ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

年齢小学5年生(無印・WGP) → 小学6年生(MAX) → 中学3年生(Return Racers!!「中学生編」) → 20代(Return Racers!!)
誕生日12月14日
血液型AB型
身長140cm(無印・WGP)
体重32kg(同上)
趣味ガーデニング
家族構成父(故人)、(アニメ版)
出身不明(元大神研究所所属)
使用マシン下記掲載
CV渡辺久美子


概要

もともとは大神研究所に所属するバトルレーサーだったが、ある出来事がきっかけでバトルレースとは決別し、土屋研究所で暮らすようになった(後述)。
父親は故人、母親は不明であり、親族の存在も明かされていないが、アニメのみRという姉がいる(彼女曰く「泣き虫だけどがんばりや」)。
褐色肌金髪碧眼という特徴的な外見だが、詳細な国籍は不明とされているものの、原作者の話では「ソマリア人とのハーフ」とのこと。
TRFビクトリーズの中ではリョウに次いで背が高い。

無印編での彼の私服は身体の線がわかる全身タイツなので、一部界隈では(色んな意味で)物議を醸しており、WGP編で衣装が増えたとは言え、それでもへそ出しである。

原作漫画と続編の『Return Racers!!』では、友人相手でも敬語で話すキャラクターだが、『超青春ドラマCD』ではアニメと同じ口調になっており、頭に巻いているバンダナの色も異なっている。

人気投票の順位はDVD公式キャラクターアンケートでは7位、エターナルウィングスでは9位。

経歴

初登場時は大神研究所に所属するバトルレーサーで、父親が作ってくれた宝物である木製の車のおもちゃを、入団当時の大神軍団のメンバーに乱暴に扱われ破壊されてしまう。
この事は「大事なものを失う恐怖」として植え付けられ、これがきっかけでバトルレーサーとなり、数年後、レースに負けたメンバーのマシンを溶岩に蹴落す非情な人物に変わってしまう。

星馬兄弟の前には敵として現れ、二人のを溶岩で溶かした張本人であるが、再度正攻法ルールでの星馬兄弟と勝負の末に本来のレースの楽しさを知った事で、自らの意志でアームリモコンを破壊。
プロトセイバーJBと共にバトルレースから足を洗って大神研究所から去り、土屋博士の元で暮らすこととなった。

当初はあまり感情に出さないような性格だったが、星馬兄弟と接するうちに明るい表情も見せるようになる。素直で隠し事は苦手なようであり、ドラマCDではそれが露わになった。ただし、リョウの秘密は守っている。

ビークスパイダーの切り裂く能力の謎を解明するために、ビークスパイダーのボディを設計・製作して協力したりと技術者として活躍した


アニメ版では

無印編

主に技術者として活躍し、技術力の面でを支えていった。
中でもサイクロンマグナム豪とJが共同製作したマシンであり、Jがミニ四レーサーとして再び歩み出すきっかけとなっている(なお原作のサイクロンマグナムは、豪が烈の協力と発電所の熱を使って製作したもの)。

当初は順調に開発が進んでいたが、マシントラブルによる再設計の時に豪のとある一言によって、一時的に仲違いしかけている。
この事は改めて烈から「豪は"アレをバトル行為に使うつもりなんてない"って言ってたよ」という言葉に対し、Jは「うん…その事は、もう怒っていないよ」と答えた上で、

「サイクロンマグナムを豪君と一緒に作ってたのが、凄く楽しかった。だから、あの時に"空気砲"を取り付けて欲しいと言われたことは、凄く哀しかったんだ」

と、打ち明けていた。
紆余曲折を経て豪とは無事に和解し、無事サイクロンマグナムの改良が成功して事なきを得た。
その後、豪から「SGJC-ビッグチャレンジ-」に出場するように推され、ミニ四レーサーとして復活を決意、土屋博士と豪の協力でプロトセイバーEVOを製作した。

WGP編

TRFビクトリーズのメンバーとして活躍。普段は穏やかで優しい少年だがレーサーとしての闘志は強く、自分のマシンを貶されるとムキになる。
どのようなコースでも万能に対応できるが、主にサポート役なので目立った活躍は少なく、我が強いビクトリーズメンバーの中での仲介役を兼ねており、彼がいなければチームワークは崩壊しかねない(然し他のチームメイト共々単独行動が目立つ豪に対し信用を失い、ロッソストラーダとのレースではそれが仇となり、豪を傷つけ、自暴自棄に追いやってしまうが、後に豪が正しいと分かったのを機に和解した)。
(SFC用作品「爆走兄弟レッツ&ゴー!! POWER WGP2」でも、ファンの一人が『J君のサポートがあるからこそ、チームワークが整っている』と打ち明けている)

風輪商店街レースでは、その温厚で癖のない性格ゆえにたまみ先生に目をつけられ、タッグを組んだことがある。
マシンを使った借り物競争でエボダイを引いてしまい、猫達にエボダイごとマシンを取られて「待って! 僕のエヴォ・・・エボダイ〜!」と叫ぶ場面は、アニメシリーズ屈指の迷シーン。

MAX編

第2話のアメリカへ行く途中にビクトリーズ全員が揃っている場面と、鷹羽リョウの来日の時に彼の回想で三国藤吉と共に後ろ姿で走っている場面で登場している。

Return Racers!!では

中学生編

急成長した年下の豪に身長を抜かれ、メインキャラクターの中では烈と並び豪に次いで背が高くなった。
豪達と同じ中学に通っており、彼らと一緒に水着になってバーベキューを楽しむなど、小学生時代と変わらない友情を築いていており、大神陽人が大神博士の息子だと知って彼の自宅に行く事に怯えていたが、当の大神博士にかつての面影はなくボケていたので、むしろ「怖くな〜い」と喜んでいた。

大人編

土屋研究所で研究員として勤めており、ビクトリーズ5人の中で唯一ミニ四駆と関わっていた。

電気街に買い出しに行った際に新屋マネージャーにスカウトされ、断り切れずに流されるままに芸能界に入り、タレントとして活躍。
テレビに出ていたJを見た豪は素人ハーフタレントだと思っていたが、後に彼だと知って驚いたほどの変貌ぶりであり、素朴さを売りにしたキャラクターで人気はあった。
しかし「やはりマシンをいじってる方が好き」とタレント業を引退したがっており、相談を受けた烈とジュンが間に入るが、応援しているアイドルをダシに豪とと藤吉が新屋マネージャーに買収され、豪が駆るZウイングマグナムと勝負。

相棒のプロトセイバーEVOをステージ4まで昇華させて「ドルフィンキック走法」によりレースを勝利し、無事芸能界から引退した後は、豪達に乗せられてアイドル応援に全力で付き合っていた。
なお豪達が応援しているアイドルグループ「ココナッツ少女」のメンバー達とは面識があり、カメラの外で挨拶をしている。

年齢については明言されていないが、時系列上小学生編から15年後であるため26歳前後だと思われる。

因みにコロコロアニキでの大人J初登場のカラー誌面上では、一人称が「俺」と表記されていた。(本来の一人称は「僕」である)

人物関係

R
アニオリキャラで彼の姉。飛行機事故で死んだと思っていたが、生きていた。Jがバトルレースを辞めたことに最初は反発していたが、彼の走りを見て何かが変わったようで、参加していたSGJCを棄権して再びアメリカに行ってしまった。

星馬豪
最初は敵対したが、彼が改心した後は打ち解け、アニメでは彼と組んでサイクロンマグナムを作った。
後にプロトセイバーEVOの製作の際も、豪は自分のできる範囲で微力ながら協力している。

星馬烈
同い年。
最初は敵対していたが、彼が改心した後は打ち解けた。WGPでは彼と2人でピットボックスを作るなど、理系顔負けの技術を見せる。
大人編ではアイドルを辞めたいことを烈に相談するなど、大人になった後も彼を信頼している。

鷹羽リョウ
身長が近い。
トライダガーXを壊した事に責任を感じてJBの部品で修理し、ミニ四駆を辞めるつもりでいたが、そのことに納得いかなかったリョウから挑戦を挑まれるが、本当はレーサーを辞めてほしくないことから挑戦していた。
リョウがオバケを苦手としている事を唯一知っている。

三国藤吉
WGPでは彼と共に勝利したレースもある。また、ファイナルステージでは足が痛い藤吉の事を心配した。

土屋博士
ミニ四駆の開発・研究をする博士の一人。Jが改心した後は、彼の研究所で世話になっている。

大神博士
幼い彼を自分の研究所に連れて行った。Jの性格を変えた犯人とも言える。
続編・Return Racers!!ではボケていたため、Jは「怖くな~い」とむしろ喜んでいた。

土方レイ
大神軍団の一人。昔の恩を利用してZMCの設計図を持ってこさせるようにとゲンと共に命令したり、WGPで破壊力を言わずにシャークシステムを渡すなど、Jを利用しようとする場面も多い。


MAX編

一文字豪樹
2話で勝負した。因みに中の人が同じ

Return Racers!!

新屋マネージャー
とある小さな芸能事務所を経営する女性マネージャー。
電気街で買い物をしていたJをスカウトし、芸能活動を行わせた。

ミニ四駆

プロトセイバーJB
空力性能の高いミニ四駆として開発され、リモコン操作でギア比・リアウイング・ローラーの角度などを自由に変えられる他、エアブレーキで空気を溜めて左右に噴出する機能を持つ。
この機構でマグナムセイバーソニックセイバーを葬っており、さらに圧縮空気を後方に一気に噴出し、空気砲を発射するバトル機能が搭載されている。
この空気砲はマシンを破壊するだけではなく、圧倒的な加速力を得る事が可能。

作中では後に量産され、プロトセイバー戦隊が使用している。
なおアニメ45話では「プロトセイバー600」という名前で市販されているが(こちらは空気砲といったバトル機能やリモコンは無い)、『Return Racers!!』でも同じく市販品が出回っているようで、大人のジュンが使っている。

プロトセイバーEVO
読みは「プロトセイバー"エヴォリューション"」で、「ドルフィンシステム」という特殊な空力性能を持ち、土方レイの開発した「シャークシステム」の一部を取り入れ、後に「ハイパードルフィンシステム」として進化。

なお57話以降のEVOは2代目であり、初代は56話で土砂崩れに巻き込まれて大破し、修復不能になってしまった。幸いGPチップが無事だったので、性能を受け継ぐことが出来た。

JのJB時代の誤ちに対する清算か、自己犠牲的な立ち位置に回ろうとすることも珍しくない。
SGJCのAセクションではブロッケンGのブロックを受け止め他の選手のマシンを発進させる隙を作ったり、WGP決勝戦でもロッソストラーダのバトルマシンの攻撃を一向に受け止め他のビクトリーズのメンバーを完走させるために意図的にピットインを放棄する事もしていた(ほぼ同時期に他のビクトリーズが追いつきハイパードルフィン走法で後続を引き離す条件が揃ったため事なきを得たが)。

プロトセイバーEVO ステージ2-4
『Return Racers!!』に登場。

「ステージ2」は見た目こそ変わっていないが、Jがドルフィンシステムのアップデートを続けさらなる進化を果たした状態で、豪との勝負でコースアウトしてしまうが、逆にそれがJの闘志に火を点け「ドルフィンシステムに完成はない」とその場で改造し、ボディ全体が可変する「ステージ3」に進化させた。
そしてレースのクライマックスで「ステージ4」に昇華し、空中でリアウイングを羽ばたかせて加速する「ドルフィンキック走法」でZウイングマグナムを破った。

関連イラスト

J
ありがとうございました
20141214
Chibi J
Jくん LOG
J君お誕生日おめでとう!
J



関連項目

タグ
爆走兄弟レッツ&ゴー 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP TRFビクトリーズ
褐色肌 金髪 メカニック

人物(五十音順)
カテジナ・ルース:『機動戦士Vガンダム』の登場人物で、中の人が同じだがこちらは闇堕ち。作品の連載がライバル誌であるコミックボンボンだったなど、彼とは完全に対照的。

七瀬遙イルカがモチーフ、冷静な性格のキャラクター。

レジーナ中の人髪色目の色光落ち等の部分は同じだが、性格は彼とは正反対である。

関連記事

親記事

爆走兄弟レッツ&ゴー!! ばくそうきょうだいれっつえんどごー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「J(爆走兄弟レッツ&ゴー!!)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167202

コメント