ピクシブ百科事典

プラズマダッシュモーター

ぷらずまだっしゅもーたー

タミヤ純正モーターでは最高回転数を誇る黒いヤツ。
目次[非表示]

概要

1996年に発売されたモーター
エンドベルのブラシがむき出しになった他のタミヤ純正FA-130型モーターとは一線を画すデザインをしている。

タミヤ純正では最高の回転数29,000rpm・最大トルク25g-cmを誇る言わずと知れた最高峰モーター。
その分価格も800円オーバーと桁違いで、プレミアム化以前のミニ四駆本体やトルクチューンモーター二個買ってもお釣りが出る出費である。

あまりにも高性能なため、高熱を帯びやすくブラシへの負担も大きい。
そのためモーター各部には排熱用の排気口が設けられ、ブラシにも比較的強度があるカーボン製を使用している。それでもブラシの消耗は早いためブラシは取り外しが可能で、ブラシ接合部のメンテナンスや別売りの専用のAOパーツと交換が可能な仕様となっている。他の純正モーターと異なるデザインなのはこれが大きく、20年近く頂点に居座り続けるこのモーターの特別性を物語っている。
あまりに極端な性能をしていてミニ四駆への負担も大きいため、ミニ四駆の公式大会では使用不可となっている。

ネットではその恐るべき回転数から、モーター可動式のおもちゃをこれに取り替えて爆笑を誘う遊びが流行っている。
太鼓を叩くドラえもんに備えればあたかもツーバスを叩くYOSHIKIのような動きに、クマのおもちゃに備えれば加えていた笛が落ち頭が吹っ飛び、魚釣りゲームに備えれば魚達が弾け飛ぶ。いかにこのモーターの性能がぶっとんでいるかわかるだろう。

外部リンク

TAMIYA公式サイト内 製品紹介 (モーター)
TAMIYA公式サイト内 製品紹介 (交換用ブラシ)

関連タグ

タミヤ モーター マブチモーター タミフル 男のロマン

pixivに投稿された作品 pixivで「プラズマダッシュモーター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 573

コメント