ピクシブ百科事典

マブチモーター

まぶちもーたー

マブチモーターとは、小型モーターを製造する日本の企業、ないし同社製のモーターである。
目次[非表示]

概要

千葉県松戸市に本社を置く電気機器メーカー。
1947年に創業者がフェライト磁石を用いた小型モーターを製造・販売したことから始まった。
小型・高性能で、さらに「ゼンマイ切れを気にする心配がない」ということで、模型おもちゃの動力を瞬く間にゼンマイから電動のモーターに置き換えてしまったと言われている。
現在でも模型のモーターのメーカーとして馴染み深いメーカーである。

模型だけじゃない

意外かも知れないが、模型用だけでなく産業用の小型モーターも手がけている。
というより、「小型の直流モーター」の分野では文字通り無双しまくっている企業である。
マブチモーターが制作したモーターのサイズが国際規格となった例も多い。
自動車パワーウインドウワイパードアミラー駆動用モーターも、
WiiUPS3やBDレコーダーのBDドライブのモーターも、
肩たたきマシーンや小型ドライヤーのモーターも、
工場で使われているマニピュレーターロボットアーム)の駆動用モーターも、
多くがマブチモーターの製品(であろう)。

模型メーカーとの関係

マブチモーターと切っても切れない関係なのが田宮模型をはじめとする模型メーカーやおもちゃメーカー。
スロットカー(給電用のレールから電力を供給し、溝(スロット)のガイドでコースを走る競技用模型自動車)用に超高性能モーターを生産し、世界に売ったのがマブチであった。このFTシリーズの上位モデルは、後のミニ四駆用のFA-130系ライトチューンとは異なり、ボールベアリングにカーボンブラシというガチ仕様である(高価でもあったが)。
その後模型メーカー各社が、車や戦車などのいわゆるモーターライズモデルや、ラジコン、タミヤはミニ四駆などにもマブチのモーターを採用し、「模型のモーター」としてマブチの名を世界に知らしめたため、模型メーカーとマブチは切っても切れない関係にある。
ラジコン用などではラジコン(含むパーツ)メーカーブランドを付けているチューニングモーターなどもある。そんなうちのひとつ、タミヤのテクニゴールドことRX-540VZの、RCカーグランプリなどで流れたTVCMは、ナレーションに声優古谷徹を起用したカーグラフィックTVオマージュであり、印象に残っている方も多いだろう。
有名な水中モーターも、現在タミヤが金型を引き継いでいる(タミヤはスケールモデルだけでなく、モーターを利用する「楽しい工作シリーズ」なども積極的に展開している為)。実は昔は飛行機用プロペラが付く「空中モーター」もあった。
また、製品だけでなく学校の職業体験などにも協力している。

関連イラスト

FA-130RA



関連タグ

モーター 松戸市 田宮模型 模型 ラジコン ミニ四駆
水中モーター

pixivに投稿された作品 pixivで「マブチモーター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40063

コメント