ピクシブ百科事典

カアラ

かあら

「ファイアーエムブレム 烈火の剣」に登場する人物。
目次[非表示]

CV:諏訪彩花(ヒーローズ)
初期クラス:ソードマスター

概要

「剣姫」の異名を持つ剣魔カレル。前作封印の剣に登場するフィル母親ヘクトル編のみに登場する。

仲間にする条件は他のキャラクターと比べると特殊であり、ウォーリアLv.5以上に育てたバアトルを31章外伝に出撃させると登場する中立軍のカアラに話し掛け、行われるイベント戦闘に1ターン生き残る、というものである。この時反撃出来る武器(特にソードキラー)を装備していた場合に反撃で倒してしまうと仲間にならない(生き残ればセーフ)。だが武器を持っていないと相手にすらされないのでバアトルが育ちすぎた場合は弓を持たせておくこと。

同じくヘクトル編限定のファリナと比べると成長率はあまり高くなく、ソードマスターの弱体化や出撃できる章も最大4章(終章を前後に分けた場合)と少ない為に使うにはを要するが、容姿から愛でて使った、というプレイヤーは意外といるのではないかと思われる。実際の所、バアトル育成の手間を考えるとそれに見合ってる強さとは言えず、前作をプレイした人のためのファンサービスの側面が強い。

兄のカレルに一族を全て斬られた際、当時のカアラは斬るに値しないと見逃され、それ以来彼を追っている。尚、追っている最中にバアトルと戦ったことがあるが返り討ちにしている(ファイアーエムブレムの3すくみを考えればバアトルにとっては相性の悪い相手である)。
閉鎖的な環境であるサカ出身かつ兄と再会することにしか興味がなかった為、世間に疎い。

バアトルと支援会話を進めればエンディングで結ばれることが分かる(進めなくても結ばれてるようだが)。しかしながら封印の剣の支援会話によると、フィルを生んだ後に病没している。

ファイアーエムブレムヒーローズ

ファイアーエムブレム ヒーローズ / 剣姫 カアラ



属性
武器種別
タイプ歩行
武器剣姫の刀(専用)
奥義竜裂
B怒り3
C速さの波・偶数3

2018年6月8日に実装。
既に参戦しているはもちろん、との夢の競演が可能となった。時系列はごっちゃだが、まあ気にしないでおこう。原作では出撃できる章が少なかったが、ここでやっと好きなだけ出撃できる。難点は兄と共に最高レアリティのみの排出となっていることか…。
ステータスは攻撃・速さが抜きん出て高く、特に速さの基準値40は全キャラクター中最速であり、更に速さ得意で+4となるばかりか、「速さの波・偶数」の効果で偶数ターンに更に+6されるという速さの鬼。

専用武器の「剣姫の刀」は奥義カウントを1減らす効果に加え、自身の速さが相手より速い場合に速さの差の70%の追加ダメージを与えるという特殊な効果がある。なおこの追加ダメージは最終ダメージに追加ダメージを上乗せするという仕様上、ダメージを1.5〜2.5倍にする星系奥義の効果は得られず、またどんなに速さの差があっても最大7ダメージ上限となっている。

攻撃性能は剣キャラクター屈指だが、反面守備と魔防は壊滅的に低いのが弱点。
速さの都合上、スキル効果に頼らない限り追撃を受けることは極々稀なので、高めのHPも合わさり一撃死する事は少ないが空白のAスキルに「死線」などを積んでしまうとその限りでは無いので注意が必要。

追加当時はかなり注目されたが武器の追加効果が相手の速さに影響するため安定感は無く、速さが高すぎてもダメージ上限があるため「怒り」と奥義を併用しないと思った程火力が望めないので、住み分けこそできているもののアイラの地位を揺るがすほどには至っていない。
あちらは相手の速さに影響されず、自身の速さの割合値を上限なくダメージに上乗せできる専用奥義があり追撃されないほどの速さと剣キャラでも上位に食い込む守備の高さを誇り抜群の安定感。ただし、武器スキルと専用奥義があまり噛み合ってない他、奥義スキルは怒り込みで使えばカアラがやや高い。

関連イラスト

カアラさん
青椿


カアラちゃん
FE 剣士親子



関連タグ

ファイアーエムブレム 烈火の剣 
カレル バアトル フィル ファリナ ヴァイダ
黒髪ロング 女剣士

アイラ:オマージュ元
リンディス:烈火の剣発売前はこちらがフィルの母親ではないか?と推測されていた。
エリーゼ:同シリーズにおける中の人繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「カアラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 347395

コメント