ピクシブ百科事典

勝者の条件

しょうしゃのじょうけん

勝者の条件とは TVアニメ「爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP」の副題である。
目次[非表示]

概要


物語の【第100話】。 WGPのファイナルステージ2日目『山越えテクニカルコース』が舞台で、エントリーチームはドイツのアイゼンヴォルフ、日本のTRFビクトリーズ、イタリアのロッソストラーダ、アメリカのNAアストロレンジャーズ

ロッソストラーダを除いた各チームが連携プレーで勝利を手にするために挑む。(ロッソストラーダはカルロの単独エントリーだった)

急な下りの連続コーナーにてアイゼンヴォルフとアストロレンジャーズが減速するなか、カルロは減速せず、フルスピードのまま突入。RS機能を駆使し、トップに追いつく。しかし、ビクトリーズもフォーメーション走法によるノンブレーキで追いついてきた。
カルロのディオスパーダはアストロレンジャーズを抜こうとするも後輪がバーストしていまい、最下位に転落する。

アストロレンジャーズを抜こうとするビクトリーズ。しかし、前の話にも登場したギャラリーの少年が誤って自分のミニ四駆をコースに落としてしまう。イライラしていたハマーDは踏みつぶそうしたが、藤吉がなんとか拾い上げた。Jは藤吉に言われて先に行き、藤吉は少年にマシンを返した。しかし、無理をしたため足を痛めてしまう。藤吉はなんとかピットに辿り着いたが・・・

藤吉は足を捻挫してしまっていた。さらに昨日(前回・99話)、足を火傷しており、土屋博士に走らない方が良いと言われる。先ほどの行為で下手したら失格しかねないことに仲間達は注意するが藤吉は
『レースよりも大切なものがあるでゲス、レースで勝つことよりも大切なことが!』
『わてらには誰にも負けないミニ四レーサー魂があるでゲス!だからまだ走らせてほしいでゲス!』
と発言し、それを聞いたビクトリーズの仲間達は博士に藤吉を走らせてほしいとお願いし、テーピングで応急処置をして再び走れるように。

その藤吉の姿と言葉がメンテナンス中だったカルロに一つの変化をもたらす・・・



レース中盤


雨が降り、コースコンディションが変わる。だが、ビクトリーズは悪条件の中で真価を発揮。
アストロレンジャーズを退き、トップのアイゼンヴォルフに迫る。しかし、スピンバイパーとプロトセイバーEVOのトップスピードが限界にきてしまい、Jと藤吉は烈に託し、バスターソニックが単独で行くことになった。
アドルフとヘスラーは烈を止めようとするも失敗。ミハエルと烈のトップ争いが始まった。
その最中
「マシンと戦ってきた」 「マシンなんか信じていない。僕の敵だから」 「僕が勝ち続けていられるのはマシンに勝ち続けてきたから」
と言うミハエルの言葉に烈が激怒した。自分のマシン、ソニックは自分と共に成長してきた、「相棒」なのだから。
マシンは敵なんかじゃない!ソニックは友だち」 「そんなことをいう君に負けるわけにはいかない!」 「僕はお前(ソニック)を信じてる!ソニックならきっと勝てる!」
と、ソニックはそれに応えるにようにベルクカイザーを抜き、トップへ・・・


レース終盤


『くそぉ・・・雨なんか降りやがって!!』

一方、カルロはピットが終わり遅れを取り戻すべく追跡する中、彼の幼年時代の忌まわしき記憶が蘇る。 

それを断ち切ってくれたディオスパーダに目をやると、ファイターの実況が・・・『トップ争いはアイゼンヴォルフのミハエル君とTRFビクトリーズの烈君に絞られたようだ!』

これがカルロの闘争心に火を点ける。 『忌まわしきあの日々に戻るわけにはいかない、俺はこの大会に勝利し【最高の名誉】と【優勝賞金】を手にしてみせる!』

『行くぞ、ディオスパーダ!!!』

カルロは雨降る中、相棒と共にコースを駆け抜けるのであった
























































































【これより先、話しの結末に触れる内容が含まれているため 閲覧には注意されたし】



















































かなりの距離が開いた状態から徐々に追い上げるカルロとディオスパーダは、アストロレンジャーズのミラーとハマーDのバックブレーダーを退ける。

あいつらには、負けられねぇ・・・負けられねぇんだ!! 』

カルロ達の猛攻は停まらない、ライバルであるTRFビクトリーズのスピンバイパーとプロトセイバーEVOを追い抜いていく。 ディオスパーダが今までにないスピードで追い越して行った様にJと藤吉は呆気にとられてしまう。


『先頭はまだか、先頭が・・・まだ見えねぇ!!!』


最下位から各チームのマシンを抜かし、順位を上げていくディオスパーダの姿は、まさに【紅き閃光】。


一方、ミハエルと烈のトップ争いは最終コーナーを曲がり、クライマックスへ。
ベルクカイザーがトップに立つがソニックはラストスパートをかける。抜かせまいとするミハエルは『抜かせるな、ベルクカイザー!!』・・・だが、ベルクカイザーが加速できず徐々に速度が落ちて行く 栄光を手にするためにミハイルは相棒に『行くんだ、ベルクカイザー!僕に恥をかかせる気か!?』と怒るも再加速できず、二位に転落 一位は烈のものになる・・・・かにみえたが・・・




『来たぁぁぁぁぁっ!!! 【紅の閃光】ディオスパーダが・・・ここで来たぁぁぁっ!!!!』


『行けぇぇっっ!! ディオスパーダァァァァッ!!!』


トップに追いついたカルロ、彼の覇気に呼応したディオスパーダが最後の追い込みをみせる

怒涛の勢いでベルクカイザーを退き、バスターソニックに迫る。


勝利を手にするために、ジュリオがカルロに通信を入れる。 『アディオダンツァを使って、ソニックとベルクカイザーを始末せよ』『この雨ならスリップして事故ってだけで済むから』と しかし、カルロはこれを強く拒否。

一瞬の迷いが相棒の加速を妨げてしまい、勝利は烈が手にするかと思いきや


『まだだぁぁぁっ!!!! 抜けぇぇぇ、ディオスパーダァァァァッ!!!!』


ディオスパーダは彼の想いに応えるべく最後の力を振り絞って加速、バスターソニックを退け 栄光の一位を獲得した。

ラフプレーを封印し、初めてフェアプレーによる真の勝利を掴んだカルロの喜びの雄叫びが

雨降るレース会場の中に響き渡ったのであった・・・。


2位に終わった烈だが、ミハエルに勝利。スタート時は最下位で5分近いハンデがあったのにも関わらず、総合2位という大躍進を遂げていた。
烈は「これも藤吉君がJ君の頑張りがあったから」・・・

反して、初敗北3位のミハエルは呆然としていた・・・

余談

・この回はファンの間でも非常にに人気が高く「神回」と言われており、この回の影響もあってか、DVDの公式人気キャラアンケートにて第3位にカルロがランクインしている。
・ミハエルの無敗神話が崩れた。
・この回でも「落ち着けハマーD!」が聞ける。
・藤吉がマシンを拾い上げたシーン。かつて(無印第7話)、藤吉がコース上に落ちたマシンを邪魔だと踏みつぶそうとし、それを烈が拾い上げたシーンと似ている。無印から彼も成長したことがわかるシーンでもある。
・ファイターが興奮のあまりヘリから飛び出してしまった。(が、大きな怪我を負うこともなく木に助けられた
・ファイナルステージはスタッフが実際にロケハンしており、前回とこの回・2日目のステージは箱根ターンパイク~強羅まで。

関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 星馬烈 三国藤吉 ミハエル・フリードリヒ・フォン・ヴァイツゼッカー カルロ・セレーニ バスターソニック ベルクカイザー ディオスパーダ 落ち着けハマーD! 神回

pixivに投稿された作品 pixivで「勝者の条件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52

コメント