ピクシブ百科事典

スルト(FE)

すると

ファイアーエムブレムヒーローズに第二部で登場する敵将である。メイン画像の右側がスルト
目次[非表示]

その者、炎に包まれ、海を渡り来る。その炎、不死にして不滅。決して消えることなし。山は焼け、木は倒れ、水は乾き、海は呑まれ、天は焦げ、月は堕ちる。世界は炎に包まれ、滅ぶ…。
(アスク王国に伝わる預言書の一節より)

CV:玄田哲章
クラス:オーバーロード(FE0)

概要

炎竜ムスペルの血を引く、ムスペル王国の国王。強面の外見通り残虐で苛烈な性格であり、ニフルを侵略、そしてアスクへも侵攻する。相当な実力主義者であり他者にもそれを強いている。
炎斧シンモラを振るい、身体に纏うムスペルの炎で全てを焼き尽くす不死身の王。王は世界に一人でいいと考えており、結果他国を侵攻しまくっている。オープニングムービーでの登場は威圧感たっぷり。「ぐははははははっ!」という独特の高笑いをする。

彼が登場する2部は全体が北欧神話をモチーフとしている面が強く、彼もまた北欧神話の炎の巨人の名に由来。部下もロキ、レーヴァテイン、レーギャルンといったスルトやシンモラに関連する名前が多い。

中でもレーヴァテインレーギャルンは部下であると同時に実の娘である。しかし、苛烈すぎる性格によってまともな親子の関係は築かれていない。
良心の呵責も無く道具のように扱ったり、戦闘訓練の成果次第で殺そうとしたり…現に二人以外にも子供がいたとみられるレーギャルンの台詞があるが、躊躇なく殺したらしい。本人も「使えぬのならば、殺すだけのこと。親とはそういうものであろうが。」とホーム画面で言っているので恐らく…。

ユニット性能

ファイアーエムブレムヒーローズ

敵ユニット時

ユニットとしては斧の重装兵。専用武器の「シンモラ」は守備が+3され、ターン開始時に周囲2マスの敵ユニットに20ダメージを与える効果を持つ。重装だからと思って近くに待機してると思わぬ痛手をくらう。登場章によってスキル構成が違うが、最終決戦時は相性相殺を引っさげているので、有利な赤属性でも注意。

シンモラのスリップダメージ効果が強力すぎる上に2部の大ボスユニットであるため、しばらくプレイヤー側が入手できる見込みは無さそうである…とか言ってたら2部終了後ほど無くしてガチャにて登場することとなった

炎の王 スルト

我はスルト
 死の国に堕ちた我すらも隷従させる…
 それを成し得るのはやはり、貴様か…

属性
武器種別
タイプ重装
武器シンモラ(専用)
奥義緋炎
A金剛の構え4
B守備隊形3
C炎王の威嚇(専用)
2018年11月21日のガチャにて登場。大英雄戦だと予想して面食らった召喚士も多いだろう。
しかも、シンモラのスリップダメージ効果がそのままな上に、Aスキルに防御時に守備+8かつ奥義発動カウント-1の「金剛の構え4」、Cスキルに「炎王の威嚇」という開始時に周囲2マスに敵がいれば敵は攻撃速さ守備魔防-4、自身は逆に+4というどう考えても強力すぎる武器とスキルを引っさげての登場となった。
難点は斧重装はヘクトル総選挙エフラムを初めとした激戦区であることか。前者はどの距離からも対応出来る遠距離反撃を持っているほか、攻撃されたときに追撃が出来る。またBスキルで高コストなら「〇〇隊形」低コストなら「待ち伏せ」など様々な形に作ることが可能だが魔防と速さは低い。後者は同じく速さと魔防は高くないがBスキルの「奥義隊形」で自分の奥義発動カウント変動量+1と敵の奥義発動カウント変動量-1と奥義発動を遅らせる効果を持ち、武器スキルの「ガルム」の効果でバフか移動+1の場合、絶対追撃するアタッカーの役割もある。
Bスキルの「守備隊形」でCスキルの速さのバフ&デバフはあまり意味を成さないかもしれない。活用するなら攻撃隊形か迎撃隊形に変えた方が少しは使いやすくなるだろう。最も「守備隊形」自体が優秀なスキルであり、速さが壊滅的なスルトにとって敵の攻撃を受ける点では守備と魔防が高いため問題ないのだが弓や魔道で反撃出来ないのが辛い点。
また重装特攻にも弱い事もあるため、攻撃と守備が高くても油断は禁物。特に重装特効を持つ上に自身も重装マムクートかつ相性不利のイドゥンや、期間限定であるが重装特効の遠距離赤属性武器を持つユニット(イースター版パオラ等)もどんどん増えてきているので登場した頃よりも安心できなくなってきている。

そしてスルトといえば、飛行城の隅で一人オプジェクトに囲まれて待機するという「穴熊戦法」にドーマと並んで使われやすいユニットでもある。守備隊形やシンモラのスリップダメージや威嚇のおかげでターン切れを狙わせやすい。回復の砦まで近くに配置されているとそれの破壊でも手間をとらされる。できるだけ赤属性のアタッカーや再行動ユニットは終盤までに落とさずに置いておきたい所。もちろん、この戦法をしたからと言って突破されるときは突破されるので、高順位を目指すなら他キャラや罠の配置にも気を配るように。

スルトのガチャ登場と同時に2部終了後の話となる異伝4「死が囁く」が追加され、本編で死んだ直後のスルトが少しだけ登場する。敗北と死を経験したからか、本編とは違い落ち着いた印象になっている。ガチャで登場するスルトは登場時の台詞からこの異伝の後のスルトと推測できる。
アスク王国の環境を「生ぬるい風」と評し、民(恐らく他の英雄も含まれる)についても「無能どもが」と相変わらず悪態をつくものの、召喚士については自身を打ち倒した勝者と見ており、「存分に驕り、昂ぶるが良い。」と持ち上げてくれ、自身の掲げた「弱肉強食」に習って服従する気満々。そういう所は妙に律儀である。
なお、ホーム画面のSDはやたらとでかい

武器のシンモラの分類は斧であるが「死神の鎌」のような形状をしており、とどめを刺す際は片手で下から豪快に振り上げる。スルトの体格もあってか、直撃すれば「痛い」ってレベルでは済まないだろう。また、レベルアップ時に普通成長でやたらと喜ぶ

ファイアーエムブレム0

サイファでは第13弾「炎と鋼と想と哀と」に登場。出撃コストが5で戦闘力80を誇る重いカードとなっている。スキル「シンモラ」にてリバース1で戦闘力30以下の全ての敵を撃破し、スキル「王はただ一人」はリバース3で戦闘力が80以上の敵を1体撃破することができる。おまけにスキル「ムスペルの炎」で出撃コストが2以下の敵では撃破できないという本編の無敵に近い仕様を再現している。出撃コストもスキルのコストもかかるカードだが、一度場に出れば本編のようにあたり一面を焼け野原にしてしまうことも可能である。なお、「王はただ一人」と言ってるような人なので支援力は当然ながら0である、強いからと言ってあまりデッキに入れると支援のドローで泣くことになるかも…。















余談(少しネタバレ注意)

ヒーローズ本編では残虐の限りを尽くしたスルトであるが、ソシャゲー故にストーリーがあっさりめでスルトの深い部分が描かれていないこと、ヘルビンディの捨て台詞に露骨に怒りを見せていたり、本質的には「不死身というチート能力でイキっていただけ」という面から、プレイヤーからは「小物」呼ばわりされてしまっている。もちろん、「それが好き」って人もいるが、どこかでバックストーリーが書かれれば小物評価を覆せるかもしれない…。

キャラクター画面でタップすると「かつてあった人の心は、ムスペルの炎に焼かれ…消えた」と言っており、シリーズ大ボスの例に漏れず、スルトも昔はこのような苛烈な性格ではなかった可能性がある。また、竜の力であるムスペルの炎は王族で代々受け継いできたようで、「自分が一番色濃く受け継いだ」と話しており、それ故に人の心を失ったともとれる。代々受け継いできたということは、次期国王となるこの人もいずれは…。

レベル40時のお礼の台詞にある「九の世界」は元ネタである北欧神話に登場する世界の総称「九つの世界」が元ネタ。ニフルとムスペルの元ネタの国となる「ニヴルヘイム」「ムスペルヘイム」は同じ第三層に存在し、その層にはもう一つ死の国である「ヘルヘイム」があり、スルトが死の王に招かれたのも元ネタを辿ればしっくり来やすい。これを機にFEシリーズと関連の深い北欧神話に触れてみるのもいいかも?

ヒーローズ公式4コマ漫画では61話にて遂に登場。数々のシリアスな悪役がネタキャラ化していく中で勿論スルトも例外ではなく、ハロウィン版ドルカスにお菓子をぶつけられている。その後は69話でヘルビンディの料理を食べている様子が描かれているが、あんなことがあった後なのによく一緒にいられるものである…。

関連タグ

ロキ(FE) レーヴァテイン(FE) レーギャルン
デズモンド

ガルカーサ 毒親

関連記事

親記事

ファイアーエムブレムヒーローズの登場人物 ふぁいあーえむぶれむひーろーずのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スルト(FE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22602

コメント