が悪事に使う気がまるでないのが救いか。
また、幼き賢者からも「彼らを駒として扱う気分はどうだい?」と召喚師の複雑な心境を乱すような言葉を言われている。

召喚に使うブレイザブリクの形状は、これまでFEの世界には存在し得なかった『』のような形をしている。厳密にはファイアーエムブレムifの有料ダウンロードシナリオでの会話から猟銃が存在しているようだがはっきりと描かれたのはシリーズ初である。

余談

英雄からも寡黙だと言われ、ゲーム中も全く台詞はないが、公式4コマ漫画では普通に喋るうえテンション高めで、メタなネタや発言を繰り返している。

『例』
「スキルを!どうかスキル継承を!!獅子奮迅師匠!
「下半身がいい?上半身がいい?」
「この戦い(第3部)が終わったら仲間になると信じてーー!」
「エクラはアイドルになる!!!」

小ネタだが218話では下記の記述にもあるグラマラスな女性の見た目で登場し、英雄たちを「あの美人誰!?」と驚かせていた。
だが38話で上半身の服を破いた際には男性のように描かれている。
ゲーム本編では「外見の変更」の機能から様々な見た目を選べるほか、公式4コマ漫画は複数の絵師が描いているため、絵師によって容姿性別が違うのかもしれない。(218話のタイトルは「可能性の一つです」である。)

性能

伝説の召喚師 エクラ

よろしくお願いします

【FE】エクラーズ!【ヒーローズ】


属性無(赤・青・緑)
兵種無魔(赤魔・青魔・緑魔・剣・槍・斧)/歩行
武器死銃ブレイザブリク(専用)

2021年2月のアップデートから『マイ召喚師』が追加。まさかの戦闘参加へ
長きに渡り続く戦いで様々な困難を乗り越えて成長していき、4年の時を経てついに自分の分身の操作が可能になった。だが、通常のアルフォンス達同様に特別枠のためか、限界突破や神竜の花による強化、召喚からの入手は出来ない。また最初からレベルMAXなのでレベル上げも必要ない。
特別枠だからか現在は「ミョルニル」「英雄たちの二人旅」のイベントだけ出撃可能。

今まで不明だった容姿性別を男女ともに分けられるようになった(もちろん、今までのフード姿もある)。フードをかぶっていたときは青目だったが脱いだ後はなぜか金目で統一された。
その見た目はアルフォンスたちと同い年のような容姿の少年少女、褐色肌やグラマラスなお姉さん、体格のいい大人のお兄さんなど様々。
現在は男性4種・女性4種・従来のフード姿の計9種類が存在するが、今後もキャラデザが増えたり、本戦に参加できるようになる可能性もあるかもしれない。
なお女性の容姿にしていても女性英雄から言い寄られたり、好意を持たれたりする

ステータスは典型的な数値だがバランスはよく、守備と魔防はやや高めなのが特徴だがバランス故に速さが中途半端なので敵から追撃されやすい。
ただし、ミョルニルが開催されるたびに毎回『マイ召喚士で敵を撃破する』というミッションが配信されているのでミッションクリア狙いの人はスキルを工夫して倒しに行こう。
幸い、該当ミッションに難易度の指定はない。

専用武器の名は『死銃ブレイザブリク』。これは普段召喚に使っているブレイザブリクとは別物で、かつて滅亡した異界の神器だそう。
効果は周囲2マスの味方は戦闘中、全ステータス+4。逆に敵は戦闘中、全ステータス-4といつまでも味方に守られるだけじゃない事を示すように、自らも果敢に攻めれるスキル効果。武器の効果も味方か敵に近づく必要があるので味方のサポートか攻撃に移すかは自分次第。
マルス仮面同様に全てのスキルは空いているのだが、スキル継承はせず、入手した英雄達の各スキルをコピー出来る(当然対応していないスキルや専用スキルは不可)特殊な設定で、スキル次第によってサポート型、アタッカー型、受け型、デバフ型と色んな構成が作れる。

2021年5月のアップデートで属性違いの『緋銃(赤)』『蒼銃(青)』『翠銃(緑)』と近接武器『銃剣(赤)』『銃槍(青)』『銃斧(緑)』も追加された。
属性や武器は変わっても効果は同じでこちらもスキルコピーで専用武器以外ならどの武器も装備可能になる。
ちなみに銃以外の武器を装備すると武器を浮かせて投げ飛ばすという固有モーションが見られる。

関連人物

アルフォンス
『アスク王国』の王子。本作のもうひとりの主人公でエクラの相棒、そして半身。
エクラの代わりに物語の進行役を務めたり、エクラに話を振ってくれるのもまた彼である。「英雄には深入りしないようにしている」と宣言していたが、部を追うごとにエクラに対する入れ込みようは強くなる一方である。

シャロン
アスク王国の王女でアルフォンスの妹。
本作のヒロイン……のはずなのだが、話しかけてくれる回数はアルフォンスのほうが多めで本編でも兄の影に隠れがち。近頃は活躍の場も少なく、イマイチぱっとしないのが悲しいところ。
兄とは違い、積極的にエクラと友だちになろうとしてくる。

アンナ
エクラの上官にあたる人物。
何かあるたびにエクラに事の対処を任せているので正直エクラのほうが働いているように思われる。数年前の外伝ストーリーでは金稼ぎのためにエクラ達をよく引っ張り出していた。
シャロン同様活躍の場は少ない。

ヴェロニカ
『エンブラ帝国』の皇女。エクラと同じように英雄を召喚する能力を持ち合わせている。
基本エクラたちとは敵対関係にありながらエクラを殺そうとすることもあったが利害が一致したときは協力して敵に立ち向かうときも。

フィヨルム
第二部でのメインヒロイン。氷の国『ニフル』の第二王女。
仇であるスルトとの戦いが終わった後も「特務機関のメンバーやエクラに恩返しがしたい」という想いから特務機関に残ることとなった。
自分やニフルを救ってくれたエクラに対して好意を抱いている。

ロキ
物語を度々引っ掻き回すトリックスター。エクラを気に入っているらしい。
過去の『想いを集めて』では、インバースと共にどちらがエクラにふさわしいか争ったことも。
異界のロキとして仲間にした際は「ブレイザブリクを貸してほしい」と懇願してくるほど召喚の力に興味津々の様子。

リーヴ
第三部のキャラクターでヘルの眷属。亡霊のような謎の騎士だがその正体は……。

レギン
第五部のメインヒロイン。小人の国『ニザヴェリル』の第二王女でファフニールの義理の妹。
最初はエクラの身柄を狙ってアスクを襲撃してきたが紆余曲折を得てアスク側につくことに。人懐っこい性格で、エクラたちともすぐに打ち解けた。現在は戦いを挟みながら王女としての勉強に慎んでいる。
エクラといると「すごく安心するけど、ちょっとドキドキして照れてしまう」らしく、恋心を抱いている可能性がある。

オッテル
第五部のメインキャラクター。小人の国『ニザヴェリル』ファフニールの義理の弟。
レギンの兄でもあり、彼女にエクラを攫ってこいと命じた。
目的は『賢者エイトリ』と共にエクラの魂を使って、扉を壊す神器『ヤールングレイプル』なる物を作ることのようだが……?

ファフニール
五部のメインキャラクター。『魔導科学の国ニザヴェリル』の王。
過去にエクラと似た謎の人物に遭遇しており、始末されかけたが逃亡。その数年後、エクラに遭遇するも「あいつは別人だが、戦ってからずっと何か引っかかる」とぼやいていた。果たして真相は……?

ノート
第五部のキャラクター。『ヨトゥン王国』の第一王女。
顔のいい男に弱く、オッテルに騙されてエクラを攫うが、双子の妹のダグに叩きのめされ改心。「心を入れ替え、エクラのために仕える」と宣言する。
エクラの顔が好みである様子。

関連タグ

ファイアーエムブレムヒーローズ 主人公 マイユニット クリス ルフレ カムイ(FEif) マーク(FE烈火):歴代マイユニットたち

きらら:召喚士である主人公繋がり。後からプレイアブル参戦したという共通点もあるが、こちらはもう一人の自分(マンガ版)が戦う。こちらは2周年記念実装。
小さいキュゥべえ:非戦闘員だったが後にプレイアブル化したプレイヤー(?)繋がり。戦うときは魔法少女を呼び出して戦う。こちらは3周年記念実装。

関連動画

ニザヴェリル兄妹のダンス エクラがDJをやっている。
第2部ミニキャラシアター

関連記事

親記事

ファイアーエムブレムヒーローズの登場人物 ふぁいあーえむぶれむひーろーずのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エクラ(FE)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「エクラ(FE)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1500957

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました