ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

タグとしては、「アズール」のみの登録数の方が多い。


「は、恥ずかしいよ…」


プロフィール編集

初期兵種傭兵
誕生日8の月の7日
軍の中で一番夜中に出歩いている
CV木島隆一

概要編集

オリヴィエの息子でルキナとともに過去にやってきた未来の子供たちの一人。初期クラスは傭兵。

女性の為にと砦に潜伏する敵に立ち向かうところ、クロム達に遭遇する。


上記のように(といっても実際は後述のナンパ目的であったが)単身で敵のアジトになりふり構わず向かったり夜中に出歩いていたり挙げ句特技は踊りなのに他人に見られるのは恥ずかしい等どこか軽いというより恥ずかしがり屋ながらも健気に誰か(ナンパ相手を含む)の役に立ちたいという好青年である。

オリヴィエ同様恥ずかしがり屋なため、ダンサーを夢見ているものの恥ずかしくて仕方がなかった。

その際オリヴィエに「異性に話しかけること」を薦められ、その結果ナンパ癖がついてしまった。

が、ナンパは上手くいくことがなく、ナンパにつき合わせたはずのブレディジェロームの方が声をかけられる始末。シンシアからは「どこかいいところあったっけ?」と扱われるほど。だが、ンンから「黙っていれば、ちゃんとした女性が向こうから現れるはずなのです。」と言われるくらいには、仕事はしっかりこなす上にイケメン。

自身も奥手なオリヴィエがなぜその克服にナンパを進めたかは彼女とあるキャラとの支援会話で明らかになる。


物心ついた時には既に父親はおらず(彼曰く「よく覚えていない」)、母親であるオリヴィエに育てられた(踊りだけでなく、剣術もオリヴィエに教えられた)。オリヴィエは屍兵の攻撃からアズールを守った際、致命傷を受けて死亡。彼はその時の事がトラウマになっている。


公式サイトの人気投票では男性6位となり、子世代ではウードに次ぐ順位となった。


誕生日は8月7日。この日はシリーズ11作目となる『ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣』の発売された日でもある。


ファイアーエムブレムifラズワルドというそっくりなキャラが登場。詳しくは当項目参照。


ユニット性能編集

ユニットとしては大変優秀で、初期クラスが傭兵のため『武器節約』に『後の先』といった非常に便利なスキルを父親に関係なく覚える事ができるのが強み。また、チェンジプルフで剣士になる事も可能なため、ソードマスターの『流星』やアサシンの『滅殺』といった強力なスキルも覚えられる。

母親のオリヴィエが固有クラスの踊り子と女性専用職のペガサスナイトの為か、彼のチェンジプルフ先は傭兵、剣士、蛮賊と父親のクラスとなっている。


どんな父親でも十分に強いユニットとなれる可能性があるが、特に注目すべきは、クロムが父親となった場合のアズールで、クロムの息子は(主に)技の数値が発動に関わるスキルの発動確率を10%上昇させる『王の器』を固定で継承する事になる。たかが10%と侮るなかれアズールに関してはアサシンのクラスで「滅殺」というスキルを修得出来、発動さえしてしまえば何らかのスキルで無効にされない限り相手を一撃で仕留められる。ところがこの「滅殺」というスキルの発動率は「技÷4」ととても低く、例え技を40くらいまで伸ばしてもやっと10%ほど…だがこれに上述の『王の器』が加わると単純に20%近くまで発動するようになる…そして(王の器)は「武器節約」にも影響し非常に武器が壊れにくくなるため大金はたいて錬成し強化したある意味貴重な武器で無双する運用も不可能ではない(これはオリヴィエ母ルキナでは「武器節約」のスキルが修得出来ない関係で不可能。)お分かり頂けただろうか?


つまり王の器で発動確率の上がった滅殺を、武器節約で消費を抑えた勇者の剣で攻撃回数を増やして更に発動のチャンスを増やす(オリヴィエから疾風迅雷を継承させればその後の追加行動も見込める)という、凶悪極まりないコンボも可能である。

ここまで来ると手が付けられない程の強さとなり、全味方ユニットの中でもトップクラスの戦力となり得る。


クロムとオリヴィエを結婚させるためにある程度の工夫が必要となるが、それをしてでもやる価値のある組み合わせと言えるだろう。(名前のアズールはフランス語で青色という意味である為、まさにイメージカラー通りの親子になる)因みにクロムが父親の場合、王者の印の聖痕はルキナと反対の右目の中にある(メイン画像)。


ヒーローズ編集

蒼穹のダンサー アズール編集

センシティブな作品

属性
兵種魔法/歩行
武器舞踏祭の輪
補助踊る
B疾風の舞
C攻撃の鼓舞

2017年9月の超英雄で最初に登場。


ステータスは踊り子故にどれも低めで器用貧乏。


覚醒では実現しなかった踊り子になっており、オリヴィエ同様「踊る」コマンドが使え、スキル「疾風の舞」により「踊る」で再行動させた味方の速さを強化できる。武器の「舞踏会の輪」は自分から攻撃した時、戦闘後、自分の周囲1マスの味方にHP7回復の生の息吹3を内蔵。武器やスキルの効果など同時実装のオリヴィエと同じような構成になっている。


花咲く春祭り アズール編集

属性
兵種弓/飛行
武器春兎の弓+
補助攻撃速さの応援+
A緑の死闘・飛行4
C攻撃速さの牽制3

2021年3月から超英雄として4年ぶりに登場。


舞踏祭版とステータスを比べると守備以外上回る。


春兎の弓はお馴染み飛行特効と敵のHPが75%以上の時は戦闘中、攻撃速さ+5かつ攻撃速さのデバフ無効。こちらは攻撃寄った編成で攻撃速さのデバフも受け付けないようにしている。しかし耐久面はないのは据え置きで飛行特攻の弱点が増えた事に注意。


花咲く笑顔 アズール編集

属性
兵種剣/歩行
武器見切り追撃の剣+
奥義月虹
A攻撃速さの密集3
B怒り3

2023年12月から通常版がようやく登場。恒例のミッション報酬で星5が2体配布され、後に星3、4枠で排出される。これで超英雄を含めば覚醒子世代が全員揃ったことになる。

ステータスは攻撃速さがかなり高めで他は平均値。

肩書は聞き覚えがある召喚師も多いだろう。


見切り追撃の剣はバレンタインカザハナが持っていた桜と薔薇の刀と同じ効果でレギュラー入り。


関連イラスト編集

アズにゃんオリアズ親子

【FE覚醒】並べてるだけ【アズール】


関連タグ編集

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレム覚醒 オリヴィエ(ファイアーエムブレム) アズール※曖昧さ回避


ラズワルド


組み合わせ関連タグ編集


オリヴィエ親子


セアダス…男性の踊り手繋がり。こちらは本家(再行動可能)。

関連記事

親記事

覚醒子世代 かくせいこせだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254379

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました