ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Bガンダム

びーがんだむ

Bガンダムとは、漫画「機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート」のエピソード「バカがボオルでやってくる!」に登場するボールの現地改修型。
目次 [非表示]

概要編集

ウモン・サモンがチェンバロ作戦(ソロモン攻略戦)前に、資材を勝手に用いて乗機のボールを改修した機体。


アムロ・レイの乗るガンダムの活躍にあやかり、ボールに自作のガンダムの顔を付けただけというもの。正式な計画に則った改修ではない為、機体の重量バランスは悪く操縦しづらい。また前方カメラも塞いでしまう為、視界も狭い。

武装はベース機とは変わらないが、ガンダムフェイスはパージ可能。


まるで冗談を絵に描いたような存在だが、巨大なガンダムフェイスを取り付けたボールの存在はソロモンという混乱を伴った戦場で様々な誤報を招いた。

そして、ソロモン戦後には以下のような様々な説や噂の元となった。


  1. Bガンダムがバランスを崩して慣性飛行している所を目撃した兵士が「ガンダムが撃墜された」と誤認。それを聞いたアナベル・ガトーは前線を離れてしまった為、ソロモンに本物のガンダムの接近を許してしまったという噂。
  2. 前衛のジムとガンダムフェイスとの対比からジオン側は通常のモビルスーツよりも大型と判断し、それに対抗すべくジオングを40メートル級の機体に設計した(パーフェクトジオング、後のサイコガンダム)という説が存在するという噂。

加えて、戦後に開発されるガンダムTR-1[ヘイズル]の「ガンダムタイプMSが戦場に与える影響」の結果を一足先にソロモンで示してしまっているのもまた皮肉であると言えよう。


劇中での活躍編集

ウモンはこの機体を用いてリック・ドムを6機撃墜するという快挙を上げた。

特に、前半の3機こそ前衛のジムとのサイズ差による威嚇効果で撃破したものの、後半の3機は黒い三連星(とデミトリー)の弔い合戦に燃えるエースパイロット三人によるチームであった為、苦戦を強いられるが数々の偶然が重なって2機を撃墜、更にガンダムフェイスをパージする事で残りの1機を撃墜している。

単に運が良かったとも言えるものの、考えようによってはニュータイプとも見て取れる戦果である。が、この戦闘におけるアムロ・レイの活躍があまりにも目覚ましかった為、残念ながらその戦果も埋もれてしまった。

ただしウモン本人はこの時のエピソードを老いてもなお自分の武勇伝として語っている。


余談編集

作中で「万が一公式で『Bガンダム』が出た場合は改名する」と明言されている。

ただし現時点で「Bガンダム」が主役MSやタイトルに使われる作品は一切登場していない(ボルトガンダムなど主役以外かつ略称でそう呼べるものなら存在するが)。


カードゲーム「ガンダムウォー」にもコラボレーションカードとして登場した。

カード名は「機動戦士Bガンダム」。ボールと同名として扱われるが、特筆すべきはその効果。「このカードが戦闘エリアにいる場合、このカードの上からゴルフボール1つを転がす事ができる。その場合、そのゴルフボールに触れた全てのカードを破壊する(注:このカードも含む)。」というカードゲームという概念を無視した能力を持つ。運が良ければ敵を一網打尽にできてしまうかも?…大会では使用できないが。


関連項目編集

ボール(ガンダム)

機動戦士クロスボーン・ガンダム

長谷川裕一ガンダムMS&MA

ウモン・サモン

ビックリドッキリMA


略称が「Bガンダム」となるガンダムたち


虎の威を借る狐:このことわざを体現・コンセプトにして生み出されたと言っても過言ではない為。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12337

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました