ピクシブ百科事典

ソレイユ(FEif)

それいゆ

ファイアーエムブレムifに登場するキャラ。百合っ子。
目次[非表示]

プロフィール

初期兵種マーシナリー
誕生日8月31日
軍の中で一番歌が下手くそ
CV鈴木絵理


概要

星界で育った、ラズワルドの娘。

父親の「辛い時こそ笑う」を信条にしている。
普段は他の子世代同様秘境に住んでいるが、時々外の世界で自衛団活動を行っている。
ある日、自衛団が全滅しそうなところを父親たちに助けられ、一同に加わる。

ナンパ好きな父親に似てしまったのか、女性にも関わらず父親同様女の子を見かけはナンパする百合っ子になってしまった
ただし、成功率は父親と違い100%である(ラズワルド曰く「女の子だから当たり前だ」とのこと)。
しかも仲間のオフェリアゾフィーどころか自分の母親にまでナンパを仕掛ける辺り筋金入りにも程がある。かわいければ男でもよくフォレオにもナンパしている。
さらに「街で見かけた可愛い子にいきなり後ろから抱きつこうとする」などもはやただの変態なんじゃないかというような行為も…(透魔編ミタマ曰く「飽きれて歌すら思いつかない」)
と言ってもシャラのように同性婚はできない。そのためファッションレズ疑惑を持つ人もいる。そうでない場合母親どころか牛まで恋愛対象となってしまう為でもある。
またカムイ♂とのS支援の内容が問題となり、北米版では内容が差し替えられている。

なお、ある意味対極の存在である腐女子エポニーヌに対しては、最初こそ互いに強いライバル心をむきだしにしていたがやがて相手の趣味にも興味を持つようになる。
父親の主君マークスの息子であるジークベルトにはいつか自分も仕える主君として見ており、DLC『泡沫の記憶編』においては王子としての重責に思い悩む彼の本心を汲み取っており、自身と似たような境遇である白夜の忍者と意気投合している。

軍の中で一番歌がヘタクソである。この点は祖母と正反対。たとえ母親が歌姫でも、その才能はへ遺伝されるため変わらない。リズム感もなく踊りのセンスもいまいち。
それでもソレイユのヘアバンドはそのおばあさんがしているそれととてもよく似ており(本人曰く店で衝動買いしたらしい)DLC『泡沫の記憶編』をはじめとした公式の髪色はそのおばあさんと同じ。
支援会話でもラズワルドのダンスを見ていた時にソレイユがおばあさんと同じようなアドバイスをしていたとラズワルドに評されている(さらに言えば本編終了後に独身だった場合に限り、猛特訓して踊り子になったといううわさ話が立っている)。
恥ずかしがり屋の父や祖母と違い、羞恥心はあまりなく男の前でも平気で着替えようとし、見せられる男のほうが困惑している。
しかし踊りの練習をしようとしているところを見られるのはなぜか恥ずかしいらしく本人曰く『踊りの練習を見られるくらいなら、下着姿で外を走り回ったほうがマシだよ!』らしい。
マイキャッスルの温泉で男主人公が彼女に遭遇してもほとんどの面々と違って恥じらうことなくそれどころか『なんで目をそらすの?』と言い出す(ちなみに女主人公がラズワルドに温泉で遭遇した時はやはりというか、『うれしいけど…恥ずかしいよ!』といった反応である)。
しかし、主人公と結婚した状態でifパルレを行うと…?

ユニット性能

初期兵種は父親同様マーシナリー。
また、父親から暗夜で貴重な忍者素質も継いでいる。
能力傾向は母親にある程度依存するが、彼女自身は力と守備が伸びやすく何と魔力以外の伸びは平均以上と言う凄まじい成長率を誇る。兵種の影響は受けるが。
特に力の初期成長率はあのエルフィと同じというのだから驚き。エルフィは鉄を握りつぶしたりするのだが、もしかしたらソレイユも…?

専用スキルは自身の後衛が女性だった場合与ダメージ+2・被ダメージ-2の効果がある「女の子好き」。
編成に依存するがその分狙えばスキルの発動はさせやすい。特に女カムイを後衛に置くと、専用スキル「不思議な魅力」に加え、通常の支援効果も重複し、あらぬことになってしまう。
惜しむらくは彼女に同性婚がないため、支援Sにはなれないことか…。

関連項目

ファイアーエムブレムif 暗夜王国 ラズワルド

pixivに投稿された作品 pixivで「ソレイユ(FEif)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181751

コメント