ピクシブ百科事典

レイダーガンダム

れいだーがんだむ

レイダーガンダムとは、アニメ『機動戦士ガンダムSEED』に登場する兵器。
目次[非表示]

概要

国防連合企業体が初期GAT-Xシリーズのデータを基に開発した後期GAT-Xシリーズ3機中の1機。
機体名の「レイダー」は英語で「侵入者」の意味を持つ。

量産型可変MSとして開発が進むレイダー制式仕様の設計を基に、生体CPU用の先行完成機として開発されたMSであり、初期GAT-Xシリーズの1機GAT-X303 イージスと同じくX300系フレームに区分を割り振られているが、より簡素化した変形機構を導入している。

そのMA形態は基本仕様が宇宙機であったイージスとはことなり、大気圏内での運用を考慮したものとなる。また、戦闘コンセプトも対艦戦を重視したイージスに比べ、対MS戦を意識したものとなっている。
速力を高めるため、脚部にはスラスターが増設され、装備類もインファイト用のものに特化しMAの機動性で敵を撹乱しつつ接近、瞬時にMSに変形して打撃を与え、再びMAに変形して離脱するという、一撃離脱戦法を基本戦術とする。

パイロットはクロト・ブエル

武装

100mmエネルギー砲『ツォーン』
レイダーの口に搭載されているビーム兵器。通称ゲロビーム
口径こそ小さいが、近距離での威力はかなりのもの。
ちなみに『ツォーン』は『怒り』を意味する。

破砕球『ミョルニル』
モーニングスターに類似したスパイク付金属球(質量兵器)。
金属球は高密度に圧縮した反発材で構成されておりPS装甲にすら大きなダメージを与える。
ちなみにワイヤーには耐ビームコーティングがなされており、振り回すことでビームも防ぐことが可能。
ミョルニルは、北欧神話のトール神が持つ大鎚「ミョルニル」に由来している。

2連装52mm超高初速防盾砲
盾と一体になっている速射砲。MS、MA両形態でも使用可能。
初登場時ではビームにも似た弾丸を放っており、書籍によっては『それぞれビーム砲と機関砲のモードを持つ』とも書かれている。

76mm機関砲M2M3
両肩に装備されているマシンガン。
MA形態で使用可能。

80mm機関砲M417
バックパックの頭部に内蔵されたマシンガン。
MA形態で使用可能。

短射程プラズマ砲『アフラマズダ』
クロー内部に装備されたエネルギー兵器。
出力とバレルの調整で小ぶりのサーベルを形成することも可能。
ちなみにこのクローはMSの運搬も可能。

バリエーション

レイダー制式仕様

レイダーの制式仕様。型式番号GAT-333。
レイダーの量産型と誤解されることもあるが、設計時期はこちらが先である
ブルーコスモスの意向で生体CPU用の先行完成機の就任が早まったため、こちらは「制式仕様」が後から付いている。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
カラミティガンダム フォビドゥンガンダム
イージスガンダム

関連記事

親記事

地球連合製のMS・MA・戦艦 ちきゅうれんごうせいのもびるすーつもびるあーまーせんかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レイダーガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75959

コメント