ピクシブ百科事典

カレル

かれる

ヨーロッパ系の男性名。ここではゲーム「ファイアーエムブレムシリーズ」のキャラクターについて解説する。
目次[非表示]

カレル(Karel, Carel)は、ヨーロッパ系の男性名。
チェコスロバキアポーランドオランダベルギーなどに見られる。

曖昧さ回避

実在の人物


架空の人物

概要

クラス:ソードマスター(封印/烈火)
CV:間島淳司(FEヒーローズ)

ゲーム『ファイアーエムブレム 封印の剣』および『烈火の剣』の登場人物。『封印の剣』に登場するフィル伯父であり『烈火の剣』に登場するカアラである。

封印の剣(剣聖)時代

カレルさん


封印の剣では剣聖と呼ばれる名の知れたソードマスターであるが世の戦いには興味を示さず隠居している。しかしながらフィルやバアトル(カアラのにあたるので義弟と言える)の説得によりロイの軍勢に加入する。

レベルは19と残り1つの成長しか残していないが、パラメータによっては2上昇するものもあるなど成長率は異常に高い。しかも初期パラメータもかなり高くソードマスターが育っていなければ(または育っていても)十分に使う価値があるキャラクターとなっている。非常に温厚な性格であり戦いをあまり好んではいない。また武人としての道を悟った彼の元には、フィルをはじめ、ルトガーツァイスなどが、その剣術や自らの道についての教えを請うために慕っている

烈火の剣(剣魔)時代

剣魔


しかしながら20年前の烈火の剣では剣魔と呼ばれており、辻斬りでもやってるのではないかとも言う程好戦である。

ユニットとしては弱くは無いが封印の剣と比べるとソードマスターが他にいれば使う価値はそれ程無い。しかも言動が少しアレである

サカ草原に住まう剣士一族の出身であったが、ただ強さを求めて各地を彷徨い、人を斬れるのであれば誰でもよかったと言うほどの苛烈な道を歩む。そして自らの強さを確かめるため過去にカアラを除く一族全員を斬っており、のカアラですら時が来れば斬ると宣言している。その後二十年の間でどう変わって温和になったのか詳細は不明であるが、本当の強さとはただ相手を斬る事では無いと悟り、ベルンの片田舎に落ち着いて隠居、封印の剣のストーリーへと至ってる。

ヒーローズ

剣魔カレル

ファイアーエムブレム ヒーローズ / カレル


属性
武器種別
タイプ歩行
武器倭刀+→無銘の一門の剣(専用)
奥義血讐
パッシブA攻撃の覚醒3
パッシブB攻め立て3
2017年3月に烈火時代のカレルが登場。初の倭刀持ちとして登場した。体力と速さが高いが攻撃と魔防が低い。体力と速さの高いカレルは奥義カウントの低い血讐との相性が良く、すぐに発動する事が可能で倭刀+の効果で奥義でのダメージ+10と固定ダメージを与えられる。さらに攻め立てで体力が減っていれば二回連続攻撃が可能になるため低い攻撃面をカバーする事が出来る。
上述の通り、攻撃がやや低く素でのダメージの通りが良くない。さらに剣歩兵は競合に激しいためかあまり使用率は高くない。血讐でも体力が減っていないと効果がないため獅子奮迅で体力を削りながら戦うやり方が最適。魔防も低いのでこちらにも注意が必要。
後に姪ともども専用武器『無銘の一門の剣』を獲得。キルソード鍛+の上位互換で錬成すると倭刀と同じ効果も追加でき、簡単に言えばオートクレールの剣版。錬成まで時間はかかるが強化すれば高い戦力になるだろう

関連タグ

封印の剣 烈火の剣 フィル カアラ バアトル

同じ由来を持つ人名

カール シャルル カルロ チャールズ キャロル / カロル カレル
カロラ シャルロッテ / シャーロッテ シャルロット カロリーナ / カロリナ カルラ シャーロット

pixivに投稿された作品 pixivで「カレル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111708

コメント