ピクシブ百科事典

三国藤吉

みくにとうきち

三国藤吉は、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィールでげす

年齢小学4年生(無印・WGP) → 小学5年生(MAX) → 中学2年生(Return Racers!!中学生編) → 20代(Return Racers!!)
誕生日3月3日
血液型B型
身長118cm(無印・WGP)
体重28kg(同上)
家族構成
趣味茶道
出身日本
使用マシン下記掲載
CV神代知衣


概要でげす

三国コンツェルンの御曹司で、大金持ち。語尾に「~でげす」を着けた喋り方をする。
普段着は青いジャケットと短パン、大きな桃色の蝶ネクタイを着用し、片手には扇子を持つ。

父には頭が上がらず、自分以上にワガママな妹が大の苦手と結構苦労人。また、アニメでは犬も苦手
傍には藤吉専属の執事である水沢彦佐がいつも控えており、時に優しく時に厳しく藤吉をサポートする。

行くでゲス!


外見がに似ていることから(仲間達から本物の猿と間違えられたり、本物の猿ですら仲間だと間違える程)、よく猿の着ぐるみを着用する。
本人も結構気に入っているようだが、他人に猿呼ばわりされることは嫌う。

当初は星馬兄弟のライバルとして登場し、ズルしてでも1位でなければ気が済まない上に、負けを決して認めない嫌味な性格だったが、星馬兄弟と和解してからは精神的に成長し、時折レギュレーション違反ぎりぎりのパーツを使うことはあるものの、真っ当なレーサーになっていった。
コーナリング重視のマシン製作が得意な反面、高速ストレートコースでは実力を発揮できない部分がある。

WGP編での動向でげす

TRFビクトリーズのチームメンバーの一人となる。
テクニカルな走りを得意とし、また前作同様高価なパーツを多数搭載しており、それがあだになったことも珍しくなく、トラブルやリタイヤが豪と並んで多い。

劇場版での動向でげす

ガンブラスターXTOを破壊しようとする特殊部隊に対抗して、三国コンツェルンの力を駆使して相棒と共に立ち向かう。
ミニ戦車部隊を足止めをする際、父から勘当を言い渡される覚悟で封印していた三国製のスーパーバッテリーを相棒に装備させて、時間稼ぎを行なった。

「スピンコブラ…発進でげす!!!」

Return Racers!!での動向でげす

今作で初恋の相手が佐上ジュンであった事が判明している。

中学生編でげす

驚異的な変身を遂げたとは対照的に父親譲りの巨漢となっており、なおかつコミックス3巻の扉絵では妹のチイコに身長を抜かれ、メインキャラクターの中では男性陣としては勿論女性陣を含めてもジュンと並び最小クラス。
チイコが精神面でも成長したことで兄妹関係は落ち着いたものの、腹黒く良くも悪くも完璧である彼女には頭が上がらない。また、豪がチイコに惚れてしまいアタックを繰り返すので、兄として内心穏やかではない模様。その他、大神陽人もチイコに惚れておりアタックをするがあまり快く思っていない。
豪同様より先に性に目覚めており、ジュンの水着姿やワンピース姿に見惚れている。しかし彼女は豪に好意を抱いているため、報われていない。

大人編でげす

三国建設の社長に就任してからは、常に電動車椅子に乗っている等、まだ支障なく歩けていた中学生時代と比べ、満足に歩行すら出来ない運動不足な状態となっていた。
さらに小学生時代でも度々見られた金で解決する悪癖を見せ、ミニ四駆の存在自体さえ忘れてしまっていた等から、豪からは「すっかりダメなやつになってる」と評される程に落ちぶれてしまっている。
しかし現場で働く従業員の為に自ら現地へ赴き苦労をねぎらうなど、経営者としてはかなり優秀。

初恋の存在だったジュンに会いに言った際、会社の従業員であるたかしも同じく彼女に惚れていた事から、ミニ四駆レース勝負を久しぶりにするも、グランプリレーサーとしての面影は完全に失われ、金に物を言わせたパーツゴテゴテのセッティングをしたスピンバイパーでレースを行った結果、あっけなく敗北。
しかしジュンの一言がきっかけで奮起した藤吉は、レーサーとしての情熱を完全に取り戻し、原点回帰のマシンとしてスピンアックスゼロを作りあげ、電動車椅子も捨てがむしゃらにミニ四駆と共に走り続けた結果、見事に勝利を収めた。

豪とは対照的に、ジュンやアイドルグループ「ココナッツ少女」のかなリン(モデルはおそらく作者が好きなアイドルグループこの人)等、スレンダーな体型でボーイッシュな女性がタイプなのかもしれない。(もっとも、藤吉の夢の中での小学生時代のジュンは巨乳だっだが…)

年齢については明言されていないが、時系列上小学生編から15年後であるため25歳前後だと思われる。

ミニ四駆でげす

スピンシリーズ

曲線の青いボディにサンダーパターンが入っているのが特徴。

スピンアックス
土屋博士から貰ったマシンで、ソニックと同じく曲面で構成されたコーナーリングに強い設計がされているが、こちらは低速コーナー向きのセッティングであり、高速コーナーは苦手としている。
必殺走法は「サンダードリフト」で、シャーシフロント部にバネによる伸縮ギミックによって可能な走法とされ、「サンダードリフト走法でげす!」のセリフは有名。

エターナルウィングスではライトニングドリフトになっているが、この技を覚えたのは次のマシンから。

スピンコブラ
二代目スピンアックス。
空力を制御する装置をマシンに搭載した事で、ストレートや高速コーナーにも対処できるようになった。
アニメ版では実際のF1マシンと同じく、ボディ素材にカーボンとアルミの超薄型コンポジット素材を採用し、ビークスパイダーの空気の刃を跳ね返す程に頑丈かつ柔軟性があり、アニメWGP編からはZMCγ(ガンマ)を素材にしたボディに変更された。
ローラーはボディに埋め込まれる形で搭載され、コーナリング性能とアップダウンでの安定性は高いものの、オフロードコースに弱いという欠点がある。

スピンアックスはスーパー1シャーシだったが、こちらはFMシャーシとして描写されている(原作や製品版〈後述〉ではメカニカルな独自のシャーシ形状)。
アニメのWGP編では様々なパーツを付けたことで重くなり、試行錯誤を繰り返したもののWGP途中で引退し、その後は普通のミニ四駆として登場した。
原作ではロッソストラーダディオスパーダに破壊されてしまう。

製品版では走る目的ではなくプラモデルとして楽しむ、リアルミニ四駆第1号マシンであり、長い間入手困難だったが、現在はスーパー2シャーシを使った通常のミニ四駆と同じ扱いのプレミアム版が登場した。

必殺走法は「サンダードリフト」「ライトニングドリフト」

スピンバイパー
三代目スピンアックス。
原作では当初、藤吉はロッソストラーダに破壊されたスピンコブラの事について相談しようとするも、他のメンバーは多忙などを理由に無視されて人間不信に陥ってしまい、金にものを言わせた高級パーツで作り上げたもの。
しかしセッティングがまだ完璧ではないビートマグナムに敗北してしまい、その後、豪の機転で高級パーツの付けすぎによるバランスの悪さを取り払い、Jが作っておいた設計図を元に完成した事で、藤吉の人間不信も治り事なきを得た。

アニメでは最初からグランプリマシンとして開発されており、新型サスペンションを搭載することでオフロードコースも克服し、WGPで活躍する。
リョウのアドバイスもあって完成したが、WGPレース当日だったのでGPチップの学習が済んでおらず、スピンコブラと一緒に走らせることで「引き継ぎ」を行い、GPチップの学習と必殺技を覚えさせた。
作画の都合もあり、フロントのメカニカルパーツが製品版や原作とはまた異なったデザインになっている。

Return Recers!!にも登場したが、藤吉がミニ四駆の存在自体をすっかり忘れてしまっていたため、佐上模型店のパーツを買い占めて付けすぎた結果、本来の力が出せず敗北するという、かつての失態と同じ事を行なっている。

こちらもリアルミニ四駆で登場しており、VSシャーシを使った走行可能版もあるが、いずれも入手が難しくなっている。

スピンバイパー Ver.TRFビクトリーズ



スピンアックスMk.II
四代目スピンアックス。スピンアックスのリメイク車種であり、こちらはMSシャーシを使ったミニ四駆PROに分類されている。

スピンアックスゼロ
五代目スピンアックス。藤吉がジュンの言葉で原点回帰を目指して即席で開発し、スピンアックスをボディがクリアになる程に極限なまで削り落とし、軽量化に成功したマシン。
スピンアックスが元になったマシンだが、前輪のサイドガードが無く、キャノピーはスピンコブラ以降の造形を踏襲、ライトもマグナムを彷彿とさせる鋭さがあるデザインで、よりスタイリッシュになっている。
必殺走法は「イナズマストレート」

その他

マグナムセイバー
原作の読み切りストーリーにて使用。最初で最後の「超高速マシン」。

シーズンレースの成績でげす

  • スプリングレース リタイヤ
  • サマーレース リタイヤ
  • オータムレース 3位
  • SGJC 3位(リョウと同率)
  • ウインターレース(WGP編) 2位


余談でげす

公式ガイドブックの監督インタビューでは、(コミカルで動かしやすい為)アニメスタッフに一番人気があるのが藤吉であるという。
しかしファンの評価は対照的であり、後述の人気投票の結果には恵まれておらず、某グッズコロコロアニキの「超青春ドラマCD」第1・2弾や2018年夏号の付録であるクリアしおりでも、ビクトリーズメンバーで藤吉だけがハブられている。なお、某グッズではブレットカルロミハエルカイが代わりに商品化されており、うちミハエルはドラマCD第1弾やクリアしおり、カイはクリアしおりにも登場しており、ブレットはジョーやチイコ同様、ドラマCD第2弾に登場することが決定している。
コロコロアニキのラジオCMでは元気に出演していたのにどうしてこうなった

余談だが彼は烈とは対照的に、ビクトリーズのメンバーの中では色んな設定・業績でラストを総なめしている。 

五十音順一番最後の「み」くに
身長最小の118cm
年齢最年少(3月3日生まれの小学4年)
DVD公式キャラクターアンケートエターナルウィングスの人気投票順位最下位の14位ランク外(何れも唯一ベスト10入りならず)
某グッズシリーズの商品数最少の2個(一部豪とペアだが)

関連イラストでげす

うぃーあーざ・ビクトリーズ
2016.03.03
まじかる藤吉くん
藤吉バースデイ!
2015.03.03
レツゴトランプ〈藤吉〉



関連項目でげす

タグ
爆走兄弟レッツ&ゴー!! 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX
TRFビクトリーズ

人物
御坊茶魔:中と外も一致。コロコロアニキのラジオCMに出演し、藤吉との中の人つながりネタを見せている。

両津勘吉:誕生日血液型、ゴリラのような風貌、兄属性巨漢に成長したなどの部分が共通しているキャラクター。

剛田猛男:ゴリラのような風貌、誕生日がゾロ目、妹がいる、小柄でスレンダーなヒロインに恋をしているなどの部分が共通しているキャラクター。但しこちらはヒロインと結ばれている。

猿飛佐助(アニメ版学園BASARA):イメージ動物性格が共通するキャラクター。熱血漢大黒柱に振り回されている苦労人意中の相手に気があるものの、当の彼女は別の相手に好意を向けている為、報われていないなどの部分も共通している。なお、大黒柱の中の人藤吉の父と同じ。

pixivに投稿された作品 pixivで「三国藤吉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80846

コメント