2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 打楽器の一種。
  2. MAZDAが販売する商用車。
  3. 魔神英雄伝ワタル2の登場人物。
  4. ボンバーマンジェッターズの登場人物。
  5. 動物の一種。→ボンゴ(動物)


打楽器のボンゴ

「ボンゴの音が聞こえたら・・・・」


ラテン音楽に多用される打楽器
17~18世紀に奴隷としてアフリカからキューバに送り込まれた黒人の打楽器が、キューバで改良されたもの。
大小2つの片面太鼓がつなぎ合わされ、小さい方をマッチョ(男)、大きい方をエンブラ(女)と呼ぶ。
エンブラを利き手側にしてに挟み、通常は素手で叩いて演奏するが、スティックを用いることもある。

商用車のボンゴ

すらむどぼんご


1965年から1975年3月まで、および1977年9月から販売が行われている。2020年7月までは自社製造を行っていた。

基本的にはトラックバンが設定されていたが、2代目の途中(1978年10月)から3代目にかけてはワゴンも存在していた。なお、ワゴンの後継車種は、ミニバンのボンゴフレンディ(1995年から2006年まで製造・販売)である。

1983年から1999年5月まで製造されていた3代目は1994年から日産自動車に対しバネットとして、1999年から製造・販売を行っていた4代目に関しては日産のほかにも三菱自動車デリカとしてOEM供給していたが、バネット、デリカのフルモデルチェンジに伴い、OEM供給が廃止された。

また古くは関係を持っていた起亜自動車でも名称までそのままに(マツダで言う)2代目/3代目を現地生産していたが、その後は名称以外マツダとは完全に別物の独自開発モデルになっている。
この「キアマスター/キア・ボンゴ」に関しては当初1BOXのみの名称だった(トラックは「キアマスター・1t」のような表記だった)のがトラックも「ボンゴ」になったかと思ったら1BOXが「ベスタ」になったり、かと思ったら自社生産車種の「プレジオ」を経てボンゴに戻ったりとかなりややこしい。(2022年現在はトラックのみが残っている。)
更には亜細亜自動車(後に起亜に吸収)でも3代目ベースの「トピック」という車種が生産されていた。

なお、4代目に関しては、実は3代目のフロント部分の衝突安全性を高めるためにその部分だけ改良したものであり、実際にはビッグマイナーチェンジに近い。3代目ファミリアですか。

上位車種にボンゴブローニィがある。

2020年7月に製造が打ち切られダイハツ・グランマックス(トヨタタウンエース)のOEMへと切り替えられた(実際の販売は同年9月から)。ちなみにボンゴブローニィも2010年の製造・販売終了後はしばらくマツダのラインナップから姿を消していたが、2019年に突如として復活している(ハイエースのOEM)。

関連タグ

日産バネット
三菱デリカ

トヨタハイエース

外部リンク

公式サイト(バン)
公式サイト(トラック)
Wikipedia

関連記事

親記事

曖昧さ回避 あいまいさかいひ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39418

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました