ピクシブ百科事典

バスターガンダム

ばすたーがんだむ

バスターガンダムとは、「機動戦士ガンダムSEED」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

地球連合加盟国の1つ大西洋連邦が、オーブ連合首長国公営企業モルゲンレーテ社の技術協力を受け、オーブ管轄の資源コロニー「ヘリオポリス」で極秘開発した5機の試作型MS(G兵器 / 前期GAT-Xシリーズ)の1機。
劇中での正式名称はバスター。機体名の「バスター」は英語で「破壊者」の意味。

初期GAT-X5体の中では2号機に位置し、もっとも連携運用を前提とした機体。その任務は火力支援機。ただし組み替え可能な二門の砲と持ち前の機動性により、そのカバーレンジは中距離戦から遠距離戦まで幅広い。これら火器の多用による短時間でのフェイズシフトダウンを避けるため、専用のサブジェネレーターを別個に搭載している。また、両膝にも予備電源を持ち、長時間運用を可能にしている。

バリエーション機にアクタイオン・プロジェクトで再生産された機体を改修したヴェルデバスター、ライブラリアンで製造されたヘイルバスターがある。

連合の量産機のダガーにも応用され、バスターダガーが生まれた(実質的にバスターの量産機)

活躍

ザフトに奪取され、以降ディアッカ・エルスマンの乗機として運用される事になる。
主にイザーク・ジュールデュエルガンダムとコンビを組む事が多く、デュエルが前衛で戦い、バスターがそれをフォローするという運用が行われたが、ディアッカの性格の為か積極的に前に出るなどコンセプトに反した運用も多く見られた。

その後、アークエンジェル追撃に参加、操縦系統が故障し、パイロットのディアッカ共々鹵獲されるが、アークエンジェルがオーブへ亡命した際に奇縁でそのまま三隻同盟の所属MSとなり、ヤキン・ドゥーエでの戦闘で奮戦するも、終盤でプロヴィデンスガンダムのドラグーン一斉掃射を受け大破した。
こうした経緯から、前期GAT-Xシリーズで唯一、三つの陣営全てを渡り歩いたMSとなった。

「機動戦士ガンダムSEED RGB」では戦後はデュエルガンダムと共に連合軍に返還され、修復を施された上で博物館に展示された事が語られている。もっとも、既にロートルとなった機体の保全性にディアッカは疑問を感じており、プラントでの裁判に出廷するなか、かつての愛機が解体処分を受けないか案じていた。

武装

  • 220mm径6連装ミサイルポッド

220mmという地球連合での規格品ミサイルを装填可能なポッド。敵機に接近された際の迎撃を主用途としており、基本的には空対空弾を使用する。もっとも、規格が合う弾頭ならばスモークやスタングレネード、対艦ミサイルなどなんでも装填できる。

  • 350mmガンランチャー
右腰アームに接続されるレールガン方式の散弾砲。
複数の弾頭が用意されている。

  • 94mm高エネルギー収束火線ライフル
左腰アームに接続される大型ビームライフル。
同時期の初期GAT-Xシリーズのライフルに比べ大口径・高出力を誇り、当時の戦艦の主砲をも上回る高火力を持つ。バスターの両腰の砲は分割する事でミドルレンジの中距離戦に対応可能な小回りを実現させている。また、二門を組み合わせて連結する事でサブジェネレーターを直結させ、より高威力の攻撃を可能とする。

連携時

  • 対装甲散弾砲

ガンランチャーを前面に向け、収束火線ライフルを後に連結した広域制圧モード。
散弾ながら一発一発が艦艇の装甲を容易く貫通する威力を持ち、複数の目標に対して有効打となる。

  • 超高インパルス長射程狙撃ライフル
収束火線ライフルを前に、ガンランチャーを後に連結した高威力・精密狙撃モード。
超遠距離のMSのボディや戦艦の中心を難なく貫徹する。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
ディアッカ・エルスマン
ストライクガンダム デュエルガンダム
カラミティガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「バスターガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63235

コメント