ピクシブ百科事典

ロデオソニック

ろでおそにっく

ロデオソニックとはミニ四駆PROの一種。
目次[非表示]

概要

爆走兄弟レッツ&ゴー!!の主人公、星馬烈の6代目マシン。ブリッツァーソニックは赤いボディに緑だったが、こちらは従来のカラーリングに戻された(白いボディに赤・緑)。なんとなく初代・ソニックセイバーに似ているという声も。

ミニ四駆PROに分類されている。シャーシはMSシャーシ。
このマシンは描き下ろし漫画にしか登場していない

作中では
アメリカで新型シャーシ(MSシャーシ)に合うセッティングを探索していたTRFビクトリーズ。ブリッツァーソニックもMSシャーシになっていた。はシャーシは変わっても走りは変わらないと言うが、は「お前がまだシャーシの力を引き出せていないから」と言う。ボディを直す必要があったが、豪はそれまで何度もソニックに勝ち続けた事で有頂天になっており、そんなことする気もなかった。このことで烈が激怒し、気が悪くなった豪は気分転換にマグナムと走ろうとするが、誤って崖から転落してしまった。

豪は行方不明になり、捜索が続いていた。あろうことか、報酬金目当てにあのチーム達まで捜索に協力した。
しかし、豪は見つからず、もう見つからないんじゃないかとまで言われる。烈は「豪は死んでなんかない!」と言うが、そのチームリーダーはソニック(豪を助けようとしたはずみ壊れてしまった)を見て「心のどっかじゃ諦めてんじゃねえのか?あのバカが来るってんなら、なんで直さねえんだ?」と指摘。その通りだったかもしれないと思った烈は豪が生きていると信じ、捜索を後回しにし、ソニックを直すことにした。

そして、ニューシャーシの力に勝つため、ボディに補強パーツを付け、暴れるシャーシの力を押さえつけ、スムーズな走りにさせていた。しかし、(乱入した)テスト相手に負けてしまった。
「ドライブしてんじゃないんだぞ」「意気地のない改造しやがって。それでもクソバカ」の兄貴か」 「あいつのバカ尊敬物だった。WGPで俺たちを負かした」 「ちょっとはあのバカを見習え」
と、言い方は悪いものの、曲がりなりにも助言をしてくれた彼の言葉を聞いた烈は補強パーツを全て外し、画像の姿となった。「もう意気地のない改造なんて言わせない!」

リターンマッチが行われた。じゃじゃ馬な走りだが、新シャーシのパワーを引き出すことができた。

貴公子は、最後の進化を遂げる


ちなみに

Return Recers!!にて烈の最後のレースが行われ、ニューソニックが登場したが、この時の対戦で豪のマシンはビートマグナムで、ライトニングマグナムバイソンマグナムではない。なのでそのマシンの前マシンは本機ではなく、バスターソニックの可能性がある。


立体物


MSシャーシが採用された製品として販売。 公式の物販ブースでは、レッドメッキボディ仕様が販売された

関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 星馬烈 ソニック系
前マシン-ブリッツァーソニック
後マシン-ブラストソニック

pixivに投稿された作品 pixivで「ロデオソニック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177

コメント