ピクシブ百科事典

ハイパーミニモーター

はいぱーみにもーたー

ハイパーミニモーターとは、タミヤ模型から販売されているモーターの一つである。

概要

綴りは「HYPER mini MOTER」。 黒色のエンドベルが特徴でミニ四駆シリーズに搭載が可能。
実はミニ四駆のグレードアップパーツの記念すべき第1号がこのモーターである。

マブチでの型式名はFD-130
実はより高性能とされるハイパーダッシュモーターマッハダッシュモーター(FC-130系)より後に設計された。

一度生産終了し、元々、同じタミヤ製品・ミニF用のモーターであるレブチューンモータートルクチューンモーターを後継としていた。

【均整がとれたパワーとスピード】を持っているため【耐久レースに強い】のが利点。安定した性能により多くのユーザーに愛用された。欠点は歴代ミニ四駆用モーターの中で【一番重い】

タミヤ公認のレースで使用可能なモーターの一つ。

2012年に期間限定で再販がされた。(現在は入手困難)が、現在はアトミックチューンモーターにバトンを渡している。

関連タグ


レブチューンモーター:タミヤ公認のレースで使用可能なモーター
トルクチューンモーター:同上
アトミックチューンモーター:二代目オールラウンドモーターで以後タミヤ公認レースの使用可能モーターに上げられる
ウルトラダッシュモーター:黒色のエンドベルを持つモーター。 しかし、こちらはタミヤ公認レースでは使用することができない

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイパーミニモーター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45

コメント