ピクシブ百科事典

ニーア(グラブル)

にーあ

Cygamesが提供するソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」に登場するキャラクター。嘆きの恋人「ニーア」
目次[非表示]
  • フレーバーテキスト

其は運命を構成せし終焉の “死”
万事が辿る変遷の果てに、秘めやかなる破滅を捧ぐ。
星と契るは恋情燃ゆる “恋人”
熱情の花は、芳醇たる別れに溺れる


「私はニーア……
お願い……私を愛して……私を認めて……」


概要

レアリティSSR
属性
タイプ/武器特殊/斧・短剣
種族エルーン
年齢17歳
身長156cm
趣味本の執筆
好き読書、空想
苦手拒絶
CV下屋則子


グランブルーファンタジーコンテンツアーカルムの転世の中の十賢者の一人。
タロットカードの大アルカナにある『恋人』にあたり、アーカルム石デスと契約している。

人物

長い黒髪に黒耳と赤眼のエルーンの少女で、腰にリボンをあしらった黒い膝丈のワンピースの上から、賢者たち共通の赤いケープが付いた紺色のローブを被っている。左耳には耳飾りも見える。

おどおどした内気な少女。
魔物に襲われそうになっていた彼女を助けた主人公達は、彼女から世界を救ってほしいと依頼を受ける。
空の世界を守るため依頼を受けることになるが、その依頼の本当の意味を知った時、彼女の過去と狂気に触れていく事になる。

性能

バージョン奥義アビリティサポートアビリティ
SSRクラーゲン・トーテンタンツ死ト愛ノ世界/愛シイヒト/終焉ノ愛愛ヲノゾム意思/死の逆位置/恋人の正位置


強力なバフを撒きつつ短期間に大火力を叩き込むことが得意な変則型アタッカー。
固有スタックバフの「愛ノ救イ」により非常に高い防御力を持つ反面、それが0になると問答無用で戦闘不能になるというとんでもないデメリットを持つ。
何もしなくともターン毎に2ずつ減っていく為、短期決戦における鉄砲玉や強敵相手の最後の一押しが主な役割となる。
大きなデメリットを持つだけあってアビリティはいずれも高性能であり、その上CTも短めと火力面では非常に優秀。
「愛ノ救イ」が少ないほど奥義性能が上がる為、自身の火力も申し分無い。
またアーカルムの賢者共通のサブメンバー配置時に効果を発揮するサポートアビリティを持ち、こちらでは不意の大ダメージによる主人公の戦闘不能を防ぐことができる。

なお、ビカラのアビリティである『エンチャンテッド・ドリーム』と死ト愛ノ世界は共存できず、どちらかが発動済みだともう片方は効果を発揮しない。両者を同じパーティーに編成している場合は発動しているアビリティも把握した方がいいだろう。

彼女のサポアビである「死の逆位置」は、闇属性の主人公が瀕死状態でない限り、そのターン中は不死身という前代未聞な効果があったのだが、9月に始まった『バブ・イールの塔』でドクターを利用したコンボがバランスブレイカーを極めていた結果、不死身回数が13回に制限されることとなった。

スキン

グラブル夏の生放送スペシャルで水着スキン『水辺で微笑みし濃艶なる恋人』がリリースされることになった。しかし、トレンドにはもう一方の浴衣スキンがリリースされるアラナンがトレンド入りすることに。

関連イラスト

ニーア
ニーア


ニーア 💀
大丈夫、あなたを傷つける者、私とデスが全部、消す・・・から



関連タグ

グランブルーファンタジー アーカルムの転世
メンヘラ ヤンデル 狂人
救いはないんですか!?


キャル(プリコネ)...自社繋がりで見た目も似ている(属性も一致)。不幸、愛情に飢えていたり等あまりに共通点が多い。一緒に描かれたイラストもわりと多い。

ニーア...名前のみだとスクウェア・エニックスのゲームNieRシリーズのイラストが多くヒットするため「ニーア(グラブル)」タグ推奨。

間桐桜…中の人が同じ、彼女の身に降りかかった不幸、愛情に依存しがちなところ等あまりに共通点が多い。ただし、家族関係や道を踏み外すに至った経緯などから桜の義兄との類似性を見いだす者も少なくない。
また、似た者同士な人外のパートナーがおり、深い絆で結ばれている点も一緒。















来歴(ネタバレ注意!)

彼女はとある島にある、有能な魔術師を輩出する名家の長女として生まれる。しかし彼女は幼いころから魔法の才能に乏しく、これまでの先人たちが当たり前に使っていた術もまともに使えなかった。最初は『努力すればいずれは』と考えてニーアを育てた両親だが、やがて妹のクーリエが誕生したことで、彼女の幸せな日々は崩れ落ちていく。
先祖代々、才能のある魔術師を輩出し続けてきた自分たちの家の名声と沽券にこだわっていたニーアの両親はニーア自身ではなく、ニーアが持ちうるかもしれない魔法の才能にしか興味がなかったのだ。才能のない姉に反し、クーリエは魔法の才能を早いうちから開花させたことで、両親はニーアを見限り、政略結婚の道具としてしか価値を見出さなくなり、邪魔者のように扱うようになる。クーリエもそんな両親の悪い部分の影響を受け、姉を嘲り見下す傲慢な少女に成長してしまうこととなり、ニーアは肩身の狭い思いを強いられ、内気で卑屈な少女となった。しかも使用人たちも全員が両親に同調して腫物扱いし、ニーアに味方する者は誰もいなかった。(のちにこれを知った主人公ルリアたちも憤りと悲しみを感じるほど)
それでもなお、両親から愛され、認められたい一心で彼女は魔法の特訓を繰り返すが、それでもやはりうまくいかなかった。
そんなある日、家の書庫から彼女は『デス』のカードを偶然に手に入れる。


それが、彼女の血濡れた悲劇の始まりとなった……

関連記事

親記事

アーカルムの十賢者 じゅっけんじゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ニーア(グラブル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5099498

コメント