ピクシブ百科事典

ボンバーマンジェッターズ

ぼんばーまんじぇったーず

『ボンバーマンジェッターズ』とは、同名のゲーム『ボンバーマンジェッターズ』を原作としたTVアニメ作品。
目次[非表示]

近所の星から宇宙の果てまで、参上しますジェッターズ!!

概要(主にアニメ版)

テレビ東京系列で2002年から2003年まで全52話が放送された。
ボンバーマンにおいて純粋なTVアニメはこれが初(爆外伝はあくまでビーダマン)となる。また、シリーズで本編ゲームとアニメのタイアップが強く行われたのも今回が初めてである。
しかしゲームとアニメで共通するのは声優やメインのキャラクター構成くらいで、ゲームとアニメではまったくと言っていいほどにストーリーもキャラクター設定も異なる。

主人公シロボンを中心に、基本的にはギャグやコメディー路線の作品であったが、シリアスなストーリー展開もあったり、伏線もはられていたりと、視聴者を虜にした。
特に後半からは、前半でのほのぼのギャグとのギャップ、シロボンの成長やそれまでにばら撒かれた伏線が次々と連鎖していき、最終回への怒涛のシリアス展開へと発展していく。
また後半のOP『ホップ!スキップ!ジャンプ!』は、本編の内容と驚異のシンクロ率を持っており、歌詞の秀逸さもあって「隠れたアニソンの名曲」としても知られる。
ボンバーマンのキャラクターデザイナーで、本作にもキャラクター原案として携わった水野祥司や脚本を担当した前川淳によると「自分たちが昔、心を躍らせて見たマンガ映画の復活」「子供に見せたい番組」をコンセプトとして制作されており、シロボンの成長や登場人物達の心情描写も丁寧に描かれている。

DVDボックスは早くから入手困難となっており視聴環境が少なかったが、2016年2月、ついにファン待望のBDボックスが発売することとなった。特典として、登場人物達が勢揃いした新録のドラマCDが制作されている。

声優の多くが『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、『おじゃる丸』、『メダロット』、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』、『Dr.リンにきいてみて!』でも共演している。これはキャスティングの会社が影響している。また、金田朋子にとっては初の男の子主人公でもあったという。

影の薄いゲーム版

本作はPS2・ゲームキューブのマルチプラットフォームでゲーム化もされている。しかしアニメが高い評価を受けている反面、ゲームの知名度は薄い。というよりこれが商業的な大失敗を物語っている状態なのである。
というのもこの作品はハドソンが最後の花火と言える程、シリーズの再起をかけた作品であり、だからこそハドソンも強力なタイアップを打ったのである。
が、放送当時、序盤はアニメの知名度がかなり薄かった。かと思えば中盤以降は評価を上げてアニメの印象があまりに強くなりすぎてしまい、ゲームの存在感が一気に薄れてしまった。おかげで本来主力商品となるゲーム版は、たくさんCMを打っていたのに売れなかったのである。

外伝としてマイティが活躍するゲームボーイアドバンス用ソフト「ボンバーマンジェッターズ〜伝説のボンバーマン〜」は、ハドソン曰く業界初のアニメ版ストーリーと密にタイアップした作品だったのにも関わらずである。ちなみにこのゲーム、1話と2話の間に起こった空白期間を埋める作品という触れ込みだが、アニメ版のストーリーとは噛み合っていない部分も存在する(『伝説のボンバーマン』ではマイティが戦艦アームジョーで消息を絶っているが、アニメではアームジョー破壊後にヒゲヒゲ団の基地の一つに行き消息を絶っているなど)。

アニメ版とゲーム版は、近い年代の作品で言うとまるでギャラクシーエンジェル状態なのだが、この試みは子供向けのタイアップとしてはうまくいったとは言えなかった。それが売上に響いてしまったのである。

一時期本作の扱いが非常に悪く、幻かのように語り継がれていたのは、ハドソン消滅と合わさったうえ、商業的な失敗があったためであろう。

時を経て、ハドソン吸収合併後に、コナミアミューズメントから発売されたアーケードゲーム「ボンバーガール」にて、本作のシロボンをモチーフにしたキャラが登場。擬人化+女体化された状態で、シロンとして参戦した。声優もはシロボンを演じた金田朋子で、セリフもアニメ内でのシロボンのセリフをモチーフとしている。

ストーリー

「宇宙に一つしかないもの」を奪いまくる宇宙窃盗団ヒゲヒゲ団に対抗するため、Dr.アインが組織した正義の部隊、それがジェッターズである。行方不明になった兄・マイティに代わりジェッターズに入団したシロボンはヒゲヒゲ団相手に今日も大立ち回り!
だが、その背後では謎の陰謀が渦巻いていた・・・・。

キャラクター

ジェッターズ

ボンバー人の男の子。伝説のボンバーマン:マイティの弟であり、コネでジェッターズに入団した。性格はお調子者で若干ヘタレ。色々と問題はあるが、生来の優しさとガッツで成長してゆく。

ジェッターズのリーダーを勤める女の子。シロボンの居候先であるラーメン屋さん「夏海館」の看板娘。気が強いが面倒見の良いお姉さんである。

ジェッターズの古参メンバー。マイティの親友であり、彼が行方不明となった後も影からずっと探していた。短気でぶっきらぼうだが、真心のある兄貴である。

アインが作った万能サポートロボット。関西弁でけたたましく喋くる。ボンゴに改造されまくっているが、本人はそれを心底いやがっている。

ジェッターズのパワーファイターにしてメカニックマン。ドドンパ星の王子様でもある。のんびりしているが、ジェッターズの良識人である。本名は「サルサマンボ・コンガラガッチャ・ボサノバビッチ・ボンゴ・ド・ドドンパ34世」。長いので本人も言えない。

ジェッターズを組織した人。いまいち頼りなくボケてばっかりのダメ人間だが、どうにも憎めない。シロボンの祖母であるボン婆さんに今でも好意を持っている。

ジェッターズのリーダーをつとめていた伝説のボンバーマン。ヒゲヒゲ団との戦いで傷つき、行方不明となってしまった。シロボンにとっては家族であると同時に人生の師匠であり、彼の言葉がシロボンを何度も救ったのである。

その他のボンバーマン
柔道着を着たスゴ腕のボンバーマン。ボンバーマンの頂点を決める「B-1グランプリ」でマイティに敗れ、リベンジに燃えていた。人としての器量も大きく、シロボンとも友情を交わした。

オヤボンについて回っている子分。ボンバーマンではないが、何事も勉強と捉える努力家である。

スーツ姿のボンバーマン。見た目は強そうだがかなりの臆病者であり、そんな自分を変えようと悪戦苦闘している。キャラのモチーフは「西部警察」の主人公大門圭介。

忍術を得意とするボンバーマン。必殺技は手裏剣ボム。

0.5秒の早投げが自慢のボンバーマン。ウェスタン風の衣装がトレードマーク。

かわいらしさが武器の美少女ボンバーマン。ファンクラブまである。

B-1グランプリ最多出場のベテランボンバーマン。脱力した姿勢から繰り出す変則技が得意。

サムライのような姿のボンバーマン。

肉マンの体を持つボンバーマン。

ヒゲヒゲ団
「宇宙に一つしかないもの」を追い求める天才科学者にしてヒゲヒゲ団の首領。Dr.アインとはボン婆さんを巡って火花を散らした恋敵だが、仲はそれほど悪くない。

ヒゲヒゲ団のメカニック担当。多彩な発明でヒゲヒゲ団をサポートするが、冷酷な野心家であり裏で暗躍している。

ヒゲヒゲ団戦闘隊長をつとめるマッチョダンディー。「宇宙に一つしかないもの」を巡ってジェッターズと何度も戦っている。間抜けで中間管理職の悲哀が滲み出た愛すべきバカである。

ヒゲヒゲ団に途中入団した腕利きの盗賊。ボンバーマンではないのにボムが使えたり、首領バグラーの知らないところで暗躍したりと謎が多い。

ヒゲヒゲ団を支える隊員。バグラーが作り上げた人造人間であり、作中屈指の癒し要因である。人造人間なのに何故か結婚して家庭を持ったり田舎に母ちゃんが居る者もいたりとナゾが多い。

合体ボンバーマン
キャラボンを利用して生み出された合体ボンバーマンにして炎を司るボンバー四天王の一人。性格は子供じみている。

水を司るボンバー四天王。性格はわがままでムジョーをほとほと困らせた。

土を司るボンバー四天王。すごい間抜けだが、義に厚い男である。

雷を操るボンバー四天王。ボンバー四天王のなかでは一番良識がある。

コウモリから生み出されたボンバーマン。

カモメから生み出されたボンバーマン。何故かとっても影が薄い。

イルカの合体ボンバーマン。声がセクシー。

クマの合体ボンバーマン。ちょっといい人。

独楽の合体ボンバーマン。独楽芸が得意。

MAシリーズ達とメカードが合体した最強の合体ボンバーマン。レーザーのようなボムを投げる。

MAシリーズ
右腕にドリルが装着されたアンドロイド。どことなくゲッターロボっぽい。

子供のような容姿のアンドロイド。パチンコでボムを飛ばす。

  • MA-7(CV:金子はりい)
大柄なアンドロイド。頑丈な体とパワーが武器。どことなくズゴックっぽい。

頭にブーメランを装着したアンドロイド。高い機動力の持ち主。


その他のキャラクター
マイティとシロボンの祖母。若い頃は名うてのボンバーマンであり、今でも腕は衰えていない。厳格だが同時に優しい婆さんであり、悩める若者の味方である。

シロボンの相棒。ルーイとしか喋れないがシロボンとはちゃんと会話できている。通訳できるのはシロボン、シャウト、ガングぐらい。まじめで健気だがすごい頑固者。

ダイボンの相棒だが、彼のヘタレさに愛想を尽かしてシロボンに弟子入りしようとした。ルーイそっくりだが彼はプーイと喋る。

シャウトの父でラーメン屋「夏海館」の亭主。無口で殆ど喋らないが、シャウトとシロボンを暖かく見守っている。

シャウトのお母さん。過去に事故でなくなっており・・・。

宇宙を股にかける盗賊の女の子。ヒゲヒゲ団と同じく「宇宙に一つしかないもの」を集めている一匹狼気取り。強がっているが根は優しい女の子であり、マイティに思いを寄せている。

ミスティに拾われたナゾのアンドロイド。MAXとおなじくボンバーマンではないのにボムを使える。

キャラボン星で盗賊「チゲチゲ団」を率いているムジョーのそっくりさん。ムジョーと違って頭が良く立ち回りもうまい。料理に拘っており、チゲチゲ団の団員はみんな料理上手である。

ジェッターズ星にやってきたキャラボンの赤ちゃん。シロボンに懐いており、彼と友情を育んだ。

Dr.アインの一番弟子。ガスケッツ!が口癖。

バーディーが頻繁に依頼している情報屋。サングラスとトレンチコートに身を包んだバード星人。義理堅いハードボイルドダンディーである。

ムジョーやヒゲヒゲ団団員達が通う憩いの酒場を経営している妙齢のレディー。とても優しく親身な人柄もあってムジョーはじめ多くの男性から思いを寄せられている。ちなみに外見はエイリアンそっくり。

主題歌

オープニングテーマ
「僕は崖っぷち」(第1話-第41話)
作詞・歌 - すわひでお 作曲・編曲 - 古川竜也(コナミミュージックエンタテインメント)
「ホップ!スキップ!ジャンプ!」(第42話-第52話)
作詞・歌 - すわひでお 作曲 - 片岡嗣実 編曲 - 古川竜也(コナミミュージックエンタテインメント)

エンディングテーマ
「小さな頃の小さな記憶」(第1話 - 第36話)
作詞・歌 - 松本あすか / 作曲 - 丸山和範 / 編曲 - 井内正博
第14話のみ、シロボンの絵がヒゲヒゲ団員の絵になっていた。
「love letter」(第37話 - 第51話)
作詞 - ふじのマナミ / 作曲・編曲 - 片岡嗣実 / 唄 - パーキッツ
「僕は崖っぷち」(第52話)
作詞・唄 - すわひでお / 作曲・編曲 - 古川竜也

関連イラスト

進め !ジェッターズ!
スキップで歩き出せ



関連タグ

ジェッターズ BMJ アメリカザリガニ
ボンバーマンシリーズの一覧

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

ボンバーマンシリーズの一覧 ぼんばーまんしりーずのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ボンバーマンジェッターズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ボンバーマンジェッターズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1072187

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました