ピクシブ百科事典

目次[非表示]

機体データ

型式番号GAT-X370
全高17.94m
重量84.01t
装甲材質トランスフェイズ装甲
動力源バッテリー
所属地球連合軍大西洋連邦
パイロットクロト・ブエル


概要

国防連合企業体が第1期GAT-Xシリーズのデータを基に開発した3機の第2期GAT-Xシリーズのうちの1機。
制式採用が決定して開発が進む可変MS「GAT-333 レイダー」の設計を基に、オーブ解放作戦に間に合わせるべく生体CPU用の先行完成機として開発された可変MS。その経緯から、本機は「レイダー 生体CPU仕様」あるいは「クロト専用レイダー」と言える。
実戦に投入された本機が培った戦闘データは333型の開発に生かされている。

先に設計されていた333型の機構の一部を省略したことで、可変速度の向上を優先させている。さらに、速力を高めるため、脚部にはスラスターが増設されている。その他、肩部スラスターも細かい変更が加えられている。
装備類もインファイト用のものに特化しMAの機動性で敵を撹乱しつつ接近、瞬時にMSに変形して打撃を与え、再びMAに変形して離脱する、機動性による襲撃に特化した一撃離脱戦法を基本戦術とする。また、MA形態時の攻撃力を高める目的でバックパック内に機関砲を増設している。

パイロットはクロト・ブエル

武装

100mmエネルギー砲『ツォーン
レイダーの口部に搭載されているビーム兵器。通称ゲロビーム
口径こそ小さいが、近距離での威力はかなりのもの。
ちなみに『ツォーン』は『怒り』を意味する。

破砕球『ミョルニル』
モーニングスターに類似したスパイク付金属球(質量兵器)。
金属球は高密度に圧縮した反発材で構成されておりPS装甲にすら大きなダメージを与える。
ちなみにワイヤーには耐ビームコーティングがなされており、振り回すことでビームも防ぐことが可能。
ミョルニルは、北欧神話のトール神が持つ大鎚「ミョルニル」に由来している。

2連装52mm超高初速防盾砲
盾と一体になっている速射砲。MS、MA両形態でも使用可能。
初登場時ではビームにも似た弾丸を放っており、書籍によっては『それぞれビーム砲と機関砲のモードを持つ』とも書かれている。

76mm機関砲 M2M3
両肩に装備されているマシンガン。
333型と共通する武装。
MA形態で使用可能。

80mm機関砲 M417
バックパックの先端部に内蔵されたマシンガン。
MA形態で使用可能。

短射程プラズマ砲『アフラマズダ』
クロー内部に装備されたエネルギー兵器。
出力とバレルの調整で小ぶりのサーベルを形成することも可能。
ちなみにこのクローはMSの運搬も可能。

関連動画



バリエーション

レイダー(制式仕様)

レイダーの制式仕様。型式番号GAT-333。
本来の開発計画で製造されたレイダー。

ゲルプレイダー

GAT-Xシリーズ強化再生計画「アクタイオン・プロジェクト」に基づき、開発された機体。

立体物

ガンプラ

本放送時に1/144スケールでコレクションシリーズとHGシリーズが発売。のちにリマスター化に合わせて成型色変更、マーキングシール追加、アクションベース対応ジョイント付属のリニューアル版が発売された。

2022年5月に1/100スケールで新ブランド『FULL_MECHANICS_1/100』から新規キットとしての発売が発表された。
HGでは差し替えだったM2M3の砲身展開がショルダーアーマー格納式にされ、劇中通りMA形態時にカラミティを載せた状態をアクションベース2個を用いて再現可能なことが発表されている。

ガシャポン

SDガンダムフルカラーシリーズにラインナップ。 ※現在、入手困難

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
第2期GAT-Xシリーズ レイダー
地球連合軍 大西洋連邦
クロト・ブエル

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レイダーガンダム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「レイダーガンダム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106834

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました