ピクシブ百科事典

ボール(ガンダム)

ぼーる

ボールとは機動戦士ガンダムに登場する兵器
目次[非表示]

概要

宇宙用作業ポッドSP-W003を改修し、180mm低反動砲を1門装備した、「モビルポッド」に分類される兵器。
製造に手間とコストのかかるジムを支援するべく、数で押すために大量生産された。
もとが作業用ポッドなのでセンサーの有効半径はかなり広く、ザクジムをも上回る為、ジムの火力支援を主任務としている。
一方で、ボール単機種で編成された部隊が投入された例や、サラミス級巡洋艦に搭載されパトロール艦隊を形成する例も見られた。
しかし、元々作業用機械である為に素の戦闘力は非常に低く、前線の兵士からは「丸い棺桶」や「動く棺桶」と揶揄された。
機体の大きさは12.8mと、宇宙世紀に運用されたモビルスーツの中でも小型に分類されるゲドラフと比較しても小さい。

マニピュレーターは燃料電池で駆動され、熱核反応炉を持たないため帰還後の冷却が必要なく、モビルスーツ搭載設備の無い艦での運用が可能なのも利点であった。ただし、熱核融合炉を持たない分、高温で推進剤を燃焼出来ない事から推進剤噴射速度が劣り、推力低下で機動性が低いことや比推力低下で推進剤の燃費が悪い。
また、燃料電池の充電容量の限界から駆動部を激しく動かす事が出来ない為、運動性も低くAMBACも出来ない。
ただし、航宙戦闘機であるセイバーフィッシュやトリアーエズではできない後退もできるので、ジム完成までの連邦軍の戦術の幅を大きく広げることに貢献した。
特に、(パイロットの生存率は別にして)その生産効率の高さはモビルスーツが実戦投入されるまで宇宙でのジオンの侵攻の遅滞に非常に役立ったものと思われる。

なお、元が作業用ポッドなだけあって安価で数を揃えやすく、他の作業にも流用出来る等の利点から、モビルスーツが一般化した後も一部のコロニーでは防衛部隊にボールを導入している描写が一部作品で見受けられる。

バリエーション

スペースポッド

型式番号SP-W03。
ボールの原型となった作業機械。元々は作業員よりも少し大きい程度の小型機であり、これを対MS戦に見合うようスケールアップして武装を施したものが後のボールとなる。

先行量産型ボール

型式番号RB-79K。
機動戦士ガンダム第08MS小隊に登場したボールの先行量産型。
詳細は先行量産型ボールを参照。

ボール改

型式番号RB-79C。
機動戦士ガンダム0083に登場したボールの改修型。
作業用アームへのサブアームの増設や、姿勢制御用スラスターの追加などの改造が施されている。

フィッシュアイ

型式番号RB-79N。
機動戦士ガンダム_MS_IGLOOに登場する水中用モビルポッド。
ジオンによって制圧された海域の奪還を目的にボールの生産ラインを流用して一時的に生産された機体。
ボール本体に水中推進システムとして後部に大型ダクトを有する強力な推進器を装着、機体下部に本体を超える質量を有する大型クロー・アームを装備し、ボールではキャノン砲が装備される部位にはリニア式のロング・スピアーが装備されている。
ジオンの水陸両用モビルスーツよりも小型だが、その運用思想は水中用モビルアーマーに近い。
機動性と静穏性に優れるが、そのサイズと開発期間の短さゆえに関係から航続距離には恵まれず、母艦や潜水艦との連携が必須となる。

ボールF型

型式番号RB-79F。
MSV-Rにおいて設定されたボールの改修機。
ボールの実戦参加機の高い損耗率を軽減するため、連邦首脳部の改修要請により装甲を強化した機体。
コクピット全面をはじめとする機体各所に装甲板が追加され、後方にはプロペラントタンクとスラスターを装備したブースターパックが増設されるなど防御・機動性能の向上が図られている。
本機は、ボールの生産ラインを活かした生産性の高さや、配備済みの機体への改修作業の容易さが利点であり、実戦において予想をされた性能を示したため、パイロットからの評判も良かったとされる。

ボールG型

型式番号RB-79G。
ガンダムクライシスに登場する作業用ボール。
武装であるキャノン砲を廃し巨大なクレーンアームを装備、作業用アームにはサブアームが増設されるなど、より作業用としての性能を高められている。
一年戦争末期に開発され、主に工事現場で重宝された。

ボールM型

型式番号RB-709M。
MSV-Rに登場する機雷散布型ボール。背面から左右に伸びたロッカーに両方で48基の浮遊機雷を装填し、上部の砲塔は機雷コントロールユニットに換装されている。
機雷ロッカーは移動時には後方にたたむ事が可能で、マニピュレーターも通常型に比べて小型化されている。その形状から「ロッカー付き」「ランチボックス」の愛称で呼ばれていた。
ボールの大量配備とアウトレンジからの長射程の弾幕によって公国軍MSに対抗しようとしたが、公国軍MSの運動性と機動性には通用せず、貧弱な防御力と運動性で被害は一方的だった。本機は連邦軍の運用変更の一環として産み出された機体であり、主にルナツーに配備され、地球軌道を巡回するジオンパトロール艦隊の定期航路に機雷を散布する事を主任務とした。
連邦軍による星一号作戦では戦力の不足から通常型のボールへと換装された為、戦後は実機が残されていない。

133式ボール

機動戦士クロスボーン・ガンダムに登場する機体。
既にMSが兵器として確立してからかなり経ったはずの宇宙世紀0133年、マザー・バンガードが地球圏に到達した際に、これを迎え撃った地球連邦軍の戦力として登場した。
この時の機体は外見から3連装の低反動砲を装備した機体と思われる

Bガンダム

ボールにガンダムを模したマスクを装備した機体。
詳細はBガンダムを参照。

スパロボでの扱い

ジムよりもさらに戦闘能力的に劣るためかスパロボでの出番は意外と少なく、「第4次スーパーロボット大戦」(「第4次S」も含む)とそのリメイクである「F完結編」、「GC」とその移植作である「XO」の合わせて5作品のみである(2017年10月現在)。
「第4次」ではNPCで、続く「F完結編」ではようやくプレイヤー機体として使うことができたが、旧シリーズのゲームバランスの問題もあって最弱ユニットの名を欲しいままにしていた。
しかし、「GC」と「XO」では機体サイズの小ささと宇宙での適応の高さにより「決して強くはないが、宇宙ステージでは意外と避ける」機体となっており、使おうと思えば使えるなど、手の付けられない無い弱さではない。
そのため、敵機捕獲のための部位攻撃要員などに起用すれば意外といい仕事をしてくれる(攻撃力が低く、武装も少ないので序盤の活躍に留まるが)。

関連項目

機動戦士ガンダム
ジム オッゴ

アーマードトルーパー:『装甲騎兵ボトムズ』より。棺桶扱いされるマシン繋がり。一機種ではなく、全機種が棺桶という点でボールも真っ青である。

pixivに投稿された作品 pixivで「ボール(ガンダム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36235

コメント