ピクシブ百科事典

オリヴィエ(ファイアーエムブレム)

おりゔぃえ

ゲーム『ファイアーエムブレム 覚醒』の登場人物。
目次[非表示]

「は、恥ずかしいです〜!」

プロフィール

初期兵種踊り子
誕生日8の月の20日
軍の中で一番歌が上手い
CV松嵜麗


概要

各国を旅するキャラバン踊り子クロム達の助けになると思ったバジーリオの考えにより仲間になる。怖がりで引っ込み思案だが、部隊や戦場に立てば立派な踊り子として活躍する。
過去に金持ちに言い寄られて困っているところをバジーリオに助けてもらったことから彼のことをとても信頼している。
ロンクーフレデリクとの支援会話でわかる事だが、剣士としての素質がある模様。(前者ではロンクーとバジーリオの太刀筋の違いを指摘しており、後者では「軽い剣を使って戦うのがよろしい」とアドバイスを受けている。また兵種変更で「剣士」になれる。)

ゲーム中の特徴

戦闘力は非常に低く初期状態では一撃でやられてもおかしくないほどか弱いが、行動済みのユニットを再行動させる「踊る」コマンドが使えることが売りのユニット。

「踊り子」は彼女専用のクラスであり、クラスを継承する子世代キャラクターも「踊り子」にはなれない。
チェンジプルフを使う事で別のクラスへの転職は可能なので、ステータスの底上げやスキル習得を狙う場合は別のクラスを経験するのもいいだろう。(他のクラスでは踊ることは出来なくなるが)
剣士」から「アサシン」になれば気弱ながらも「滅殺」を繰り出すというギャップを楽しむことも可能。「踊り子」のままでも剣が持てるので、ステータスとスキルさえ整えば戦力として通用する「踊り子」にもなれる。
ただしパラメータ上限の関係上高難易度で「踊り子」として前線で活躍は少し厳しい。ペガサスナイト系になることができるため、子供に「疾風迅雷」を引き継がせることができるのもメリット。

限界補正はそれぞれ
HP:0 力:0 魔力:0 技:1 速さ:1 幸運:0 守備:-1 魔防:-1
となっている。こう言っては何だが、あまり特徴がない

本作の主人公であるクロムと結婚できる数少ないユニットだが、仲間になる時期(クロムの結婚イベントが発生するその章で加入)の関係で普通にプレイして結婚させることはまず不可能であり、彼女とのカップリングを成功させたい場合は、他の恋人候補を事前に支援Sにするか逆に好感度の上昇を完全回避し、さらに加入直後のクロムとオリヴィエをダブルで戦わせ続けたり「絆の種」を使ったりと徹底したプレイを行う必要がある。
彼女とのカップリングが成立した場合は第11章クリア後に支援が強制Sとなるが、C~Aの会話については未読であってもクリア後の支援会話回想で見れる(周回プレイやオリヴィエカップリング不成立でもAまでは見ることができるが)。

息子はアズールであり、彼女同様に恥ずかしがり屋であるが実は「ダンサー」志望だったりする(ただし「踊り子」はオリヴィエ専用であるためアズールは「踊り子」にはなれないが)。

ヒーローズ

配信開始時から実装されており、英雄戦でも入手できる。属性は剣・歩行。

覚醒の初期値同様HPや守備が低く、単純な強さだけなら他の剣士に比べると大きく劣る。
しかしオリヴィエは補助スキル「踊る」で味方一人を再行動させることができる。本作はマップが狭いため、再行動による恩恵が特に大きい。また他に再行動させることができるアクアニニアンは共に☆5限定キャラであるため、無料で入手できるオリヴィエの需要はとても高い。

2017年9月末には期間限定の別衣装Verが登場。こちらは武器が暗器になっている。
武器の「舞踏会の扇子」は攻撃後周囲1マス以内にいる味方のHPを7回復し敵の守備魔防を7下げる。通常版同様「踊る」を持ち、スキル「業火の舞」により「踊る」で再行動させた味方の攻撃を強化できる。
ステータスの総合値はそれほど高くないが、敵の弱体、味方の回復・強化・再行動が可能とサポート役としては非常に優秀な性能となっている。

関連イラスト

オリヴィエかわいいよ
オリアズ親子



関連タグ

バジーリオ アズール(ファイアーエムブレム) 踊り子 ファイアーエムブレム覚醒 ファイアーエムブレム ソレイユ(FEif)
ルフオリ クロオリ カラオリ ロンオリ ソルオリ リベオリ
ヴェイオリ ヴィオオリ ドニオリ ガイオリ グレオリ ヘンオリ

pixivに投稿された作品 pixivで「オリヴィエ(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54241

コメント