ピクシブ百科事典

暴走ミニ四駆大追跡!

ぼうそうみによんくだいついせき

「暴走ミニ四駆大追跡!」とは、劇場用作品『爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP』の副題である。
目次[非表示]

概要

1997年7月に公開された、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の劇場版作品。同時上映として実際のミニ四駆の改造テクを紹介する「ミニ四ファイター超速プロジェクト スイッチオン」が公開された。また、劇場公開当時、レッツ&ゴー仕様になったプリクラが設置された。

作品の時間軸はシリーズ通算での大体77話~84話の間あたり。

読み切りとして漫画版もあるが、ストーリーはほぼ同じであるものの、話の流れは少々異なっている。こちらはMAXの単行本7巻に収録されている。

ストーリー

時はWGPの最中、【ロイヤルフェスティバルカップ】が行われている時に一台のマシンが現れる。そのマシンの影響でTRFビクトリーズを除くマシンが次々とクラッシュしていく。

ガンブラスターと名付けられたソレを追いかける少年リオンは、ガンブラスターを追いかける過程でレースを困惑させてしまった。

未登録マシンに先にゴールに入られたため、怒った豪はアイゼンヴォルフとの決勝戦そっちのけでリオンとそのマシンを追いかけた(続くようにリョウ、藤吉、J、烈も彼を追いかけることに……)

途中、軍隊まで登場し、妨害に遭うが(向こう側はGPチップをマシンごと破壊するために雇われたが、あくまで任務遂行のため)、少年達は暴走ミニ四駆をなんとしても止めるために奮闘する……


登場人物


リオン・クスコ
CV:今井由香
本作の主役。
ガンブラスターの所有者で、暴走してしまった相棒を助ける為に奮戦する。
この劇中の他、SFC用作品「POWER WGP2」ではリオンを含めたXTOリボルバーズのメンバーが登場。 また、彼らが使用するガンブラスターも登場した。 リオンは後のゲーム作品に何度か出演。

星馬烈
CV:渕崎ゆり子
ビクトリーズのリーダー。
ガンブラスター救出作戦のリーダーも担当する。

星馬豪
CV:池澤春菜
ビクトリーズのメンバー。
今作では、離れ業を披露してくれる。

鷹羽リョウ
CV:高乃麗
ビクトリーズのメンバー。
今作では、多彩なアクションを見せてくれる。

J
CV:渡辺久美子
ビクトリーズのメンバー。
普段は見られない爆発力を披露する。

三国藤吉
CV:神代知衣
ビクトリーズのメンバー。
コミカルとシリアスのどちらも担当する。

鷹羽二郎丸
CV:大谷育江
ビクトリーズのメンバー。
今作では、ローラーブレードを装備してガンブラスターを追跡する。


土屋博士
CV:江原正士
ビクトリーズの監督。
今回は役目が、やや不遇。リオンとは知り合い。

岡田鉄心
CV:椎橋重
WGP名誉会長で土屋博士の師匠。リオンとは知り合い。
コミカルなシーンもあるが、子供達の気持ちを優先させている。

佐上保
CV:宇垣秀成
模型屋のおっちゃんことジュンの父。
今回は愛車と共に大活躍。

佐上ジュン
CV:西村ちなみ
ヒロイン。
チームメンバーを支えてくれる。ピッチングの腕前を利用して、烈にダイナミックなお弁当渡しをする。

ミニ四ファイター
CV:森久保祥太郎
レースの実況者。最初のレースとEDに登場。

ちなみに本物のミニ四ファイターもスタッフ役で声の出演をしている。


ザビー・クスコ
CV:郷里大輔
リオンの父親。今回の騒動の元凶を作ってしまった。
土屋博士や岡田鉄心とは知り合い。原作では彼も鉄心の弟子。

ジャコブ
CV:玄田哲章
ガンブラスターを破壊するために雇われた軍隊・SPF(スクランブルペンタゴン・フォース)のリーダー。

テドゥルート
CV:関俊彦
SPFのメンバー。大人気ない性格。ビクトリーズのおかげで散々な目に遭う。

ゼフィ
CV:矢島晶子
SPFのメンバー。紅一点。

※今作でテドゥルート役を演じた関俊彦氏とジャコブ役を演じた玄田哲章氏は第1次ミニ四駆ブームのアニメ『ダッシュ!四駆郎』にも出演している(玄田哲章戸田弾九郎関俊彦南進駆郎) 。更に岡田鉄心を演じている椎橋重氏は「富士山(ふじやま)」というキャラを、土屋博士を演じている江原正士氏は「アイルトン・ウルセーナ」というキャラを演じていた。
また、前述の通り、本物のミニ四ファイターの他、メカニックマンも声の出演をしていた。


登場マシン

ガンブラスターXTO
今作の主役マシン。
リオンの父「ザビー」が生み出した次世代型GPチップを搭載したことで暴走してしまう。
ただ暴走するだけではなく、何かを求めているようにリオン達と訓練をした日々を思い出す。手に入れたものとは……?
当時販売された前売り券には、ガンブラスターXTOのボディが付属したものが販売された。また、公開当時にはガンブラスターXTOのキットが先行販売された。劇場公開の翌年には、実車化を果たしてもいる。

ハリケーンソニック
烈の相棒。
【コーナーの貴公子】は、今回も華麗な動きを見せる

サイクロンマグナム
豪の相棒。
【唸る弾丸】は、今回もマグナムトルネードをお披露目する。

ネオトライダガーZMC
リョウの相棒。
【轟く爆音】は、今回は多くのレーサーに力添えする。 実質、もう一つの主役マシン。

プロトセイバーEVO
Jの相棒。
【進化を続けるセイバー】は、何度も対象を助ける。

スピンコブラ
藤吉の相棒。
【コーナーの軽業師】は、今回もコミカル&シリアスに動き回る。

バックブレーダー
ジャミンRG
BSゼブラ
シャイニングスコーピオン
空龍(クーロン)

ロイヤルフェスティバルカップに参加していた別チームのマシン達。しかし、ガンブラスターの影響
でクラッシュしてしまう。 中には粉々になってしまった不遇のマシンもいる。


ベルクカイザー
EDのみ登場。 カラーリングが少し変更されている。


エントリーチーム





  • アイゼンヴォルフ】:ドイツのミニ四駆レースチーム。強豪チームの一つで、本作ではロイヤルフェスティバルカップ決勝戦の相手だったが、最初に僅かに登場した後は終盤まで出番がない。

  • TRFビクトリーズ】:日本のミニ四駆レースチーム。 本作では、暴走ミニ四駆事件を解決するための活躍がメインとなる。

製品

VHSで販売され、2008年に完全受注生産でDVDが販売。 オーディオコメンタリーが収録されている他 特典としてOST、劇場上映フィルムコマ、特製のブックレットが付属している。

オーディオコメンタリーには、星馬豪役の池澤春菜氏、星馬烈役の渕崎ゆり子氏、ミニ四ファイター役の森久保祥太郎氏が出演している。

現在ではブルーレイ版も登場している。オーディオコメンタリーは新規収録された。


関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP

ポケモンの没プロット - 仮の映画第3作目はこの映画が間接的な理由で没となっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「暴走ミニ四駆大追跡!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 280

コメント