ピクシブ百科事典

ニーア

にーあ

『ニーア』 (NieR) とは、キャビア開発、スクウェア・エニックス発売のアクションRPG『ニーアゲシュタルト』『ニーアレプリカント』の総称、及びそこに登場する主人公の名前である。
目次[非表示]

※ニーア新プロジェクト「ニーア オートマータ」についてはこちら→NieR:Automata

ゲームについて

鬱ゲーの傑作として名高い『ドラッグオンドラグーン』を手掛けたチームによる開発ということで注目を集めた。DODと同じく癖の強い設定こそ多いものの、作風は王道となっており、ユーザー間の評価も高い。

筋書きとしては、主人公のニーアが黒文病という病に冒された肉親、ヨナを救うために冒険へ。
マモノと呼ばれる異形の怪物と戦いながらニーア達は黒文病の治療法を探していく、というもの。

発売されたハード別のサブタイトル、レプリカントゲシュタルトとで、主人公ニーアの年齢・外見が大幅に異なっているのが大きな特徴。
それに伴い、ヨナとの関係も、レプリカントでは兄妹、ゲシュタルトでは親子と異なる。
またレプリカントは声優及びセリフは日本語だが、ゲシュタルトは英語声優+日本語字幕と、演出も違っている。ただし、ストーリーそのものに両者とも大きな変更はない。

Xbox360(ゲシュタルト)、プレイステーション3(レプリカント)でそれぞれ、2010年4月22日に発売。海外ではPS3・XBOX360ともにゲシュタルトのみ発売され、タイトルが「NIER」に改められている。

登場人物

主人公(ニーア)カイネ
wニーア
kaine
ヨナデボル&ポポル
おにいちゃん
デボポポ
白の書エミール実験兵器7号
白の書
泣く
仮面の王フィーア
【ニーア】仮面の王。
新作動画上げました
黒の書テュラン
無題
無題


主人公・『ニーア』

Gestalt - Replicant


とある小さな村で、唯一の肉親であるヨナと2人で暮らす男性。
原因不明の不治の病、「黒文病」を発病したヨナの病状を少しでも和らげるため、仕事に励む日々を送っていたが、とあるきっかけで出会った喋る本・白の書の力で黒文病を直せるかも知れないという事を知り、ヨナを救うために『失われた言葉』を探す旅に出る。

正義感が強く実直で、お人よし。たいへん仲間想いで、白の書やカイネエミール、村の人々、そしてヨナを大切に思っている。
その反面、敵対する者には容赦が無く、また目的のためには手段を選ばない危険な一面を垣間見せることもある。

なお、pixiv内ではレプリカント側とゲシュタルト側の主人公を区別するためそれぞれを『兄ーア』『父ーア』と呼び分けることがある。

兄ニーア

ちびニーア
【祝】ニーア【発売】
少年期(16歳)(CV.岡本信彦)青年期(21歳)(CV.遊佐浩二)

レプリカント』版の主人公。
幼い頃に両親を亡くしており、ヨナとは兄と妹の関係。2人きりで育ったためかヨナの事を(依存気味に)大切にしている。少年期の頃は、歳の割には純朴で元気な少年らしい性格だが、青年期では影が濃く、荒んだ言動も目立つようになる。少年期の髪型がやけに独特なのには、公式で理由がある。

誕生日は6月6日。兄の日。本当は父ニーアと同じく9月11日に設定する予定だったらしいが、うっかり仮設定の6月6日のままでマスターアップしてしまったとの事。
仮設定が兄の日だったのもたまたまだった(ユーザーからの指摘で知った)との事。

父ニーア

Nier
nier
物語開始時(39歳)(CV.Jamieson Price)第二幕開始時(44歳)(CV.Jamieson Price)

ゲシュタルト』版の主人公。
妻に先立たれ、一人娘であるヨナを(やや過保護気味に)溺愛している。
見た目どおり豪気な性格で、既婚ゆえに含蓄のある台詞をしばしば放つ。
物語後半からは右目に眼帯を着用している。

誕生日は9月11日。ドラッグオンドラグーンの発売日でもある。

関連動画

レプリカント

ゲシュタルト


関連イラスト

NieR RepliCant
NieR RepliCant


6/6 Happy Birthday NieR
5th anniversary



関連タグ

NieR
ニーアレプリカント ニーアゲシュタルト
NieR:Automata

新宿ED

百獣の剣王 鉄塊 鉄パイプ

評価タグ
NieR100users入り
NieR500users入り
NieR1000users入り
NieR5000users入り
NieR10000users入り

pixivに投稿された作品 pixivで「ニーア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12799291

コメント