ピクシブ百科事典

ズゴック

ずごっく

ズゴックは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する水陸両用モビルスーツ。 勘違いしている人が多いが、名前はズゴッ"ク"であり、ズゴッ"グ"ではない。
目次[非表示]

機体データ

型式番号MSM-07
所属ジオン公国軍
開発MIP
生産形態量産機
頭頂高18.4m
本体重量65.1t
全備重量96.4t
出力2,480kW
推力83,000kg
固定武装6連装24cmロケットランチャー、メガ粒子砲×2、アイアン・ネイル×2


概要

型式番号MSM-07。アニメ『機動戦士ガンダム』に登場。
ジオン公国軍の水陸両用モビルスーツMS)。モビルアーマー (MA) を多く開発したMIP社の開発による唯一のMS。
ツィマッド社のゴッグと同時期に開発スタートしながらも実用化が遅れた結果ジオンの量産型水陸両用機としては最後発の機体となったが、その完成度は高くゴッグ・アッガイなどに代わり水陸両用機の主力となった。
ジェネレーターの冷却を水冷式から水冷・空冷式のハイブリッドに変更したことで搭載する冷却水を減らすことに成功し、ゴッグより20tほど軽量化されている。また、装甲に関してもガンタンクなどの砲撃に耐えるだけの強度を有する。

本機には、ジェネレーターの高出力化、機動性の強化、装甲の軽量化などを施したS型 (MSM-07S) も存在し、初期は指揮官用として生産されていたが、一年戦争末期には一般兵向けの量産機も全てS型に生産が移行されている。初期生産S型の中では、赤く塗装されたシャア・アズナブル専用機が有名で、同機はジャブロー攻略戦で活躍した。
水陸両用の傑作機として高い評価を得たものの、ゴッグなどとのパーツ互換がなく高騰したコストや癖のある操縦性など、問題点も少なからずあった。これらは統合整備計画に則り改善が図られる事となる
後に戦場が地上から宇宙へと移行してしまったため、宇宙には対応できない機体である本機の一部は使い捨て兵器ゼーゴックに改造された他、地上に残された機体をジオン残党軍が運用している。

武装

頭部6連装ミサイルランチャー

ズゴック頭頂部に円形に発射管が内蔵されているミサイル兵装。口径240mm。対空迎撃への使用や、水中で機体を水平にすることで水平射撃を行う事も可能。

腕部アイアン・ネイル

両腕部に搭載された大型の近接戦用武装。通常のマニピュレータを3本のブレードへ換装した事で打突、斬撃などの攻撃を可能とした。その分汎用MSのような精密なマニピュレータ操作は難しくなってしまったが格闘戦での戦果は高く、ジャブロー戦にてシャア専用ズゴックが本兵装でジムの胴体を一撃で貫くシーンはあまりに有名である。
アイアン・ネイルによる攻撃は潜水艦などにも行われたが、装甲に衝突させた際の衝撃でブレード基部が歪んでしまい今度は抜けなくなるというケースが目立つ様になり、より対艦向けにラムズゴックが設計される事となる。

メガ粒子砲

腕部中央に搭載されているビーム兵器。先発機のゴッグがメガ粒子砲を胴体部に内蔵していたのに対して射角や迎撃自由度の高い腕部に搭載されている。収束率も高まりゴッグのような拡散メガ粒子砲では無く通常のビームライフルのように発射できる。
ある程度の連射も可能であり、劇場版ではシャア専用ズゴックがジャブロー内部から撤退する際にメガ粒子砲をあちこちに派手に撃ちまくって岩壁を崩して足止めに利用している。
漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』では、このビーム兵器が搭載されていることから宇宙用に改修したズゴックが登場している。しかし元々水冷式の為か、宇宙では冷却が出来ず、数発しか撃てない。

バリエーション機

ゼーゴック

型式番号MSM-07Di
アニメ『機動戦士ガンダム MS IGLOO』に登場。
「モビルダイバーシステム」にカテゴライズされる機体。ズゴックを管制ユニットに転用している。
詳細はゼーゴックを参照。

ズゴックE

型式番号MSM-07E
アニメ『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場。
ズゴックを統合整備計画に則り再設計した機体。
詳細はズゴックEを参照。

シャア専用ズゴック

型式番号MSM-07S
『機動戦士ガンダム』に登場。
シャア・アズナブル専用のズゴック。シャアのパーソナルカラーである赤に塗装されたS型。
ジャブロー攻略戦に投入され、2度のジャブロー潜入を果たしているが、その後シャアがホワイトベース追撃の為に宇宙へ上がってからは使用されていない。
詳細はシャア専用ズゴックを参照。

ゾゴック

型式番号MSM-08
模型企画『MSV』に登場。
ズゴックの設計をベースに、陸戦能力を重視して開発された兄弟機。
詳細はゾゴックを参照。

ズゴック(D型)

型式番号MSM-07D
雑誌企画『MOBILE SUIT in ACTION ジオンの星』に登場。
前線部隊での改修によって生じたズゴックの派生仕様。アイアン・ネイルが4本に増やされた他、耐被弾性向上のために腰にスカート型式の増加装甲が取り付けられ、頭頂部にもアンテナが設けられている。
一年戦争中に西ヨーロッパで行われた「D作戦」において、地球に派遣された突撃機動軍第13中隊が3機を運用している。

ズゴック・クラブ

型式番号MSM-07F
雑誌企画『F.M.S.』に登場。
連邦軍の水陸両用MSの登場に備えて、水中におけるズゴックの機動性を強化した機体。
胴体形状や機体背面の推進器に改良が加えられた他、左腕のアイアン・ネイルは廃され、何らかのランチャーに換装されている。また、右腕のアイアン・ネイルは4本に増やされている。
インド洋上のマッドアングラー級「ズアイ」で実戦テストが行われており、連邦軍のフロッグ・ボールと交戦している。

ラムズゴック

型式番号MSM-07N
雑誌企画『MSV-R』に登場。
対艦戦闘用の機体として改良されたズゴック。形式番号は終戦間際に与えられたもの。
対艦・対MS戦においてアイアン・ネイルを使用した際にネイルを引き抜くことが出来ずに腕をパージして対応し、戦線を離脱する戦例が報告されたことを受け、両腕のアイアン・ネイルと頭部のロケットランチャーを廃し、新たにクロー装備シールドと対艦攻撃用のヒート・ラム(大型衝角)を装備している。
クロー・シールドは両腕にマウントされ、着脱は容易なものとなった。また、腕部の武装はメガ粒子砲のみとなり、発射時にネイルを開放する必要もなくなった。そして、頭部に装着されたヒート・ラムは戦闘時(あるいは砕氷作業時)には屹立し、発熱して敵艦底を切り裂く攻撃を可能としている。
一年戦争時においては、主に北ヨーロッパや北米大陸の沿岸部で運用されており、北ヨーロッパで活動した「ブロンジュール」隊の所属機が知られる。また、宇宙世紀0090年においても民間軍事会社「テミス」が所有する機体が現役に留まっている。

ズゴックⅡ

型式番号MSM-07R
雑誌企画『MOBILE SUIT in ACTION ジオンの星』に登場。
ズゴックが良好な性能を見せたことを受けて開発された改良型。
熱核反応炉の高出力化が図られるとともに、ズゴックの実戦データを元に重装甲化が行われ、胴体と肩を覆う形で一体型の装甲が増設されたほか、腰部にもスカートが取り付けられている。
武装面では頭部のロケットランチャーが2門に減らされ、代わりにバックパック中央部に8連装のランチャーが設けられている。
発注から1ヶ月でプロトタイプ3機がロールアウトするが配備数は少なく、プロトタイプしか生産されなったとも言われる。うち1機は突撃機動軍第13中隊の隊長ラス・ハンニバル中佐の乗機となり、西ヨーロッパでの「D作戦」に投入された。

ズゴック(砲撃戦仕様案)

ガンプラ「1/144SCALE フルカラーモデル MSM-07 量産型ズゴック」組立説明書に登場。
ズゴックの砲撃戦能力を強化するために計画された派生案。腕部の構造をゴッグと同形式のフレキシブル・ベロウズ・リムに変更するとともに、アイアン・ネイルを4連装メガ粒子砲に換装している。
ズゴックのジェネレーター出力では計8門のメガ粒子砲を運用するのは不可能と判断され、計画のみに終わっている。

ズゴック(消防仕様)

漫画『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』に登場。
ジオン本国で用いられた、消防隊用に改修された機体。腕部のアイアン・ネイルはオミットされ、メガ粒子砲発射口から大量の水(または消火剤)を噴射するようになっている。また、頭部ミサイル発射管も塞がれている。
公国公安本部庁舎爆破事件の際に消火の為出動した。
なお、正式名称は不明であり、消防仕様という呼称も公式設定ではない。

フォロック

雑誌企画『MSV90』に登場。
極秘裏に開発されていたズゴックの発展型。
可変機構を備えており、水中用MAバロックと合体することで潜水艦型の可変MAロック(型式番号MAM-11)となる。合体時のフォロックはロックの前部を構成する。
腕部のアイアン・ネイルなどはズゴックのものを引き継いでいるが、可変機構の都合か胴体の構造はズゴックと別物になっている。その他の武装としては水中用と対空・対艦用の2種類のミサイルランチャーを備える。なお、バロックはメガ粒子砲とフォノン砲を装備している。
移動時にはロック形態を取り、戦闘時にフォロックとバロックに分離するという運用が想定されていた模様。

RFズゴック

型式番号OMSM-07RF
ゲーム『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』に登場。
宇宙世紀0120年代の最新技術を用いて、火星独立ジオン軍がズゴックをリファインした機体。
外観こそズゴックそのものだが性能はオリジナルを大幅に凌駕しており、同年代の機種に匹敵する。
詳細はRFズゴックを参照。

ズゴックガンダム

型式番号MSMΖ-006
雑誌企画『SDV』に登場。
水中型ガンダムガンダイバー)への対抗を目的として開発されたとも言われる、詳細が不明なズゴックの派生機。
機体各部にV字型ブレードアンテナをはじめとするガンダムタイプのMSの意匠が盛り込まれ、塗装もトリコロールになっている。また、両腕部のアイアン・ネイルは通常のマニピュレーターに換装されている。
元は、にせガンダムの仲間として描かれたキャラクター「にせΖガンダム」。なお、各部のガンダム要素はΖガンダムではなくガンダム(RX-78-2)のものに近い。

パーフェクトズゴックキャノン

型式番号MSM-07FC-B
カードダス『SDガンダム カードダス』などに登場。
ズゴックを元にした高性能機で、水陸はもちろん宇宙空間での活動も可能。
頭部にはブレードアンテナとともにハイ・メガ・キャノンが取り付けられており、その他にも背部のキャノン砲などといった各種武装を備えている。
「いつどこで開発されたかさえわからない」とされ、各部にはズゴック以外の機体の要素も存在する。腕部にはマニピュレーターとともにゴッグのアイアン・ネイルに近い形状の爪が装備されており、脚部はスラスターを備えた高機動型ザクⅡに近いものになっている。さらに、胴体部の構造は連邦系MSのものに近い。
元は「コミックボンボン」誌上で行われた「SDオリジナルデザインコンテストグランプリ」の大賞受賞作品。

アメイジングズゴック

型式番号MSM-07-A
アニメ『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』に登場。
ヤジマスタジアム竣工披露式典のエキシビション・バトルのために、三代目メイジン・カワグチがシャア専用ズゴック(S型)をベース機体として作成したカスタムガンプラ
腕部を改造してジュアッグアッグアッグガイ、ゾゴックの機能を集約させており、格納式の3連装ロケットランチャーを展開したジュアッグモード、アイアン・ネイルを回転させドリルとして用いるアッグモード、ロケットランチャーの砲身から2連のヒートロッドを展開したアッグガイモード、片腕各2基のワイドカッターを展開したゾゴックモードを取ることが可能。
また、バックパックにも改造が加えられ、宇宙での運用も可能となっている。
式典前日にヤジマスタジアムをジャックしたガンプラマフィアたちとのバトルの際に使用され、Jが操るジムズゴックを打ち破った後、マシタ・ミキオサイコジムとの戦いにも参戦している。

ガンプラ

1/100スケールでは旧キットマスターグレード(MG)の2種類、1/144では旧キット、フルカラーモデル(F.C.M.)、ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー(HGUC)、リアルグレード(RG)の4種類、SDではBB戦士の1種類が発売されている。
これらは、いずれも量産機とシャア専用機の2種類がラインナップされている。また、HGではプレミアムバンダイ限定商品としてアメイジングズゴックも発売された。

その他、「ガンダム情景模型 ジャブローに散る」に1/250スケールのシャア専用機が、1/1200ガウ攻撃空母に同スケールの量産機とシャア専用機が付属している。

関連イラスト

ズゴック



関連タグ

機動戦士ガンダム ゾゴック
ジオン水泳部

G-SAVIOUR:宇宙世紀0220年代を描いた作品で、ゲーム版のとあるステージにズゴックの残骸がある。

関連楽曲

【初音ミクオリジナル】水陸両用MSレディー
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11351423
勿論非公式だがこちらもチェックしてみるといい。

外部リンク

Wikipedia:ズゴック

関連記事

親記事

ジオン水泳部 じおんすいえいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ズゴック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1860580

コメント