ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

CV:高橋広樹


概要編集

マックスのプロトタイプであるアンドロイド。


正式名称は「MA-Zero」であり、外見がマックスに似ているが、顔が左右非対称となっている。

放浪していたところをミスティに偶然拾われ、以後行動を共にする。


技はファイヤーボムだが、通常のファイヤーボムと異なり、紫色。ただし、通常のファイヤーボムもできる。



※以下ネタバレ




























彼の正体はシロボンの兄マイティのコピーと言える存在。

元は黒幕メカード先兵であり、ヒゲヒゲ団のアジトを単身で破壊しに現れたマイティに致命傷を負わせた。直後にマイティが命を落として現在に至る。

マイティを襲った時に彼のボンバーマンとしてのデータをコピーするつもりだったが、同時に記憶と人格もコピーしてしまい、メカードに失敗作として捨てられ、ミスティに拾われた。


当初は記憶を失っていた。フードを被っていたのだが、取った際にシロボン達からマックスと間違えられ、敵視された。しかし、後にマックスの前に彼が現れ、別人であったことが判明。そしてマックスに破壊されかけた時に記憶を取り戻す。


マイティとしての人格は持っているものの、厳密には死を意識する直前までのマイティをコピーした存在であり、その時点で人格は明確に派生している。

そのため自身がコピーに過ぎないことを自覚しており、あくまで別人としてシロボンに接していた。

命令に従っただけとはいえ、マイティを死に追いやったことに深い自責の念を感じており、メカードの計画やマイティの闇のみを受け継いだMAXとの因縁に自ら決着をつけ、自らも消えることを自らの責任としている。

終盤、MAXを打ち破るも死の間際にデータを移したことによってMAXに乗り移られ、シロボンのボムによってMAXのデータは破壊されるも、ゼロ自身の闇の面も破壊され、自身のメモリーに記録されていた兄の最期の姿を投影した後に機能停止した。


関連タグ編集

ボンバーマンジェッターズ マックス シロボン マイティ

関連記事

親記事

ボンバーマンジェッターズ ぼんばーまんじぇったーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5039

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました