ピクシブ百科事典

フィヨルム

ふぃよるむ

「ファイアーエムブレムヒーローズ」に登場するキャラクター。第2部のメインヒロイン。
目次[非表示]

CV:高橋李依
クラス:プリンセス

概要

ムスペルに滅ぼされたニフル王国の第2王女。勇ましさと奥ゆかしさを兼ね備えているが、時折臆病な節もある(後述のブレディとの件)。自分を助けてくれた主人公を「様」付けで呼ぶが、仇敵であるスルトに対しての二人称は「お前」(但し、口調は通常と変わらず敬語でいわゆる慇懃無礼)。

「レイプト」というニフル王家に伝わる氷槍を持っており、これが召喚士のブレイザブリクと反応したことでアスク側に助けられ、以後行動を共にしている。
またこの槍は、訓練で一度も兄に勝てずとも次勝てるようにと精進を重ねていた心強さを買われ、本来兄が継ぐはずだった物を継いだ、という経緯がある。
幼い頃からと共に弓の練習もしており弓も扱える。

名前の由来は北欧神話に登場する河川の名前。ニフル王国や武器のレイプトも北欧神話からとられている。

戦乱が終わった後は、お世話になったアスク王国や召喚士に恩を返すためにニフルを離れ、特務機関「ヴァイス・ブレイブ」に今後も同行することとなった。

実質2部での主人公である彼女だが、3部のオープニングムービーにはフィヨルムの姿が全く無かったため、今後の彼女の扱いを心配する召喚士も多かった(実際メインストーリーには全く絡まない)。しかし、外伝で冬祭りに参加したり、正月ジューンブライドverの実装や戦禍の連戦の会話にも登場しているので出番の心配をする必要は無さそうである。
同じ王女であるシャロンがシリーズでいえばイケイケ系気質であるため、礼儀正しい正統派気質の王女ポジションとして納まっている。なお、シャロン曰く「私の大親友」。

2019年4月に開催された想いを集めて「果たすべき責務」ではモゥディレテのストーリーに登場し、モゥディのように森の動物たちと仲良くなることに憧れたり、レテの尻尾を見て自然と笑みがこぼれてしまったりと動物好きな一面が判明した。急いで仲良くなろうとするあまり、猫耳をつけたりする等して迷走してしまうフィヨルムは必見。

6月の「未来への架け橋」ではブレディから声をかけようとするが、外見のせいか恐喝されていると勘違いされ、フィヨルムは「訓練がある」と誤魔化して逃げてしまう。後に誤解が解け、ブレディが声をかけた理由は「ニフルとムスペルの戦いに感動した」と伝えたかったようで、お詫びにお茶を振る舞おうとするがブレディは拒否。僧侶と貴族であるため、逆に振る舞われる事に。

彼女をデザインしたイラストレーターの前嶋重機氏曰く、「デザインは白鳥をモチーフにしている」とのこと。

ユニット性能

氷の姫 フィヨルム(伝承英雄)

ニフル王国の王女フィヨルムと申します。
 仇敵を討ち、祖国を取り戻すまで、
 私は決してくじけません。

属性
兵種槍/歩行
武器レイプト(専用)
奥義氷の聖鏡(専用)
A攻撃守備の絆3
B盾の鼓動3
C攻撃の大紋章2

2017年11月末から登場し、月末開催の伝承ガチャで登場することがあるほか、メインストーリーの2部第1章クリアで加入する(メインストーリーで入手できる個体はステータスが全て基準値)。水の伝承英雄

槍歩兵だが専用武器「レイプト」はカミュ以来、槍の遠距離反撃武器であり、2距離を軽減する奥義を備えているため『盾の鼓動』との相性が良く2距離受けに特化した性能となっている。『攻撃守備の絆』は仲間と隣接していれば攻撃と守備が+5されるので攻守ともに対応できる。ステータスもどれもバランスの良い数値となっている。
しかし弱点は速さが中途半端で追撃しにくい点。体力もやや低め。味方と隣接してなければ少し火力不足になる。さらに総選挙リンのサカの加護で武器スキルやパッシブBスキルが無力になってしまうため、立ち回りが重要となる。切り返しや待ち伏せなど反撃に適したスキルで立ち回るやり方が良い。
隣接した時のバフ効果や武器スキルの遠距離関係なく反撃。ステータスもバランスが良いため評価が高い。スキル継承次第で様々な形で作る事ができ、近接や遠距離でも対応できるため使いやすいキャラとなっている。
第2部第1章をクリアすれば必ず☆5として仲間にできるので是非使ってみよう。

なお、良成長で召喚士の名前を呼んでくれる貴重なキャラである。

初詣の氷姫 フィヨルム

平和の喜びをこの微笑みに


ニフル王国第二王女、フィヨルムです。
 一年の計は元旦にあり、というそうです。
 一緒に目標を立てましょう。

属性
兵種弓/飛行
武器鏑矢+
補助引き戻し
A攻撃速さの絆3
B攻撃速さの連携3
C魔防の波・偶数3

2019年の正月から登場した正月版の超英雄。和服に身を纏い、白夜の金鵄にまたがって登場。伝承リン以来となる緑属性の遠距離物理ユニット。通常版と比べると速さは改善したがやや得意だった守備と魔防が大幅に下がっている。
武器の「鏑矢」はターン開始時に敵の中で最も速さが高い敵の速さを下げる「速さの封印」を内蔵している。
攻撃速さがやや高めで、A・Bスキルが攻撃速さに関係することもあってアタッカー寄りの性能。鏑矢はサポート寄りの性能だが、やや前のめりなステータスのため勇者の弓や火薙ぎの弓に持ち替えるのも手。弱点も増え、飛行特攻には気をつけたい。

初登場時は正月にちなんだ福袋として限定課金アイテムが販売され、この中にオーブなどとともに含まれていた。この個体は他の配布キャラと同様、個体によるステの得意不得意はない基準値である。

氷雪の花嫁 フィヨルム

*Wedding*


ニフル王国の第二王女
 フィヨルムと申します。
 に、似合っているでしょうか…?

属性
兵種杖/飛行
武器ギャッラルブルー(専用)
補助レスト+
AHP攻撃2
B幻惑の杖3
C先導の伝令・地3

2019年ジューンブライド超英雄。ニフルの伝統的なウェディングドレスに身を包んでいる。オリジナルキャラで(敵専用を除いて)3バージョン目が出たのは彼女が初となった。通常版やお正月版と比較するとHPと攻撃は上がったが、守備がかなり低くなっている(3バージョンの中で一番低い)。
『ギャッラルブルー』は十字方向のHP3以上低い敵の相対条件で補助スキルの使用・被使用ができなくなる状態異常を付与するというもの。応援や移動系で共謀・連携も封じられるだけでなく踊る/歌う系も封じられるため、特に飛空城における相手側の要求HPを高くできる。
Cスキルの『先導の伝令・地』はターン開始時に周囲1マスの歩行/騎馬/重装の味方に「周囲2マス以内の味方の隣接マスに移動可能」状態を付与と味方の歩行/騎馬/重装の機動力を上げさせるサポート能力となっている。
だが、紙耐久な為、お正月版同様に飛行特攻にレイヴン系の魔道や近接武器には気をつけたい。また状態異常を回復するレスト持ちも警戒しよう。

実装と共に追加された外伝では、フィヨルムが初めてみる異界の自分の姿に一瞬戸惑う様子が見られる(正月版では異界の自分と顔を合わせることがなかった)。
また、通常・正月版の台詞や第二部ストーリーの展開からシリーズで言う「主人公の嫁ポジション」に近い人物であったが、このバージョンでそれが極まった。

余談

外見と盾のスキルから一部のユーザー達からは別作品あのキャラと似ているまで言われ、なおかつ中の人も同じ。ちなみにパオラの中の人の種田梨沙も演じていたため、新旧ボイスとして共演出来た。あと、爆裂魔法使い絡みでも中の人が同じで、その場合、シャロンと新旧ボイスとして共演。
また、中の人&氷繋がりで「○○のオタンコナス!」引きこもりエルフもどきを連想するユーザーも少なくない。

関連イラスト

ライト
フィヨルム
私、頑張りますから
センシティブな作品



関連タグ

アルフォンス/シャロン/アンナ/スリーズ/フリーズ/ユルグ/レーギャルン





























氷の儀の代償の真実(ストーリーネタバレ注意)

ストーリーでフィヨルムがスルトを討つために行った氷竜ニフルの力を得る「氷の儀」の供物は、炎竜ムスペルの「炎の儀」と同じく人の命であり、作中ではスリーズの命と共にフィヨルムの命も儀式の供物として捧げられていた。

フィヨルムは仇討ちの後も生きてはいるが、2部のエピローグでフリーズから「残された時間が長くない」ことを示唆されている。
フィヨルム本人は「スルトを討てるなら、いつ死んでも本望」と思って儀式を行ったが、召喚士をはじめとする特務機関の人達と触れ合ったことでその心が揺れ動いていることを感じており、「まだ生きていられるのは姉様のおかげなのかもしれません」と姉スリーズに感謝しつつ、生きている間にできるだけ特務機関へ恩返ししていくことを誓った。

関連記事

親記事

ファイアーエムブレムヒーローズの登場人物 ふぁいあーえむぶれむひーろーずのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フィヨルム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1689282

コメント