ピクシブ百科事典

土屋博士

つちやはかせ

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』に登場する人物で、作品内におけるミニ四駆開発に携わる博士の一人。
目次[非表示]

「マシンは子供達が進化させる。子供達を無視して速いマシンは誕生しない」
CV:江原正士

概要

作中におけるフルカウルミニ四駆開発に携わった博士の一人で、子供が楽しめ、共に成長するミニ四駆の開発を信条としている。

かつては師匠の岡田鉄心の下で大神博士と共にミニ四駆開発をしていたが、大神博士とは意見の相違から対立し、現在でもお互いを間違っていると言い争うほど、関係は険悪。
しかし実際は方向性は違えど似たもの同士で、二人とも鉄心には逆らえず頭が上がらないので、鉄心登場後は初期の深刻な対立は緩和されていき、顔を合わせれば互いにいがみ合うという、レツゴー兄弟の日常茶飯事な喧嘩を思わせるソフトな雰囲気になった。

現にアニメ版では意外に負けず嫌いで大人気ない一面が見られ、自分がアメリカに行って研究所を空けている間に、豪とJが自分達でサイクロンマグナムを設計・開発したことを知った時は、開発者としてのプライドゆえか色々とちょっかいを出していた。(子供達が自分の力で生み出したものだからだろうか?)

アニメではやたらダウンフォースを連呼するので、一部ネット上では「ダウンフォース厨」という不名誉(?)な呼び名もされている。
ちなみに原作初登場時は何故か老人のような口調で喋り、風貌も心なしか老けていて浮世離れしたような雰囲気があった。
もしかしたら初期の土屋博士が後の岡田鉄心の原型になったのかもしれない。

経歴

若き頃は戦闘機のパイロットを務めていたことがあり、当時の写真は研究所の棚に飾っている他、戦闘機も数機ほど、研究資料として旧研究所内で保管している。
その後の詳細な経緯は不明だがミニ四駆開発者に転身し、戦闘機パイロットだった経験を活かし、空力を追求しつつも改造の余地を残したマシンの開発に勤しむようになった。

また原作だと作中時間の10年前(大神博士と共にマシンを製作していた頃)に、フルカウルミニ四駆を作る上でお手製の着ぐるみを身に付けて研究するといった、身を挺するほどの徹底ぶりを見せる(アニメ版ではカットされ、別の形でセイバーを生み出すまでの試行錯誤が描写された)。

長年の研究の末にセイバーの試製品が完成していたものの、(本人曰く)少々過激な設計で子供達が安心して扱えるかと心配していた為、速さのみを求める大神博士との間に大きな亀裂が生まれてしまい、対立し合う様になった。
そして10年後の本編開始時にはフルカウルマシン「セイバー」を生み出すことに成功し、達の協力もあって市販化が決定され、「セイバー600」として世へ送り出して夢を一つ叶えることができた。

さらに「自身の役目は、子供達が持つ“より速いマシンの誕生”の手助けをすること」という思いから、セイバー開発後は後継にあたる「Vマシン」を着手・開発に成功する。
Vマシンのお披露目は原作とアニメでは異なっているが、こちらも作中で市販化されている。

劇中での活躍

全編を通じて主に子ども達のサポート役に徹しているが、スピンオフ漫画「ギャングをぶっ飛ばせ!」(アニメでは「ギャングと対決! ご先祖様を守れ!!」)では彼を主軸としたストーリー(スピンオフ)が展開された。

原作・アニメそれぞれで細かい部分や設定に差異はあれど、ギャングに奪われた全ての始まりのマシンを取り戻す物語が描かれている。
上述における彼の経歴や若かりし頃といった、土屋博士という人物がより掘り下げられ、原作ではさらに旧研究所内に展示してあった戦闘機(フォッケウルフ)を動かして追跡するという、ただのミニ四駆博士ではない事を示すシーンが強調された。

WGP編・劇場版

WGP編ではTRFビクトリーズの顧問に就任し、チームを影から支えている。
ビクトリーズ専用の大型トラックを運転していることから、大型免許も取得している模様。

劇場版ではクスコ博士の知り合いであると明かされ、ガンブラスターXTOの開発(カウルデザインの設計)にも関わっている。ビクトリーズメンバーに振り回されたりトラックの爆発に巻き込まれたりと、かなりの苦労人。

MAX編

アメリカにいる為に出番は少ないが、豪樹のブレイジングマックスの調整に協力する為、ビクトリーズのリョウを日本に向かわせている。
また一文字博士とも旧知の知り合いであることが判明している。

Return Racers!!

中学生編

「……そうか、みんなもう中学生になったんだね」

中学生となった豪の口から、恋に生きる男だからミニ四レーサーは引退したと聞いた際は、彼らが中学生になった事を嬉しく思うと同時に、もの悲しく感じていた。しかし三国チイコの言葉で再度ミニ四レーサーとして復活することになった豪を見て、初めて出会った頃のようにセイバーの素体(プロトタイプ)を渡している。

なお大神博士に息子がいた事は知らなかった模様。当の大神博士は見るに耐えないような姿に変貌しているが……

大人編

豪達が大人になった時代でも健在し、髪が白髪になっているが、変わらずミニ四駆研究を続けている。同時間軸で描かれたスピンオフ作品『レッツ&ゴー!!翼ネクストレーサーズ伝』にも登場したが、髪が黒に戻っている(作画ミスか白髪染めしたのかは不明)。
達が所属するチームペガサスの顧問・牙輝太郎は、彼のミニ四駆の弟子である。

モデル

タミヤ企画開発部で勤務していた土屋博嗣氏がモデルとされ、主としてRCカーやミニ四駆を開発していたが、2012年に肺がんで逝去。享年56歳。
土屋氏をモデルにしたキャラクターは今作の他にも、『ダッシュボーイ天』や『ミニ四トップ』では「Dr.T」という名前で登場していた。
また『音速バスターDANGUN弾』の「多湖博士」のモデルにもなっている。

土屋製のフルカウルマシン



※ゲームのみ。原作・アニメ版共に岡田鉄心が製作したものしか存在しない。

協力してくれる頼もしい研究所スタッフ

ゲーム作品『爆走兄弟レッツ&ゴー!! POWER WGP』に登場・判明したスタッフのみ記載。

  • 藤田:モーター部門を担当する男性研究員。
  • 松本:各チームのマシンの情報の取得と解析を行う男性研究員。
  • 岸川:松本と同じ部門の眼鏡をかけた女性研究員で、ざます口調で話す。
  • 林:パーツ製造部門に所属する女性研究員。

関連項目

爆走兄弟レッツ&ゴー!!
岡田鉄心 大神博士

スーパーアバンテ - セイバーマシンの原点にして出発点。原作では土屋博士の自作だがアニメでは師匠から授かったもので、本作で唯一製品化されたレーサーミニ四駆。

クルト・タンク - ドイツに実在した設計技術者。詳細は『大神博士』を参照のこと。

関連記事

親記事

爆走兄弟レッツ&ゴー!! ばくそうきょうだいれっつえんどごー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「土屋博士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35255

コメント