ピクシブ百科事典

ザク・マリンタイプ

ざくまりんたいぷ

ザク・マリンタイプとは、MSVに登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

機体概要

水中用ザクとも言われる、ジオン軍初の水陸両用モビルスーツ
ジオン軍は地球侵攻作戦の中で海洋戦力の拡充を重要視し、連邦軍本部ジャブローへの侵攻作戦も考慮した上で水陸両用モビルスーツの開発に着手。その結果開発された機体が本機である。
当初はザクⅡF型をベースに開発が行われたが、気密性の高い宇宙用のF型が基礎となっているものの、防水の為の工作が難航し、更に水中行動能力も決して高くなかった為、ジオン軍は代案として設計段階から水中戦を想定した機体の開発に着手。
水陸両用モビルスーツの水流ジェットエンジン、各種兵装のテストを行う為にザクをベースにした機体はMS-06Mの型式番号を与えられた上で北大西洋潜水艦隊「シーサーペント」に実験部隊として配備された(型式番号については水陸両用機のナンバーがMSMに決定した段階でMSM-01のナンバーも与えられている)。
機体は水流エンジンの換装に加え、バラストタンクやハイドロジェットの増設、防水用のシーリングを行い、更に水深400メートルの水圧に耐えられる設計が要求された結果、大半が新規パーツに交換された。
生産数は初期に生産された機体が5機、追加生産された2機のわずか7機。
水陸両用モビルスーツとして性能は決して高くは無かったが、この機体の試験運用で得られたデータは、ゴッグなどの開発につながっている。

実験機としての任を解かれた後は、全機が倉庫で眠っていたが、上陸作戦での戦力不足解消の為に火力強化などの改修を行った上で再度実戦投入されたが、戦時中は大した戦果を上げる事は無く、2,3機を残して撃破された。
戦後は地球連邦軍に接収、増産されており、アクア・ジムと共に運用されている。

また、後継機としてRX-106試作型ハイザックの水中型であるRX-106Mマリン・ハイザックが開発されたが、諸事情により開発が中止となった為、水冷式のタキム社製ジェネレーターへの換装、リニアシート・全天周モニターの採用といった改修を行ったザク・マリンタイプを「マリン・ハイザック」と呼称するようになった。
また、ザク・マリンタイプを発展・改良した機体に、ザク・マリナーがある。

機体データ

型式番号MS-06M/MSM-01
所属ジオン公国軍→地球連邦軍/ティターンズ
製造ジオニック社
生産形態量産型
全高18.2m
頭頂高17.5m
本体重量43.3t
全備重量60.8t
出力951kw
推力66,000kg(ハイドロジェット)
センサー有効半径3,200m
最高速度45kt(水中)
武装
  • 60mm機関砲×2
  • M6-G型4連装240mmサブロックガン
  • ブラウニーM8型4連装180mmロケットポッド×2


関連項目

MSV 機動戦士Ζガンダム ザク・マリナー

pixivに投稿された作品 pixivで「ザク・マリンタイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1805

コメント