ピクシブ百科事典

バンガードソニック

ばんがーどそにっく

バンガードソニックとは、「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」に登場するマシンである。
目次[非表示]

概要


大神研究所にてビクトリーマグナムと共に登場。 土屋博士が製造した次世代型で、『ソニックが生み出した、新たなセイバー』と言われている。 先代と同じくコーナリング重視のセッティングがなされており、大型ウイングが採用されている。ボディローラーではなくサイドローラーが付いている(原作はフロントのみ)。通称:Vソニック

当初は『完成しすぎているから、僕たちの手に余る』という理由で一度、返却しているが

藤吉カップのレースの途中で『完成されたマシンでも、ちゃんと整備してあげないといけない』ことを改めて教えられ、Vマグナムと共にメンテされ再スタートし プロトセイバーを退いた。

アニメでは、土屋研究所にて登場。最初の印象はほぼ一緒だが、その後が少々違っており、レース前のとある出来事があった。
やってきた土屋博士に再び「Vマシンを作ったのは君たち」と言われ
「いじいじしたって、ソニックセイバーは戻ってこない」
「俺たちのやってきたことは無駄じゃなかった」
「俺の手で蘇らせてやる!ソニックセイバーにかけた想いを新しいマシン、Vソニックに」
と改心し、走りを煮詰め直す。
Vマグナムと同じく、藤吉が主催するレースにて最初、全然遅かったが、これは第1話・セイバーがデビューした時に使っていたトルクチューンモーターを積んでいたためで、それを積んでいた理由は「セイバーのミニ四駆魂を受け継いでもらうため」で、その後、そのパワーを使い切り、新しいモーターに交換し、トップに追いつく。

烈と歩んだ戦の歴史


  • デビュー戦にてプロトセイバーJBに追いつく。不意を突かれて右フロントフェンダーを破損し、バランスが崩れてしまうものの、幸運やに助けられ、2位を獲得

  • サマーカップ前半戦では、対バトルマシン用の装備としてアルミ製の装甲パーツを装備して参加


  • 猿とレース。【マシン奪還】を目指したレースで、終盤は藤吉の助力で勝利を得る。

  • ブロッケンGのアタックにより、フロントローラーにダメージを受けたが交換により無事復帰する。

  • 大神カップにて、一位を獲得。

  • オータムカップでは、三位入賞ならず終わってしまった。

余談

  • アニメ版の1stOPにVマグナムと一緒に少しだけ出演している。



  • Vソニックのウイングと【ソニックセイバー】のボディをミキシングし、カラーリングを変更すれば
ソニロク】を製作することが可能である。 ただし、ウイングの規格が各々で違うためボディを改造する必要がある。

  • アニメ限定だが、一度だけ所有者変更が起きており 一度はバトルマシンに改造されてしまった

  • 原作の読み切り作品「ガリ勉八田、烈に挑戦!」にて八田が本機に酷似したマシンを製作する。
最初こそ烈のVソニックを凌駕していたがデータに頼り過ぎたため経験が豊富な烈に勝つことができずに終わったが、豪を始めとしたミニ四レーサー達から賞賛され ミニ四駆の楽しみを知り【ミニ四レーサー】に仲間入りした。

限界に達する


アニメ
豪の新たなマグナムの活躍に焦るあまり、壁走りをしたりドリフト走行をしたり、可変ウイングにより高速コースでも対応可能という【あらゆる技が習得されたスーパーマシン】に変貌する。 しかし、その走りは【安定した堅実な走りを見せるソニック】ではない別のモノであることを豪から指摘される(豪曰く『わけのわからねぇ、へっぽこぴーマシン』)と 【ソニックの走りを変えて、新型マシンに対抗させる】のではなく『マシンが変わっても、ソニックの走りを変えず進化させなければならない』ことに気づき、元に戻る。(ちなみに、最後の最後であの技も披露した。

ある者の力を借り 貴公子は嵐を纏って進化する

原作
WGPにて、メンバーのマシンが進化していく一方で『今のままで大丈夫なのかな?』と不安になっている所でアストロレンジャーズバックブレーダーと遭遇・勝負を挑みマシンの限界を悟った。(ここが最後の活躍となる) その後、烈の手によって新たな進化を遂げる。


関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 星馬烈 ミニ四駆 ソニック系
ソニックセイバー-前マシン
ハリケーンソニック-後継機

pixivに投稿された作品 pixivで「バンガードソニック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276

コメント