ピクシブ百科事典

キャラバン

きゃらばん

キャラバンとは、ペルシャ語の「カールヴァーン」(Karvan)に由来する言葉で、日本語では「隊商」若しくは「商隊」。またはそれに由来する、日産自動車が販売している自動車。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 隊商」もしくは「商隊
  2. 日産自動車が販売している自動車。
  3. キャンピングトレーラーの欧州での通称。モービルホーム
  4. 無料オンラインゲームのひとつ。
  5. スポーツ製品の製造・販売を行う会社
  6. 7人目のスタンド使い」に登場するスタンド


本記事では2の日産が販売している自動車について説明する。
1の「キャラバン」については隊商を参照。

日産・キャラバン

ワンボックス最上位クラス(ショートボディ4/5ナンバー、ロングボディ4/3ナンバー、スーパーロングボディ1ナンバー)の乗用車/商用車/乗合車。乗合車は8t限定でない中型免許か大型免許が必要。
途中で合併したプリンス自動車の「ホーミー」と姉妹車になる。この際、キャラバンは初代E20型の途中だったが、ホーミーが初代V640/B640型からモデルチェンジする形で合流したので、ホーミーの方が代が一つ多くなる。
ちなみに、2代目以降のホーミーは旧プリンス自動車の系統(スカイラインなど)を主に扱う日産プリンス店で販売されたが、例外として沖縄日産プリンスではとある事情から日産店と同じキャラバンに切り替えられた。

自動車型はトヨタのハイエースが貨客両用車「ワゴン」を名乗ったのに対し、日産はより乗用車としての完成度・豪華さを打ちだし「コーチ」を名乗った。
(しかし、後にハイエースもキャラバンに対抗して高級車路線を打ち出してくる)
ライバルは他にマツダボンゴブローニィいすゞファーゴがあった。

ライバルのハイエースとボンゴブローニィの商用車にはそれぞれリアタイヤを小径ダブルタイヤとし、荷室にリヤタイヤハウスの張り出しを設けない形式(トヨタは「ジャストロー」と呼んでいた)があったが、キャラバンには2代目(ホーミー3代目)まで存在していなかった。
そこで3代目(ホーミー4代目)E24型バンから「平床」と呼ばれる同様の仕様車を出したが、小径ダブルタイヤではなく、特殊サイズの扁平タイヤを4輪ともに使うことで実現した。
リヤ小径ダブルタイヤは交換時に煩雑だったり、またフロントタイヤと径が異なるためスペアタイヤを2本装備しなければならないなどの煩雑さがあったが、日産方式ではそれらのデメリットを打ち消した。また4WDの採用が簡単というメリットもあり早速投入している。
(前後異径でもフロントアクスルとリアアクスルの歯車比を調整することで4WD化は可能で、ボンゴブローニィでは後に登場しているが、ハイエースバンでは登場していない)
これに対抗してトヨタもリア小径ダブルタイヤを日産よりもさらに小径の特殊扁平タイヤにした「スーパーシングルジャストロー」を投入する。平床車のウィークポイントである床面地上高が日産方式より優れる半面、「スペアタイヤ1本」「4WDの設定」は後もキャラバンの優位点となっていく。

1990年代のRVブームと安全意識への高まりから、1997年にE24型コーチの後継としてミニバン型のE50型「キャラバンエルグランド(「ホーミーエルグランド」)へとフルモデルチェンジ。この時はキャラバン/ホーミーのコーチの後継車として位置づけられていたが、同様に下位車種の「バネットコーチ」を引き継いだ「バネットセレナ」の商用車が振るわなかったこともあり、E50型は乗用のみの展開になった。
この為バンはE23型が継続生産となったほか、コーチも上位グレードを整理して廉価グレードのみ継続生産された。

1999年に販売チャンネル整理とともにエルグランドから「キャラバン」「ホーミー」の名前が消える。同時に「ホーミー」は廃止され「キャラバン」に吸収された。

2001年発売の4代目・E25型はE50型を意識したクラッシャブルゾーンを持つデザインとなった。また、バンとマイクロバスのみとなり、乗用モデルは発売されなかった。
2007年10月以降のモデルはガソリン車のみ5ATとなった。(ディーゼル車はキャラバンとしては4ATか5MT)

2012年6月に5代目「NV350キャラバン」が発売される。
詳細はNV350を参照。
なお、ハイエースに対する優位点であった「平床4WD」は設定されていない。

複雑なお家事情

下位車種の「バネット」、「バネット ラルゴ」は、「バネット セレナ」「ラルゴ」(1994年から「セレナ」に変更、なお「ラルゴ」は当初から「バネット」を継承しなかった)に乗用車形式を分家したのち、商用車はマツダの「ボンゴ」のOEMとなった。
しかし前述のように、ボンゴの基礎設計を流用しつつ拡大して作られる「ボンゴブローニィ」はキャラバンの競合車種であり、基本構造を一とする車両を一方は自分たちでも売り一方は敵対するという奇妙な構図が出来上がった。
当然日産はボンゴブローニィはOEMしていない。同様にボンゴをデリカとしてOEMした三菱は2代目デリカカーゴ(初代はデリカスペースギアの商用車型)として販売している。

一方、乗用車から撤退するいすゞが、乗用車部門が担当していた「ファーゴ」のユーザー救済の為、日産からOEMして販売することになった。
これがE23型時代は、「下位グレードはキャラバン仕様」「上位グレードはホーミー仕様」という事態になっていた。
なおE23型は自社製に引き続き「ファーゴ」を名乗っていたが、E24型以降は「コモ」に変更している。

関連イラスト

きゃらばんきゃんぱぁ(再)


競合車種であるハイエースと一緒に描かれたイラスト

トヨタハイエース&日産キャラバン
第45回衆議院議員総選挙カーレース



関連タグ(日産自動車)

NV350
エルグランド ホーミー
バネット セレナ ラルゴ NV200
日産 自動車 商用車

「宿敵」と書いて「とも」と呼ぶ関係

ハイエース

過去に存在したライバル

ボンゴブローニィ ファーゴ

pixivに投稿された作品 pixivで「キャラバン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45099

コメント