ピクシブ百科事典

ソニックセイバー

そにっくせいばー

ソニックセイバーとは漫画・アニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』に登場するマシン。
目次[非表示]

概要


爆走兄弟レッツ&ゴー!!』にて土屋博士星馬烈に授けたセイバーの一台。あげるのではなく『セイバーを自分のものにできなかった場合は返してもらう』という約束の下で授かる。

ソニックシリーズの1号「初代ソニック」で、コーナリング重視のセッティングを得意としている烈の影響で、大型リアウイングが装備されており モーターは坂道にも強い【トルクチューンモーター】を搭載している。第1話のみフロントローラーがフロントタイヤの真横に付いているが、それ以降は普通になっている。原作及びキットにはフロントにエアダクトのようなものがあるが、これが機能した描写はなく、アニメではそのものがない。 カラーリングは白いボディに赤と緑。ホイールは黄色(キットでは蛍光イエロー)。この色合いは1台を除いた後継機にも受け継がれる。


烈と共に歩んだ、戦の歴史


  • デビュー戦(GJCウインターレース)では安定した走りをみせるが、ゴール前で吹っ飛んでしまう。こちらは無事だったが、マグナムセイバーは軽量化が祟って壊れてしまい、走行不能と思われたが、烈の説得でともにコース復帰。一位を獲得した

  • ウインターレース決勝戦ではコーストラブルにより、マグナムセイバーと共に大破。しかし、豪は「2台の部品を合わせればまだ走れる」と言い出す。そんなことをすれば失格だが、「たとえ失格でも俺は最後まで走りたい」と失格なのを承知で組む。それを聞いた烈も協力し、マグナムセイバーと合体。失格となったためマシンを返そうとしたが、土屋博士に「自分の物に出来たじゃないか」と認められ、晴れて「烈のマシン」に

  • 黒沢太が所有するブラックセイバーとも激闘を繰り広げている。 ダートコースに特化したワイルドミニ四駆用ビッグタイヤを装備した【ワイルドソニック】もここで初披露した。

  • 鷹羽二郎丸が持つマシンとのレースではダートコースであっても突き進み、佐上模型店で購入した「ビッグピンスパイクタイヤ」(アニメは「ビッグピンタイヤ」)を装備して勝利を掴む。

  • 三国藤吉スピンアックスとのレースでは、コーナリング重視のマシン同士による大接戦を繰り広げる。(烈が【ミニ四レーサー】の役目を果たすために電池やタイヤ、モーターを温めるウォーミングアップを行っていたためベストコンディションで挑めた)

  • GJCスプリングレースで、マグナムセイバーを救出した時にモーターから煙が吹いてしまったためリタイアしてしまったが 後日開催された三位決定戦で、使用したモーターの効果もあって得意とするコーナリングコースで差を縮めていき、見事優勝を手にした。※後述

  • 土屋カップにて、トラブルなく一位を獲得。

  • 大神研究所にて、マグナムセイバーと共にプロトセイバーJBとレースで勝負する。 マグナムセイバーと合体技【ダブルトルネード】でプロトセイバーに追いつくが、大神博士の技術が結集しているプロトセイバーに勝つこともできず敗北。(原作では、プロトセイバーと差が開いていたが【ダブルトルネード】でようやく追いついた)



火山口の決闘



【原作】

空気砲の嵐をひたすら耐え凌ぎ、空気流が弱まった一瞬をついて追いつく。

が、プロトセイバーの側面からの空気砲でコース外へ吹き飛ばされてしまい コースを支える柱に引っかかって一命を取り留める。


【アニメ版】

プロトセイバーとの再戦。 ボディに亀裂が入り、シャーシもダメージを受け、ウイングが吹っ飛んで満身創痍の状態になっても勝利のために走り続ける。 合体技で一度はプロトセイバーの前に出るが、大神の妨害工作により再度後方に下がったうえ、プロトセイバーの空気砲で吹き飛ばされてしまった。

マグナムと共にコースを支える柱に引っかかって一命を取り留めたため烈と豪により救われる




余談

  • 原作・アニメ 第一話では自室でソニック用の図面を何枚も引いている。



  • モーターはいつでもトルクチューンではなく、11話にて前回オーバーヒートしたことにビビり、なるべく発熱が低くパワーも控えめのモーターを選んでいた。(恐らく【ノーマルモーター】か【ハイパーミニモーター】であろう)
これが功を制し、三位決定戦の長距離レースに勝利した。※アニメ版での軽やかで安定したコーナリングを披露するシーンは、必見









































【これより先、本機が辿った末路が記されているため 閲覧には注意されたし】






























最期

  • 原作では
あと少しで手が届くところでプロトセイバーの空気砲により、マグナムセイバーと共に吹き飛ばされ
溶岩の中へ落とされた。 助けることができなかったことが【失う恐怖】として植え付けられ【ミニ四レーサーの引退】を考えさせることになった

  • アニメでは
プロトセイバーの空気砲により、マグナムセイバーと共に吹き飛ばされ そのまま溶岩の中へと落とされた。


この最後はトラウマ回とも言われており、読者・視聴者のみならず、作者も涙をこらえたと言う。




貴公子は、次の世代にバトンを渡す

関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 星馬烈 ミニ四駆 ソニック系
バンガードソニック-後継機

pixivに投稿された作品 pixivで「ソニックセイバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 320

コメント