ピクシブ百科事典

ザクキャノン

ざくきゃのん

MS-06Kザクキャノン(ZAKU CANNON)とはプラモデル企画『MSV』及びアニメ『機動戦士Ζガンダム』、OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場するモビルスーツ(MS)。
目次[非表示]

機体説明

ジオン軍ザクⅡをベースに開発したバリエーション機。

主な装備としては右肩の180mmキャノン砲、ランドセル左部に2連装スモークディスチャージャー、腰部の2連ロケット弾ポッド(ビッグガン)があり、モノアイは全周囲型に改良されたほかサブカメラも装備している。この他、180mmキャノン砲をガトリング砲に換装が可能。
アンテナは通常1本だが2本の機体も存在し、ラビットタイプと呼ばれた。

もとは、地球連邦軍の航空機に対するためにキャリフォルニアベースで開発された対空用MSであるが、重量バランスの問題が解決せず開発計画は凍結されていた。
しかしキャリフォルニアベースに連邦の中・長距離支援用MSの情報がもたらされ、それに触発され開発を再開、中・長距離支援を運用の主軸としたMSとして完成し、ドムの量産に平行して少数が生産された。

運用は主に遮蔽物を利用した間接照準射撃だが、場合によっては直接照準射撃も行う事があった。

砲撃武装がランドセルに集約されていて、ランドセルが弾薬格納庫となっていたため、弾丸補充には他のMSの手を借りなければならず、運用に不便な点があった(だが、自動装填装置を有しているとの異説もある)他、やや機体バランスが悪く、ザクよりも運動性は低下している。
支援機故に携帯武器は通常携行しないが、ザクマシンガン他、ザク用の各種携行火器は流用可能である。

カラーリングとして当初は北米・西アジア戦を想定してデザート・イエローが生産されたが、後にザクⅡ同様のカラーリングであるダークグレー系のロージビリティ迷彩へと変更された。

MS-06Jのバリエーションの一つでMS-06J-12の記述がある資料が存在する。

試作機が9機開発され、後に現地改修型を含めて相当数が実戦投入された。主にキャリフォルニアベースに配置された他、アジア戦でコジマ大隊所属の08小隊がザクキャノンを発見したという記録が残されている。

一年戦争後、残存した機体は地球連邦軍に接収された機体がグリプス戦役で使用された他、一部の機体がジオン残党軍シンブ隊によって運用された。
連邦仕様はランドセルを宇宙用に変更し、リニアシート・全天周モニターに変更するなどの近代化改修が行われ、機体のカラーリングは青と紫にリペイントされている。

バリエーション

ザクハーフキャノン

陸戦型ザクⅡにオプション化したザクキャノンの武装を搭載した機体。型式番号MS-06JK。
該当項目へ


ザクタンク(キャノン砲仕様)

型式番号MS-06V
ザクキャノンの上半身(またはバックパックのみ)を再利用したザクタンクとして組み上げられた機体。
詳細はザクタンクを参照。

ザクキャノンテストタイプ

型式番号YMS-06K
機動戦士ガンダムTHEORIGIN MSDにて新たに設定されたザクキャノンの前身とも言える機体。

腕と脚が通常のザクⅡのものとなっている。
ただしTHE ORIGINの時空においては一年戦争開戦より前にスミス海にてランバ・ラルブグ黒い三連星旧ザクガンキャノン最初期型と戦闘、これに圧勝しておりガンキャノンが特に脅威と見做されなかった為か、計画は凍結されたまま開発が進展することはなかった。

ガンプラ

旧キットでは1/144スケールがMSV版とZ版(成型色(前者がサンドカラー、後者が青)、パッケージ及び説明書が異なる)が、1/100スケールがMSV版で発売されている。

マスターグレードにて1/100スケールで通常版とプレミアムバンダイ限定でUC版とイアン・グレーデン版が発売されている。

またHG THE ORIGIN MSDにてザク・ハーフキャノンが一般販売、プレミアムバンダイ限定でイアン・グレーデン機カラーのザクキャノンが現在予約受付中、過去にザクキャノンテストタイプが発売されていた。

関連イラスト

【企画】ファーストガンダムMS描こうぜ
ざくきゃのん


ザクキャノン(08小隊ver.)
ザクキャノン



関連項目

MSV 機動戦士Zガンダム
ザクⅡ ザク

関連記事

親記事

ザクⅡ ざくつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザクキャノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59461

コメント