ピクシブ百科事典

ジューンブライド

じゅーんぶらいど

6月に結婚式を挙げる花嫁のことを指す。
目次[非表示]

概要

英語名であるJuneはローマ神話ユピテル(英語でジュピター)の妻ユノ(ジュノー)から取られた。ユノが結婚生活の守護神であることから、6月結婚式を挙げる花嫁を「ジューン・ブライド」(June bride、6月の花嫁)と呼び、この月に結婚をすると幸せになれるといわれる。

日本におけるジューンブライド

日本におけるジューンブライドの発祥は1960年ごろに遡る。そもそもが高温多湿な環境であり、式場内の空調設備も今ほど整っていなかったため、湿気の漂うこの時期にはなかなか結婚式を挙げるカップルは集まらなかった。そのため、ホテルオークラ(東京)元副社長の橋本保雄氏がジューンブライドの伝承を宣伝に利用しようと提案した結果、それが日本においても一般的な言葉として浸透したのが始まりだという。

フィクションにおけるジューンブライド

ひだまりスケッチ」では、ゆのが名前絡みで結婚の女神扱いされた。
らき☆すた」では、従姉の小早川ゆいが結婚した件で、泉こなたは「ヘラって嫉妬深いイメージある」と発言して台無しにしている。

余談

結婚式での新郎新婦、特に新婦の写真を撮る際は、晴れの日よりも少し曇っている方が良いと言われている。
新婦の場合、ウェディングドレスは大抵の場合白基調なので、晴れだと光を反射して光ボケしてしまうのである。曇りなら余分な光が遮られ、顔に強い陰影が出にくくなり、柔らかい感じになるので、梅雨に突入する6月の天気は丁度いいのである。

関連イラスト

mariage
June bride
ジューンブライド真実ちゃん



関連タグ

結婚 結婚式 花嫁 ウェディングドレス 6月

表記揺れ

ジューン・ブライド 6月の花嫁 六月の花嫁

pixivに投稿された作品 pixivで「ジューンブライド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1875873

コメント