ピクシブ百科事典

鷹羽リョウ

たかばりょう

鷹羽リョウは、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

年齢小学6年生(無印・WGP) → 中学1年生(MAX)→20代(Return Racers!!)
誕生日8月27日
血液型O型
身長143cm(無印・WGP)
体重37kg(同上)
趣味釣り
家族構成父(下記参照)、(同上)、
出身日本
使用マシン下記掲載
CV高乃麗


概要

黒い長髪を後ろで束ねている少年。髪型は母親似だが、目元は父親似。
料理が得意で釣った魚を焼き魚に調理したり、白米を炊いて二郎丸と食事をしたりしている場面が映されていた。青春ドラマCDによると、商店街で度々食料品を貰ったりもしている他、テントの場所を季節によって変えているようである。
TRFビクトリーズの中では一番背が高い。

当初は高慢な態度が目立つのだが、正々堂々戦う魂を宿していて【強豪レーサー】として活躍している。

土屋カップで、二郎丸がイカサマをしたことを知ると自身の新品のバッテリーをイカサマされた側マシンに装着させ自身のマシンには消耗したバッテリーを装備させた。
また情け深い男で、再戦するために自身を探し続けて空腹になった豪に焼き魚を分けている。

原作では、一度きりではあるが星馬家の家に一泊してもらったこともある。

WGPでは


チームで最年長である事と幼い弟がいるためか、しっかり者で頼りがいのある少年だが、
弟もちの兄として共通してもいる星馬烈と同じくお化けが苦手でもある。
どんな下らないきっかけで開催されるレースであっても文句を言わずに参加する彼が、肝試しレースだけは拒否していたことから、Jに不思議がられて白状した。なのでこの事実を知っているのはJのみである。弟の二郎丸ですらこの事実は知らない。しかし、二郎丸の事を思い出してお化け(に変装した岡田鉄心)をボコボコにしたことも(本人は正体が鉄心であることに気付かず、本気で殴った)。
レーサーとしての実力は非常に高いが、正々堂々と勝負に挑んだり、敵側の妨害にあった仲間を助けるために引き返したりと、作中優勝を何度か逃していることから「無冠の帝王」と呼ばれる。
爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP』にて、水上バイクレースにてNAアストロレンジャーズのジョー(ジョセフィーヌ・グッドウィン)を助けたことにより、二人の距離が縮まった。特にジョーはアニメ本編やCDドラマなどで恋愛感情があるような素振りや台詞がある。
WGP最終話ではジョーがリョウの住所を知りたがっていたとNAアストロレンジャース監督のデニスが土屋博士に言っている場面がある。

MAXでは一度、日本に帰国している。 その際に一文字豪樹と勝負し、グランプリレーサーとしての経験と力量を知らしめるが 熱心な彼の勝負に何度も付き合う。(そのために出発する日時を遅くした)

人気投票の順位はエターナルウィングス、また後年のDVDサイトで共に6位。

Return Recers!!では


『やれやれ、あやうくミニ四駆をひくところだったぜ…』

『久しぶりだな、豪!』

二郎丸同様父親と同じく長距離トラック運転手になっている。容姿は少年時代から大きな変化はないが、父親譲りの顎鬚があり、筋肉質の巨漢に成長している。

劇中登場時に、ミニ四駆を守るために自身のトラックを横転させた(いいのかな?

年齢については明言されていないが、時系列上小学生編から15年後であるため27歳前後だと思われる。
久方ぶりに出会った豪から『人間離れした強さを持っている』と言われた際に『人を化け物みたいにいうな・・』と返している。


中学生編では本編では長らく登場していなかったが、14話で僅かに登場。アストロレンジャーズのブレット・アスティアとジョーと同行しており、リョウは「何故か呼ばれた」ようで理由は不明。また、アニメ同様ジョーに好意を寄せられているが本人はあまり乗り気ではない様子。(リョウが彼女の恋心に気付いていない可能性もあるが)
「超青春ドラマCD」第1弾によるとジョーとは連絡を取っておらず、豪から彼女との関係性を指摘された際には「そんなんじゃない」と否定する、豪からチイコに惚れても取るなと釘を打たれても「大丈夫だ」と言い切るなど、色恋沙汰には興味は持たないものの、「もし好きな人ができたらマシンと一緒にぶつかっていく」と考えている。
他には、2017年夏号の付録であるクリアファイルの裏面や2018年夏号の付録であるクリアしおりなどにも登場している。年齢的には高校1年生相当だが学校に通っているかは不明。

マシン

星馬豪マグナム)と同じ高速型。しかし、軽量化優先の豪と違い、空力を利用した高速マシンセッティングが特徴。また全マシン共通の特徴として、強力なダウンフォースを利用することによる「壁走り」が可能である。
トライダガー以外でも壁走りができるはあるのだが、最初に使用したインパクトの強さから【鷹羽リョウ=壁走り】、【壁走り=鷹羽リョウ】、と認識しているファンが多い。

トライダガーX(エックス)
セイバーシリーズと並び、土屋博士が製作したマシンの一つ。空気抵抗に特化させ、X字のボディ形状を持たせている。物語の中盤で沖田カイビークスパイダーに真っ二つにされてしまう。(原作では草レース、アニメ版ではGJCサマーレースでビクトリーマグナムを庇った)
アニメ版のMAX編では作中で市販され、まさおが用いている。
Return Recersにて、熊の毛皮を使ったトライダガーWXが登場したため、少々狂いが生じている。このエピソードの後に元に戻したのか、新たにトライダガーXをもらったのか。
別のミニ四駆漫画にゲスト出演したこしたてつひろ氏が思い出に残っているマシンにこれを挙げている。デザイン段階では不評だったのだが、それでも反対を押し切って通した結果、当時の子供達に受け入れてもらえたということ。

ネオトライダガーZMC(ズィーエムシー)
土屋博士の技術と岡田鉄心と彼が持つ新素材のZMCを使用した二代目トライダガー。ZMCのおかげで炎にも衝撃にも強い。またこのマシンのみ、前輪にホイールキャップがついている。
マシン形状がジェット効果と強力なダウンフォースを生む仕掛けになっている。
ファイアパターンは原作ではボディを焼いた時に、アニメではカイとの勝負の中で【完全焼結】という形で施された。

ライジングトリガー
三代目トライダガー。一文字兄弟に連勝し、実力を見せつける。このマシンのみ「トライダガー」の名がついていない。また、黒いボディであり、ファイアパターンは赤ではなく青である。
原作ではZMCの強化版である、通常のZMC以上の軽さと強さを持つ強化ZMCが使われている。

トライダガーXX(ダブルエックス)
四代目トライダガー。MAX編終了後の登場。MSシャーシを使ったミニ四駆PROに分類されている。

トライダガーWX(ワイルドエックス)
Return Recersに登場。傷ついたトライダガーXにリョウが取った熊の毛皮を付けたマシン。キットではARシャーシになっている。

シーズンレースの成績

・スプリングレース 2位
・サマーレース リタイヤ
・オータムレース 不参加
・SGJC 総合3位(藤吉と同率)
・ウインターレース(WGP編) 3位

家族構成について

原作ではトラック運転手である父親、弟の鷹羽二郎丸と本人を含め三人構成。ただし、アニメでは父親は登場せず、自身は普段は山にテントを張って弟の二郎丸と暮らしている。
母「鷹羽はるみ」は、原作では先立たれてしまっているのだが、各々の未来を描いた物語「爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers」にて登場している。(曰く『三年前に移動弁当販売屋の仕事に出てしまっていて、それっきり会っていない』とのこと。 小学三年生の身で未就学児の二郎丸の面倒を見ながら、鷹羽宅で寝食していたらしい。 鷹羽山で生活を始めたのが何時頃なのかは不明。)アニメ版では「家族構成不明」となっているため原作同様登場しない。

関連イラスト

あんちゃん、その魚残すだすか?
レース前


大人リョウと子供J
鷹羽リョウ誕生日!



関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX レッツ&ゴー 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP TRFビクトリーズ ミニ四駆 トライダガー系
星馬豪 星馬烈 三国藤吉 J(爆走兄弟レッツ&ゴー!!) 鷹羽二郎丸 ジョセフィーヌ・グッドウィン

関連キャラ

ポケットモンスターアニポケ)シリーズ

カキ:長男キャラクター。料理上手、冷静な人柄等が共通。

デント(アニメ版):チームの三人目で兄貴分という立ち位置、趣味・特技がいる等の部分が共通する上記同シリーズのキャラクター。

※鷹羽リョウを演じる高乃麗氏は、このシリーズ作品でマチスのライチュウを演じた。

黒子のバスケ

緑間真太郎:料理の腕前は異なるが長男キャラクター。冷静な人物であることも共通する。

桜井良:性格は異なるが名前が「りょう」で料理上手という部分が共通する上記同作のキャラクター。

他の作品

黒木場リョウ:下の名前が共通する料理人。長身、血液型8月生まれ(7日前)、釣りが趣味という点も共通。

pixivに投稿された作品 pixivで「鷹羽リョウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 271889

コメント