ピクシブ百科事典

ミニ四ファイター

みによんふぁいたー

田宮模型の「ミニ四駆」のプロモーションや関連イベントのパーソナリティを務めていた人物。 当記事では漫画『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』に登場する彼を基にした同名のキャラクターについても解説していく。
目次[非表示]

概要

タミヤ田宮模型)のヒット商品であるミニ四駆のプロモーションや関連イベントのパーソナリティを務めていた人物。『タミヤRCカーグランプリ』ではラジコンマンやメカニックマンという人物とともに番組に登場し、新製品やミニ四駆の楽しみ方などを紹介していた。

1988年代から1995年まで活躍していた初代ミニ四ファイターと、その後を継いで2007年まで活躍した2代目ミニ四ファイターがおり、両者ともにタミヤの社員であった。『月刊コロコロコミック』では『GO!GO!ミニ四ファイター』や『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』などのミニ四駆関連の漫画にもたびたび登場している。

実在の人物

初代

ミニ四ファイター


"MINI 4WD FIGHTER"の文字が入った白いバンダナと白のレーシングスーツ(その上に青の肩パットを付けることもあった)を身に着け、「ミニ四駆を90秒で組み立てる」をウリにしていた。

横山智佐のデビューシングル『DASH!!-レーサーミニ四駆のテーマ-』のカップリング曲『ミニ四ファイター組立てうた』で歌手デビューしたが、あくまで台詞のみであり、歌は歌っていない。

1995年のジャパンカップで引退。

2代目

Rainbow of Mini Yon Fighter


1995年のオータムレースからデビュー。初代ミニ四ファイターから譲り受けたバンダナと赤のジャケットと肩パットを着用。初代と同じく歌手デビューしたり、ミニ四駆とともに富士山を登ったりと精力的にプロモーション活動をこなしていた。2007年に引退した後はダンガンガッツ(現:MCガッツ)にプロモーションを引き継いだ。『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』では彼を基にしたキャラクター(下記)が登場を果たしている。

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のミニ四ファイター

ミニ四ファイター


CV森久保祥太郎
本名は杉山闘士(すぎやまたけし)。ミニ四駆レースで実況兼司会を務める男性。熱い性格で、少々子供っぽいところもある。趣味はパソコン通信や通信販売、クラシック鑑賞(中でもドビュッシーが好きらしい)。
実況時に少々つまらないギャグを言ったりして会場の盛り下げてしまったりもするが、飛び抜けた走りや技を披露し活躍したマシンに異名をつけて会場を盛り上げる。(例『【コーナーの軽業師】スピンアックスが前に出たぁ!』 『【轟く爆風】、トライダガーXがトップに返り咲いたぁっ!!』など)
小学生時代に春夏秋冬のシーズンレースを4つ全て制した実績を持つが、その決勝戦とも言えるSGJCでは優勝できなかった。

土屋博士の研究室に出入りし開発の手伝いもしている。

星馬豪柳たまみ先生にマグナムセイバーを取り上げられた際、その理由が国語の授業中にマグナムをいじっていたことによるものだと知るや豪を叱るなど大人としての節度はある。
のだが、たまみ先生の発言を耳にした瞬間
『ミニ四駆は、【ただ走らせるだけの玩具】ではありません! マシンのポテンシャルを最高まで引き上げるための改造をし、実際の車と同じような感覚で過激なレーシングマシンを造ることは 趣味やホビーを超えた【美しくも厳しい勝負の世界】なんです!』

『ミニ四駆の歴史も もう十数年を数え、今の子供達や大人達のハートもガッチリとゲットしている 素晴らしいものなのです!』と説くと、彼女をミニ四レーサーの世界に飛び込ませた。
たまみ先生には好意を寄せている。
また、豪の兄である星馬烈のクラスの担任であり、たまみ先生の同僚である国立ケンジ先生とは幼い頃からの腐れ縁。

【風輪小学校バトルサーキット~マグナムセイバー争奪戦~】では実施前に夜なべして学校中にコースを製作した。 その規模は大きく正門からスタートし⇒昇降口⇒階段を昇り⇒男子トイレ⇒プールサイド⇒ゴールは体育館という学校一周コースで製作した。 (レースの途中で、烈が『男子トイレ内(あんなところ)にコースは作らないよなぁ;;』と感想を言われ レース終了後、たまみ先生から『いくらなんでも、ここまでコースを張り巡らせる必要ないでしょ? 少し、調子に乗り過ぎよ ファイターさん』と少々お叱りを受けた。

WGP編では、髪形を変えて世界グランプリの実況を担当するという大役を果たす。モデルとなった前述の2代目ミニ四ファイターは現実の公式レースでも実況を担当していた。

MAX編でも2話で登場し、第2回WGPでも実況の為にアメリカへ行ってしまったが、英語が喋れないのですぐに日本へ帰国し、正体を隠す為に「覆面ファイター」として活動した。しかし、堂本サユリ以外はすぐに正体を見抜いていた。反対に堂本サユリは正体を知らずに「偽ファイター」呼びしており、終盤になってようやく正体を知った。
ただし、スタッフ曰く「よく日本に戻ってた」ようで、英語が喋れなくて帰国ではないようであった。そして青春ドラマCD第2弾にて「ファイターは第2回WGPの時、時々いなくなっていたがレースが始まる頃にはいた」ということが判明。


所有しているマシンはアニメではシャイニングスコーピオンで、少年時代に岡田鉄心から貰ったもの。原作ではビクトリーマグナムをカスタマイズした、ファイターマグナムVFX

年齢は明かされていないが、シーズンレース連覇が小6の頃でその10年後がレッツ&ゴー(無印)の世界なので単純計算すると21歳か22歳。

原作では、登場回数は比較的少な目。髪型もシーズンレースの度に衣装を変えて登場するというパフォーマーとしての才をみせている。(星馬兄弟にセイバーを渡すのも彼が担当した。)
しかし、容姿も度々変わっているため、同一人物かは不明。Return Racers!!中学生編ではファイターではなくMCガッツになっている。

佐上模型店の裏庭コースの手入れを行っていて、佐上一家と面識が深くコースの手入れをした後は、奥さんからご飯を御馳走になっている。



演者について


演じる森久保祥太郎氏のデビューキャラ。 スタッフは当時、ミニ四ファイターのキャラを把握しておらず、「ファイターが喋るキャラだと分かってたらこの配役にしなかった」と後に語られる。

後年のアニメ『えんどろ〜!』においては大食い大会のファイ・ファイで司会者として、声もそのままに彼のそっくりさんが登場した(なお流石にマイクは世界観的に難だったからか、木製のメガホンを使っている)。
また、『レッツ&ゴー!!』シリーズが終了した後にアニメ化された『爆球連発!!スーパービーダマン』でも、マスター攻略王として、司会を勤めている。

関連タグ

田宮模型 ミニ四駆
土屋博士 柳たまみ 爆走兄弟レッツ&ゴー!!

ファイターミニヨン三菱ふそう(後に分社化して三菱ふそうトラック・バス社)から発売された中型車のトラックたが、名前が似てるだけで全く関係はない。
またファイターミニヨンは初代ミニ四ファイター登場に先駆けた86年に初代モデルが登場しているのと、ミニヨンのスペルが「MIGNON」(「優雅な」という意味とファイターのシャーシにキャンターのキャブを載せた「ミニ4トン車」にかけている)である。

関連記事

親記事

ミニ四駆 みによんく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミニ四ファイター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25337

コメント