ピクシブ百科事典

カルロ・セレーニ

かるろせれーに

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP」に登場する人物
目次[非表示]

概要

CV:結城比呂

学年小学5年
誕生日8月7日(獅子座)
血液型A型
身長151cm
体重37㎏
趣味ナイフ磨き
出身ミラノ(スラム街)
使用マシンディオスパーダ

イタリアのチーム、ロッソストラーダのチームリーダー。別タグ→カルロ(爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP)
一般人の前では軟派な性格を装っているが、その本質は無口で無愛想、そして非常に攻撃的である。
しかし感情に任せて暴走する傾向は少なく、レース中は冷静に状況判断を行い、狡猾な知略を駆使して相手マシンをバトルレースや走路妨害でクラッシュに追い込んでいる。
ただしバトルレース抜きでもその実力は高く、また彼にとってバトルレースは飽くまで合理的な勝利の手段であり、後述のゾーラの失態やビクトリーズ戦であらかじめ刃物を外していたりと勝利と言う一点においては非常に真摯かつ手を抜かないため、ミハエルやユーリの様にレーサーとしての実力の高さは少なからず認めている者もいる。

過去


離婚した両親に捨てられ天涯孤独になった過酷な生い立ちが元で、チームメイトさえも信用せず(現にメンテナンスを怠ったゾーラの胸倉を掴んだり、SFCの「POWER WGP2」でもひねくれた行いを改めようとしないルキノを窘めている)、自らのマシンにしか心を開かない荒れた人格となっていった。
浮浪児であったトラウマから裕福な環境で育った人間や甘ちゃんが大嫌い(中でも一番鼻につくのは、のような優等生タイプ)で、特にビクトリーズのとは本性を真っ先に見抜かれた事もあってよく対立した。雨に良い思い出がないらしく、雨や湿った空気も嫌っている。
相手マシンを壊すことを目的としているかのようなチームメイトたちと異なり、カルロは勝利のためにバトルレースを仕掛けており勝利に関係なくバトルを仕掛けようとしたルキノを止めるシーンが複数回存在する。

WGP決勝戦の第2セクション後半戦では、豪雨にまみれての最後尾からのスタートという絶望的な状況下、子供の頃の自分の姿を錯覚したことで
 二度と悲惨な生活を繰り返したくない思いと優勝による名誉と賞金のために立ち上がり、想像を絶する速さで1位を争っていた烈とミハエルを不正せずに抜きゴールするという、圧倒的な実力を示す。
このレースが描かれた第100話「勝者の条件!」最後尾からの怒涛のゴボウ抜きの末の1位でゴールしたシーンはファンの間で高く評価されており、当時のアニメ雑誌のほぼ全ての名シーンランキングで1位を獲得し、同時に女性ファンが急増した。

100話


この時を機に、勝つために手段を選ばない考えと、不正無しに勝利を収めた喜びの矛盾に葛藤していくことになり、それによって最終セクションでは思わぬ失態を招き優勝を逃すが、「リタイアをやるのは三流」というプライドから、完走はしている。

ゲームでの活躍

SFCの「POWER WGP2」ではバトルレースをやめておりロッソストラーダ内部から反発を受けているが、逆に豪からは一レーサーとして信頼を受けるようになった。
PSの「エターナルウィングス」においても同様にバトルレースは行わず、速さだけで相手を屈服させる実力を持つが、口の悪さは相変わらずである。
また、のシナリオモードでボルゾイの前にカルロと対決するが、明らかにアニメ100話を意識した会話が行われ、あの時の烈との一騎打ちの果てに得た勝利を思い出し動揺している台詞がある。
烈(プレイヤー)が勝つと「……行けよ」「必ず勝て」烈のことを認めるような台詞を吐く。

MAX編での活躍


MAX編では、44話の鷹羽リョウの回想シーンで台詞はないが、一瞬だけ登場している。

その他

描き下ろし漫画ではの事もある程度認めているような発言も。

DVD BOX発売記念のシリーズキャラクター人気ランキングでは星馬兄弟に次いで3位にランキングした。
すでに烈と豪のフィギュアはDVD-BOX初回生産特典として存在していたので、3位のカルロがフィギュア化された。

使用マシン
ディオスパーダ

カルロ・セレーニ


関連イラスト

抜けェェェ!! ディオスパーダぁあああああッ!!
わんどろ カルロ
カルロ・セレーニ、誕!
カルロ誕
カルさん二態


レツゴ再熱中


関連タグ

ルキノ・パルナーバ ジュリオ・ディ・アンジェロ リオーネ・マッツィーニ マウリーツィオ・ゾーラ ロッソストラーダ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP カルロ(爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP)

pixivに投稿された作品 pixivで「カルロ・セレーニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42222

コメント